『人生に飽きた』←抜け出す方法【レールを降りよう/逆にチャンス】

Mind Set

悩める人「人生に飽きた、、、。何も楽しいことが無いし、続かない。別にどん底ってわけでもないけれど、なんか人生に行き詰ってる感じがする。どうしたらいいかアドバイスしてほしいな。」

このような悩みにお応えします。

この記事の内容

  • 人生に飽きたと感じる時とは?【逆にチャンスです】
  • 人生に飽きた人がやるべきこと【レールを少しだけ踏み外す】
  • 人生に飽きるのは、正しい思考です

この記事を書いている僕は、口癖:『人生飽きた』でした。

大学を出て、公務員になって、結婚して、子供ができて、、、。
通常なら、普通に幸せな人生なんだけれど、僕は26歳くらいで人生に飽きました。

なんか、「これ以上、人生に波は来ないかな」みたいな感じで、最終列車のレールに乗り切ったような感覚でした。

意外と、同じように感じている方も多いのではないでしょうか?

ただ、そこから色々と行動した結果、今の僕は運よく「飽きることの無い生き方」に近づくことができました。

この記事で皆さんにお届けするゴール

  • 「人生に飽きた」←チャンスだと分かる
  • 人生に飽きた人が、やるべきことが分かる

結論として、人生に飽きたと感じるなら、それは逆にチャンスかもです。

人生に飽きた人は、今敷かれているレールを降りて、今よりもっといい人生にシフトチェンジできると思います。

僕が実際に行動してきたことを、つらつらと書いてみました。

人生に飽きている人の参考になればいいなと思っています。

人生に飽きたと感じる時とは?【逆にチャンスです】

人生に飽きたと感じる時とは?【逆にチャンスです】
下記のとおり。
思い当たる部分があるかと思います。

  • 理由①|ゴールが見えてしまったとき
  • 理由②|変化を失ったとき
  • 理由③|余裕が出てきたとき

上記です。

順番に、詳しく見ていきましょう。

理由①|ゴールが見えてしまったとき

ゴールが見えると、途端に人生に飽きます。

例えば、同じ会社で3年以上働いている人。
『65歳まで働くと、恐らく役職は課長とか部長。このころになれば給料もそれなり。その後は年金と貯金で暮らせる。』
3年くらい働くと、上記のような「ビジョン」が見えてきたりしますよね。

これはつまり、「人生のゴールがはっきりと見えてしまった状態」です。

そのゴールが、めちゃくちゃ素晴らしい地点にあればOKですが、、、。
今の会社では、ゴールがそれほど美しく見えないかもです。

こんな感じで、「不本意なゴール」が視界に入ると、人生に飽きます。

自分の限界を見たような感じがして、やる気がダウンする感じですね。

理由②|変化を失ったとき

人生に飽きる人の生活は、例えば下記です。

朝起きて、出勤。残業込みで20時ころまで働いて帰宅。帰宅して、テレビを見て、風呂に入って、寝る。
そしてこれを、月曜日から金曜日まで最低5日繰り返す、みたいな。

もちろん、世間的には、これで良いんです。

今の日本人サラリーマンはほとんど上記でしょうし。
僕自身も、そこまで大差ないです。

だけど、正直に言って飽きますよね。

5日間、「そこまで楽しくない仕事」を中心とした、変化のない生活。
休日も、ダラダラして即終了。
そしてまたいつも5日間がスタートって感じだと、余計にそうだと思います。

「ザ・ニッポンのサラリーマン」って、人生に飽きる典型じゃないでしょうか。

人生に飽きると「行動力」が無くなります。
社員が転職してしまわないように、会社側が仕掛けた「洗脳」なのかもしれませんね、、、。

理由③|余裕が出てきたとき

人生は、多少のやりがいとか、困難があってこそ楽しいです。

逆に、超余裕だと、いずれ飽きます。

例として、新卒で入社したときのことを思い出してみましょう。
当時、「人生に飽きた」なんて感情を抱いていましたかね。そんな余裕すらなかったと思います。
仕事を覚えるのに必死で、付いていく上司も決めなきゃいけない、出世コースがどこにあるか探らないといけない、など。

やりがいとか、困難があると、「必死」になりますよね。

そしてこんな感じで「必死」になっているとき、人生に飽きることが無いです。

【結論】人生に飽きるのは、余裕があるからです

ここまでを「直球で」まとめてみます。
下記です。

  • 同じ会社でダラダラ働くと、飽きる
  • ルーティン的に生きる毎日だと、飽きる
  • 日々が余裕だと、飽きる

こんな感じですよね。

同じ会社で、特に努力もせず働いたり、思考停止してルーティン的に出勤するのも、ぶっちゃけ「余裕」ですからね。
しかし、「余裕」は心地いいし、ラクなので、そこで思考が停止してしまいます。

余裕があると、飽きます。
飽きると、生きることそのものがテキトーになります。

そして、人生がテキトーになると、変化がないので余計に飽きます。

このループに陥っている感覚がある人は、抜け出す努力をしたほうが良いです。

『人生、飽きた』→ 新たな挑戦をするチャンスです

人生に飽きた人の今の状況は、下記です。

今の生活にはそれなりに満足していつつ、その生活を維持するためのタスク(仕事や我慢)は楽勝でこなせる状態

イメージ湧きますかね。

なので、人生に飽きを感じるなら、タスクを増やしてみればOKでして、ここが成長のチャンスだったりします。

チャレンジし続けている人は、人生に飽きたことがないはずです。

『人生、飽きた』が口癖の人がやるべきこと【レールを少しだけ踏み外す】

『人生、飽きた』が口癖の人がやるべきこと【レールを少しだけ踏み外す】
僕がおすすめするのは、「レールを無視してみる」こと。
具体的には3つです。

  1. 仕事を変える
  2. 新しいスキルを磨く
  3. お金を稼ぐ

上記のとおり。

結論、人生に飽きたなら、少し努力してみるといいですよ。

飽きたと言いつつ何も行動できない人は、100%人生変わりませんので。

①|仕事を変える

「転職活動をする」とかでもOKです。

または「3年後に転職することを目標に、行動を開始する」でもOKですね。

「その会社で敷かれたレール」を、降りましょう。

会社とか仕事が変わると、「飽きた」なんて言ってられないほど刺激的です。
これは、公務員を辞めた僕が、断言します。

先ほどの、「新卒の頃の必死さ」を思い出してください。
人生に飽きたとか、そんな余裕はなかったはず。

世の中には莫大な数の仕事があります。

人生は一回なのに、「たった1つの会社」だけで終わるのは、少しもったいないです。

今の会社で「飽きた」と感じるなら、乗り換えれば良いと思います。

登録しておくべき転職サイト

※なお、僕と同じように「田舎で生きる人」向けに、転職サイトをまとめてみました。
興味があれば»田舎にも強い転職サイトのおすすめ5選【地方転職は可能です】をどうぞ。

経験者として1つ言えることは、転職は、「情報収集が命」です。

『こんな職種があるのか、よし、ここを目指そう。そのためには、〇〇のスキルを勉強することから始めよう』

こんな感じで、「転職サイトの求人情報」が使えます。

そして上記の思考になれば、そもそも「飽きの無い生活」ができそうですよね。

②|新しいスキルを磨く

今の会社では全然使わないスキルとかだと、余計にいいですね。

人が最も幸福感を得る時は、「新しいことを知ったとき」です。
逆に、いつまでも人生に飽きている人は、スキルを身に付ける習慣を捨て去っている人です。

  • できなかったことが、できるようになる
  • 知らなかったことが、知れる

上記についての楽しさを知ると、人生はマジで刺激的です。

僕は、毎日必ず新しいことを勉強して身に付けるようにしています。

・FP
・プログラミング
・投資
・人体解剖学

この辺が、今ハマっているもの。

ぶっちゃけ、興味があれば何でも良いと思います、

勉強すると、人間としての厚みが増しつつ、刺激的な生活ができるようになります。

分かりやすいのは「資格」を取ることです

ぜひ、興味がある資格にチャレンジしてみてください。

  • »スタディング ← 難関資格に挑戦したい人向け
  • »オンスク.JP ← ウケホーダイで、手広く色々な勉強をしたい人向け
  • »ユーキャン ← メジャーからマイナーまで、どんな資格があるかを全てチェックしたい人向け

上記のとおりです。

このブログでは「資格取得」をめちゃくちゃ推しているんですが、、、。
その理由は『資格勉強から僕の人生が変わった』からです。

2年前の僕は、「パワハラに悩む消防士」でした。
なりたくてなった仕事なのに、毎朝吐き気がするくらい仕事に行きたくなくて、絶望でした。
しかし、「勉強の楽しさ」が、人生を変えるきっかけになったと感じています。

※ここについては、»FP3級を取得するメリットは3つ【人生に不満ならFP取ればOK】を読んでいただければ分かるはずです。

人生に飽きている人は、「勉強」を、1日10分でもするといいです。

その先には、転職とか、収入アップとか、人よりできる「優越感」とか、、、。
得るものがめちゃくちゃあります。

人生に飽きてヒマなら、少しだけ、努力してみたらOKですよ。

③|お金を稼ぐ

「会社の給料でしかお金を稼げない」というレールは、さっさと降りてOKです。

すごく残念ですが、日本は「資本主義」です。
つまり、お金があると、できることが増える仕組み。

人生に飽きた人のほとんどは、「お金もそこまで持っていない人」です。

収入が高い人は、人生に飽きる暇などなく、今日も楽しく生きていますので。

  • 副業
  • 給料の高い会社へ転職
  • 資産運用

このあたりで、一気に人生が刺激的になります。

よくある質問:『うちの会社、副業禁止なんだよね、、、。』

結論、無視でOKじゃないでしょうか。

副業がバレてクビになっても、別の会社に入りなおせば良いだけですよね。
もともと「飽きていた」ので、問題はないはず。

ちなみに僕も、公務員時代から普通に副業してました。
農業の手伝いとか、転売とか、あとはアフィリエイトもやってましたね。
ぶっちゃけ、そこまで稼げていませんでしたが(笑)
バレるより先に、退職しただけです。

副業禁止を言い訳にするくらいなら、副業OKの会社に転職してしまうのも手かと。

「やらない理由」を探していると、人生に飽きますよ。

ここについて詳しくは、下記記事をどうぞ。

人生に飽きた人の、役に立つ記事です。

【結論】人生に飽きたなら、少しだけレールを降りるべきです

【結論】人生に飽きたなら、少しだけレールを降りるべきです
『人生に飽きた、、、。』と言いながらも、全然行動しない人っていますよね。

当時の僕も、完全にその一人。
『公務員とか、マジで辞めたい・・・もう、飽きたし・・・』などと言いつつ、行動ゼロ。
ゾンビのように、よく分からないまま、生きていました。

しかしそれだと、年を取ってから「絶望」するかもです。

今の会社に、「あんな人になりたいな」と思えるカッコいい上司は何人いますかね。
むしろ「あんなおっさんには絶対なりたくねえ」という上司の方が、多いのではないでしょうか。

今のうちに行動しないと、あなたを待つ「未来」も、そのおっさんですよ。

【経験談】「楽しいこと」だけを探してもダメです

ここまで書くと、こんな反論がありそうです。

悩める人『なんだよ、結局「努力しろ」って話じゃねえか』
『俺はもっと人生を楽しく、エンジョイして生きたいんだよ』

こんな感じですよね。

また、人生に飽きた人は、「口癖」があります。

『ねえねえ、何か、楽しいことない?』

上記ですね。

この2人の「共通点」は、「自分の人生なのに、自分ではないところに期待しすぎている」ということです。

  • 楽しいことだけやって、人生をゆるゆると生きていきたい
  • どこからか、楽しいことがやってくるのを待ち続ける

こんな感じですよね。

それだと、結局人生に飽き続けることになるかもです。

「楽しいこと」だけだと、結局飽きる

僕の場合、ゲームとか、趣味とか。
「人生に飽きないために」色々やったけれど、どれも続かなかったですね。

なぜなら、その「楽しいこと」が終わると、「元どおりの人生」に戻ってしまうからです。

例えば、典型的だったのがゴルフ。
その1日は、めちゃくちゃ楽しい。だけど、帰宅すれば同じ「普段の退屈な人生」に戻る。
ゴルフで食っていくならまだしも、趣味として友達と行くだけのゴルフに、人生を変えてくれるほどのパワーはないですよね。

それよりも、自分の人生トータルで良くしていくことが大切です。

そのためには「楽しく努力すること」が1番近道だったりしますので。

お金がたくさんあると、人生に飽きなくなる

さらに1つ。
人生に飽きたなら、「お金を稼ぎまくる」のもアリだと思います。

何か新しいことに挑戦する時に、お金が無くて諦めたことはありますかね。
他には、欲しいものがある時に、お金がないので我慢したこととか。

結論、このような「我慢する」思考が根付くと、人生に飽きます。

悩める人『ああ、いくら会社で仕事を頑張っても、我慢するのが僕の人生か、、、。』

こんな思考で80年生きるのは、マジでツラすぎますよ。

取り返しのつかないミスなんて、別にないです

レールを少しずつ外れた結果、僕は公務員を辞めました。

親、同僚、上司から当時言われた言葉が下記です。

『せっかくの安定を手放すなんてもったいない。お前、絶対後悔するぞ。取り返しのつかない選択をしたな』

上記です。
マジで、毎日のように言われましたね。

しかし結論として今の僕は、公務員として消耗していた当時の100倍は幸福ですよ。

  • 嫌な仕事をしなくて済む
  • 上司の顔色を気にしなくて済む
  • なおかつ、収入は当時の2倍以上
  • そして、毎日飽きることなく生きる

上記ですからね。

人生に飽き飽きしながら敷かれたレールの上を生きるより、レールを外れて人生を主体的に生きるほうが楽しいです。

その結果失敗しても、別に人生は詰みません。
日本は楽勝です。

人生に飽きるのは、正しい思考です【行動のチャンスです】

人生に飽きるのは、正しい思考です【行動のチャンスです】
日本の「慣習」がこちら。

「レールの上をひたすら走り、その途中でテキトーに楽しげなことをしつつ、自分をごまかしながら生きて、そして死んでいく」

上記がかなり強要されています。

①我慢、②我慢、③たまに、エンジョイ

こんな感じですよね。

しかし、これだと誰だって「飽きるのが当たり前」です。

もっとエンジョイを増やさないとダメです。

結論、人生はもっと自分勝手でOK。
人生に飽きたと感じている人は、今の生活に余裕がありつつ、さらに上を目指せる状態なので、明らかにチャンスですよ。

自分を高めて、自分勝手に生きてみましょう。

今回は以上です。