【保存版】救急隊の病院連絡のコツは3つだけ【ハッキリ言って楽勝】

Firefighter

悩める救急隊員「病院連絡が全然うまくいかない。上手に伝えられなくて、医師や上司に怒られたりするのがツラい。コツや考え方、練習方法などを教えてほしいな。」

こういった悩みにお応えします。

この記事の内容

  • 救急隊の病院連絡で求められること
  • 上手な病院連絡のコツ【ポイントは3つある】
  • 病院連絡はカンタンです【難しく考えず「本質」を見よう】

この記事を書いている僕は、元消防士。
大学で救急救命士の資格を取り、6年ほど働きました。

救急の知識は、もうほとんど忘れました(笑)。
とはいえ、病院連絡に関しては100%、世の中の消防士より僕の方が上手いです。
なぜなら、民間で働くことで「本質」がはっきりと見えているから。

悩んでいる若手は、ぜひこの記事を読んでください。

必ず、病院連絡のコツが分かるはず。
そして、消防特有のしがらみに負けず「正しい病院連絡」ができるようになります。

更新情報(2020年6月27日)

記事を見やすくリライトしました。

1.救急隊の病院連絡で求められること

救急隊の病院連絡で求められること

たったの1つしかなくて、下記です。

電話だけで、傷病者の状態を医師に「イメージ」させる

上記です。

くれぐれも、「カッコよくしゃべること」とか、「上司に認めてもらうこと」とか、、、意味のないことに向かっていくのはやめましょう。

たぶん、『こうやって話さないとダメだよ』と強制してくる上司がいるはず。
しかしぶっちゃけ、やり方なんて何でもOKでして、、、。

「求められていること」ではなく、「スラスラと話せること」ばかりにとらわれている人が多いので注意です。

1-2.救急隊は、医師の「目」となるべき

医師は、僕らよりも頭が良いです。
しかし、病院につくまでは「傷病者のことを見ていない」ですよね。

見ていないと、下記のことは分からないはず。

  • 表情から見て取れる「印象」
  • 身体に出ている「所見」
  • 傷病者の性別・体格・服装などの「特徴」

上記です。

これらを実際に「目」で見ているのは救急隊だけですよね。

発症直後の「貴重な時間」を、その傷病者がどのような様子で過ごしたのかを、医師はものすごく知りたいはずです。

1-3.病院連絡が下手な人の特徴【相手のことを考えられない人です】

つまり、下記です。

  • 相手が「見えていない」ということを、考えられない
  • 相手が「イメージ」しやすいように話そうとしていない

上記のとおり。
スラスラと、「それっぽいこと」を話すのは、「詐欺師」ですからね(笑)。

下手な人ほど、よくしゃべる

例えば、お腹が痛い人の病院連絡をする場合。
へたくそな人は、「相手が逆に困ってしまうような病院連絡」をします。

傷病者は40歳の女性です。
通報1時間前からの右上腹部痛があります。バイタルは、意識生命、呼吸正常、脈拍100回、血圧120/80です。最終食事は12時ころ。アレルギーはありません。

例えば上記です。
一見、「医療用語」もたくさん含んでいるので、上手にできていると思うかもですが、、、。

これは「ゴミ病院連絡」です。
なぜなら、医師がイメージできないから。

『結局、その女性ってどんな様子なの?』

上記が全く伝わりませんよね。

相手がイメージできるかどうかが最重要

下記の方が、100倍マシです。

40代の女性。30分前から、右のお腹の上の方を激しく痛がっています。
痛みはずっと変わらず、苦しそうです。
バイタルは正常なのですが、痛みによりすこしだけ冷や汗もかいています。

上記のとおり。
これなら、『女性が、右上腹部の持続痛により、かなり苦しんでいる。』と医師がイメージできますよね。

こんな感じで、「目的」を果たす病院連絡をすることが大切。
それっぽいことを並べるだけの救急隊員は、卒業するべきですね。

2.上手な病院連絡のコツ【ポイントは3つある】

上手な病院連絡のコツ【ポイントは3つある】

スミマセン、前置きが長くなりましたが、下記のとおり。

  • コツ①|結論→補足の順に伝える
  • コツ②|必要のないことは伝えない
  • コツ③|事実のみを伝える(嘘・予想・思い込みは要らない)

上記は、「最低限守るべきポイント」です。

そして結論ですが、上記を達成すれば病院連絡にかかる時間が短くなります。
口数が減るからです。

2-1.コツ①|結論→補足の順に伝える

超重要です。

結論を最初に言いましょう。
これができないと、伝えたいことが一切伝わらなくなります。

下記に具体例を示します。

ダメな例

「傷病者は60歳男性。今朝起きた時から心臓が少し苦しかったそうです。通報直前に胸痛が激しくなったので救急要請したそうです。現在、下肢にむくみがあります。呼吸音は少し湿性ラ音が聞こえます。意識は清明、呼吸は30回、脈拍は120回、皮膚に冷汗がありまして・・・・・」

上記です。ゴミです。
医師からすると、『おい、心源性ショックかも知れんやん。それを早く言えや。今朝起きた時から~とか、あとでいいわ』ですからね。

良い例

「傷病者は60歳男性。今朝から痛みの漸強する胸痛に加えショック症状のある方です。補足として、下肢浮腫と湿性ラ音があります。バイタルは・・・」

上記です。
1番伝えたいことである、「胸痛があり、なおかつショックで苦しんでいる人」というイメージを、秒速で医師にさせることができます。

1番伝えたいこと(=結論)を最初に言わないと、

  • 何が言いたいのか全く伝わってこない
  • 最悪の場合、重要なことを伝え忘れる
  • ダラダラ喋り過ぎて、時間を浪費する

上記のようなミスにつながるので、注意です。

2-2.コツ②|必要のないことは伝えない

これが、病院連絡がダラダラする原因です。
必要ないことを話しすぎです。

上記で説明した「結論」がぼやけてしまうような情報は、話す必要なしですからね。

具体例として、「腹痛があり、ショック状態」の傷病者の病院連絡を見ていきましょう。

ダメな例

「腹痛の性状は持続する痛みで、部位を聞くと「全体が痛い」と答えます。便は昨日の夕方出たそうです。最終食事は今朝7:00、アレルギーはありません。腹部に膨隆が少しあります。腹膜刺激症状は今のところありません。心臓や頭の痛みもありません。意識は1桁、呼吸は30回、脈拍は120回、血圧100/80、体温は37.8℃、瞳孔は3/3(+)で麻痺はありません。心電図は洞性頻脈で・・・」

例えば上記でして、「手に入れた情報を全て伝えようとしてしまうパターン」です。

良い例

「【結論】主訴は反発持続性の腹痛で、現在ショック症状があります。【補足】所見としては腹部膨隆と発熱を認めます。バイタルは呼吸30回、脈拍120回、血圧100/80です。最終食事は今朝7:00、最終排便は昨夕です。」

上記で十分です。
アレルギーとか、瞳孔とか、意識レベルとかって、別になくてもOK。
傷病者のイメージができれば、それ以上べらべらしゃべる必要は無いわけです。

  • 結論と関係が無いこと
  • 結論と関係がなさそうだと思ったこと

上記は、伝えないことが大切です。

よくある質問:『いや、アレルギーも関係ないとは言い切れないっしょ。必要です』

はい、その通りです。
が、アレルギーの情報が本当に必要かどうかは、「医師が決めること」です。

なので、「聴取」だけしておけばOK。

自分の伝えるべき最低限のことを話し、

医師『アレルギーって何かあるの?』

上記のように聞かれた場合に、『特にないそうです』と答えればOKです。

繰り返しですが、「得た情報」を全て話すのは時間の無駄です。
聞かれたら、答えればOK。
聞かれなかったら、答えなければOKです。

2-3.コツ③|事実のみを伝える【嘘・予想・思い込みは要らない】

意識高い系の救急隊にありがちな「圧倒的なミス」です。

具体例は、下記のとおり。

ダメな例

「傷病者の主訴は腹痛で、痛みは右下腹部。若年女性のため虫垂炎によるものと思われます。既往歴は特にないので、恐らく初発です。今後、虫垂炎の悪化によるショック症状が出現する可能性があります」

上記です。

  • 『~によるものと思われます』
  • 『恐らく~です』
  • 『~の可能性があります』

これらは、使ってはダメです。

医師は、病院連絡の「情報」から「イメージ」したいはず。
しかし、情報ではなく「予想」を聞かされると、イメージしづらいのでイライラですからね。

良い例

「若年女性の初発の右下腹部痛です。容態変化に備え酸素投与しつつ搬送します」

上記です。
事実しか述べていませんね。これなら、医師もイメージしやすいです。

医師は優秀です【あなたが全て教える必要なし】

先ほどの「良い例」だけ伝えれば、医師はほぼ100%、イメージしてくれます。

医師『なるほど。若年女性の右下腹部痛。虫垂炎っぽいな。ショックになる可能性もある。腹膜炎もありえる。エコーと、血液検査の準備をしておこう』

上記です。

おすすめの本


これまで説明してきたことが、大体書いてあるはず。

とはいえ、ぶっちゃけ、不要です(笑)。
が、後輩に指導したり、ウザい先輩にマウントが取りたい場合はポチっておけば勝てます(笑)

どんな症例でも使える病院連絡のテンプレート

I-SBAR-Cテンプレートです。

結論、上記を使えば、これまで説明してきたポイントを自動的に達成できるはず。

  1. Identify(同定)
  2. Situation(状況)
  3. Background(背景)
  4. Assessment(評価)
  5. Request(依頼)
  6. Confirmation(確認)

上記の6つからなるテンプレートです。

病院連絡の練習をする際に、これに沿ってやってみることをおすすめします。
なお、詳しい使い方は、別記事にてまとめてあります。

 

3.難しく考えず「本質」を見よう

難しく考えず「本質」を見よう

消防士の悪い癖は、下記です。

  • カタチにこだわりすぎる
  • 本質ではなく「方法」ばかりにこだわる
  • 上司が認めること = 正しいことだと考える

上記です。

病院連絡のやり方なんて、「本質」さえ忘れなければどんなやり方でもOK。

残念な指導として『こういう伝え方をしろ!』とか『1番最初に〇〇を言え!』とか、『お前、〇〇を伝え忘れたな?それじゃあダメだ』とか、、、。

結論、上記のような指導をする人は、全員「本質」を見失った雑魚です。

3-1.【本質】:最短の口数で搬送許可が貰えれば何でもOKです

繰り返します。

病院連絡の「本質」

  • 運ぶ病院が決まること
  • 出来るだけ早く、決まること

上記ですよね。
ダラダラ喋る必要は無くて、病院サイドに搬送許可が貰えればなんでもOKです。

極論を言えば、あなたが医師と友達で、

救急隊『あ、腹痛の人なんだけどいい?』
医師『おお、いいぜ』←ここまで約3秒

上記でも全然いいですよね。
むしろ、圧倒的に傷病者にとっては「有益」です。

病院で医療をうけられるまでにかかる時間が、何分も短くなるからです。

3-2.【断言】同じやり方を強要する救命士は、全員「無能」です

過去の僕が、上司に言われて1番イラついたエピソードを話しますね。

上司『お前、病院連絡の時に、手短に話しすぎだぞ。1分もかからず電話を切っているじゃないか。それだと、病院サイドに失礼だ。本当に、伝えるべきことを全部伝えているのか?他の救命士と同じように、丁寧に、きっちりと伝えろよ』

上記です。
意味不明ですね。

とはいえ、この記事を読んだあなたなら、楽勝で論破できるはず。

「本質」を見失わず、思考が凝り固まった上司ではなく、傷病者のためになる病院連絡をすればOKです。

3-3.病院連絡なんて飛び込み営業に比べたら100倍カンタンです

最後に。
消防士を辞めた僕から、1番伝えたいことです。

病院連絡で、あれこれ悩み、上司に怒られないように色々な勉強をする人がいますよね。
ただ、ハッキリ言えるのは、下記です。

病院連絡なんて、マジでイージーすぎるから、他のことを勉強したほうが良い

上記です。

出来るだけ早く、医師に「OK」が貰えればいいんですよね。
ならば、勉強するべきは「病院連絡」ではなく「営業」です(笑)

これは決して煽っているわけではなくて、「気楽にいこうよ」というアドバイスです。

病院連絡が上手くできず、上司に怒られてツラいと感じる人は、すこし思考が固まりつつありますよ。

搬送許可がもらえた時点で、上司に怒られる筋合いはゼロですからね。
「上司が認める病院連絡」ではなく、「傷病者にとって意味のある病院連絡」を心がければ、余裕が出てくるはずです。

難しく考える必要は、ないですよ。

ぜひ、この記事の内容を実践してみて下さい。

それでは、記事は以上です。