【WordPress】SSL化しても「保護されていない通信」と表示されるときの対処法

Blog SEO

悩める人「WordPressでブログを運営しています。レンタルサーバーでSSL証明書を発行したのに、ブログURLに『保護されていない通信』と表示されてしまい困っています。どうすればいいですか?」

こういった悩みを解決します。

この記事の内容

  • 【体験談】SSL化しているのに「保護されていない通信」と表示される
  • 原因は、「混在コンテンツ」だった【httpがサイト内に残っている】
  • SSL化しているのに「保護されていない通信」と表示されるときの対処法

こんにちは、
TOMO(@Tomo___san_2525)です。

2020年3月より、Wordpressブログ(当ブログ)にて毎日記事を書いています。
記事数は140記事を越えていますが、まだまだ初心者です。

さて、SSL化したはずなのに、「保護されていない通信」という警告が表示されて困っている人はいませんか?

2日前の、僕です(笑)。

しかし色々と調べた結果、「かんたんなミス」であることが分かりました。

ようやく修正ができたので、この記事にて方法と知識を共有しておきます。

【体験談】SSL化しているのに「保護されていない通信」と表示される

【体験談】SSL化しているのに「保護されていない通信」と表示される
下記のとおり。
SSL化しているのに「保護されていない通信」と表示される

当時の僕

「サイトのURLはhttps://~にしてあるはずなのに、なぜだろう・・・」

上記のように思っていました。

しかし、記事を書くことに夢中でして、、、。

140記事を越えてようやく本腰を入れて修正にとりかかった感じです(笑)。

まずはWordpressの「設定画面」をチェック

WordPressの設定画面でチェック

上記のとおりで、https://~となっています。

SSL証明書が有効かどうか確認する方法

SSL証明書が有効かどうかを確認する方法

ここで見れます。

※スミマセン、画像は修正後に撮影したので、保護されています(笑)。

URL欄の左側の「保護されていない通信」をクリックすればOK。
たしかに、SSL証明書は有効のようです。

つまり、他に原因があるってことです。

【原因判明】画像やリンクのURLが「http://」だった

下記のとおり。
画像のURLがhttpのままだとNGです

『このサイトで目にする画像は、悪意のあるユーザによって差し替えられたものである可能性があります。』

怖いです(笑)。

結論、記事内で使っている画像や、リンクタグなどのURLがhttp://のままだったことが原因でした。

「記事一覧」 → 「テキストエディタ」で確認してみると良いです。
画像とかリンクタグとか、けっこう「http」になっているはずです。
テキストエディタで、URLを確認してみましょう

原因は、「混在コンテンツ」だった

http://~がサイト内に1つでも残っていると、NGです。

Googleでは、「http://が1つでも混在するサイト」に対し、必ず「保護されていない通信」と表示するようになっています。

2018年7月24日のアップデートにより、「全てのhttpページ(=1つでもhttp://が含まれるページ)」について、アドレスバーに「保護されていない通信」という警告文を表示するように変更されています。

つまり、サイト内の全コンテンツのURLをhttps://~にしなくてはならないということです。

ユーザーの安心感のために、かなり厳しい規制ですね。

SSL化しているのに「保護されていない通信」と表示されるときの対処法

SSL照明をを発行していても「保護されていない通信」と表示される時の対処法
ということで、本題となる解決法です。

下記のプラグインで解決です。

  • Really Simple SSL
Really Simple SSLプラグイン

上記をインストールしましょう。

※なお、「SSL証明書」の発行が済んでいることが前提です。
Wordpressを設置しているレンタルサーバーで、無料でSSL証明書を発行してくれます。
お済みでない方は下記からどうぞ。

手順① まずはプラグインをインストール → 有効化します

Really Simple SSLプラグインを有効化する

有効化すると、Wordpress管理画面の「設定」にReally Simple SSLのメニューが追加されます。
こちらをクリックです。
プラグインが追加されます

手順② 「はい、SSLを有効化します」をクリックすれば完了です

下記の画面になります。
「はい、SSLを有効化します」ボタンをクリック

プラグイン1つで治せました【全コンテンツのSSL化です】

もういちど、僕のブログに戻ってアドレスバーを見てみると、、、
SSL化ができ、保護された通信になりました

上記のとおり。
140記事を越えてようやく、「保護された通信」を確保することができました(笑)。

よくある質問:『鍵マークしか出ません!本当に大丈夫?』

大丈夫です。
これも、Googleのアップデートによるものです。

以前は、鍵マークに加えて「保護された通信」と明示されていました。
しかし、2018年9月4日より、鍵マークのみでの表示に変更されています。
これは、「安全なのは当たり前だから、わざわざ文字で表示する必要がない」という理由があるようです。

なので、アドレスバーに鍵マークさえあればOKです。

警告があると、SEOに悪影響です【必ず保護された通信にしよう】

理由は下記のとおり。

  • 「保護されていない」と表示されると、ユーザーが離脱しやすい
  • Googleからの評価が下がる
  • 検索順位が伸びない可能性がある

上記です。

シンプルに、「このサイト、危ないかもよ!」って言われると、怖くなりますよね。
今やWebサイトのほとんどが「保護された通信」を使っており、「保護されていない通信」と表示されるだけでかなりのマイナスです。

ユーザーの安心感やGoogleクローラーへの対応を考えると、常時SSL化は必須です。

現在、まだ「保護されていない通信」を使用している人は、ぜひ改善してみてください。