【悲報】FP3級だけでは意味ない理由【それでも、チャレンジすべき】

Money Plan【FP】

悩める人「FP3級って、とってもあんまり意味ないんですか?なら、やめとこうかな・・・。」

このような疑問にお応えします。

この記事の内容

  • FP3級では意味がない理由【3つある】
  • 人生を変えたいなら、FP2級以上が必要です
  • FP3級では意味がないけど、チャレンジすべきです

この記事を書いている僕は、独学でFP2級までを取得。
副業FPとして、お金の相談業務をしつつ副収入を得ています。

また、現在はFP1級の合格に向け、勉強中です。

控えめに言っても僕は「FP資格で人生がイージー化した」と考えています。

下記の記事でも、人生を変えたい人はFP資格を取ることをおすすめしています。
»FP3級を取得するメリットは3つ【人生に不満ならFP取ればOK】
»副業で月1万稼ぐならFPになるのが1番おすすめ【理由は3つある】

とはいえ、本当に人生を変えたいのであれば、、、。
FP3級では正直、意味がないかもです。

僕自身も、はじめはお金に関する知識がゼロだったので、FP3級からチャレンジしました。
とはいえFP3級を取っただけでは、人生はあまり変わりませんでしたね。
人生がイージーになったのは、2級を取ったときです。

ということで、FP3級を取ったら、ぜひFP2級にもチャレンジしていきましょう。

この記事で皆さんにお届けするゴール

  • FP3級だけでは、あまり意味がない理由が分かる
  • FP2級以上を取るメリットが分かる
  • FP資格を人生に役立てる方法が分かる

せっかくチャレンジするなら、FP3級だけではもったいないです。

FP2級、FP1級などとステップアップしていくことをオススメします。

  1. FP資格でキャリアアップしたい人
  2. FP資格で副業をしてみたい人
  3. FP資格でお金の使い方を改善したい人

上記のような方に向けて記事を書きました。

ぜひ3分ほどお付き合いくださいませ。

FP3級では意味がない理由【3つある】

FP3級では意味がない理由【3つある】
先にまとめると、理由は下記のとおり。

  • 理由①|価値が低いから
  • 理由②|実務に活かせないから
  • 理由③|2級以上のFPも増えているから

ざっとこんなところ。

FP3級は、かなり人気資格です。

しかしその結果として「希少価値」が下がっているのが現状です。

理由①|FP3級は価値が低いから

価値が低いと、資格を取ることによる効果も低くなります。

例えば、下記のような人もいるかもです。

  • 夢を見る人『FP3級を取ればキャリアアップできる!』
  • 夢を見る人『FP3級を取れば、優秀な人材になれる!』

上記のとおり。

「FP3級を取れば、強い」と安易に考えている人は注意です。

FP3級は中学生でも取れます

結論、FP3級はめちゃくちゃ簡単です。

つまり、今やFP3級は取ろうと思えば誰でも取れる資格だということ。

僕自身も、全くの予備知識なしから1週間ほど勉強したらスルッと合格でした。
»【独学】FP3級合格に必要な時間は「3日」です(勉強法を解説)にて、最短での学習法を解説しています。
誰でも取れる資格 = 価値は下がる

上記が当てはまります。

残念ながら、あまり他人との差別化が図れないですよ。

誰でも取れる資格に価値は付きにくい

FP3級の合格者数は、例年下記のとおり。

FP3級の合格者数
受験日 受験者数 合格者数
2020.1月 22999人 17643人
2019.9月 19747人 14303人
2019.5月 16095人 11364人
2019.1月 21148人 15544人

»日本FP協会HPより抜粋

こんな感じ。
FP3級って、持っている人がめちゃくちゃ多いです。

※日本FP協会の試験だけで、年間3~4万人ペースで増えている計算ですからね。
実際には「きんざい」でFP資格を取得する人もいるので、倍近くになるかと。

ちなみに、FP2級だと合格者数は「半分」くらいまで減りまして、下記のとおり。

FP2級の合格者数
受験日 受験者数 合格者数
2020.1月 17613人 7379人
2019.9月 16023人 6955人
2019.5月 14487人 5894人
2019.1月 16852人 6806人

»日本FP協会HPより抜粋

上記のとおりです。

FP2級になると、合格者は年間で1.5~2万人くらいですね。
ここまでくると「少し、珍しい」と言えるはず。

事実として、金融・保険関係の人だけでなく、一般企業の人も「とりあえずFP3級」みたいな感じで受けまくりです。
大学生とかでも、就活に役立つからと言ってチャレンジする人が増えているようです。

結論、FP3級を持っている人なんてごまんといます。

残念ながら、今からFP3級の取得だけを目指しても、そういう人たちに「追いつくだけ」です。

あなたの人材としての価値は、大して変わりませんよ。

理由②|FP3級では実務に活かせないから

FP資格で収入をアップさせようととしている人も多いですよね。

例えば、下記のような目標を持つ人です。

  • FP3級に合格して、副業FPとしてお金の相談業務をしたい
  • FP3級に合格して、会社での営業成績をアップさせたい
  • FP3級に合格して、お金に関するライティング副業をしてみたい

こんな感じ。

当時の僕も、FP資格で副業をすることを1つの目標にしていた記憶があります。

しかしながら、、、。
結果として、FP3級レベルでは、収入アップはできませんでした。

FP2級を取ってから、副業として意味を持ち始めたって感じです。

FP3級レベルでは、お金を稼げるほどのスキルは無い

ぶっちゃけFP3級って、「ほんのちょっとだけ、お金に詳しい人」レベルです。

合格率の高さからも、そこまで専門性の高い資格じゃないことは想像がつくかと。

正直、FP3級レベルでは、他人からお金をもらって相談業務をするほどのスキルは身に付かないです。

例えば、保険の見直しの相談業務をするには、全ての保険商品のメリット・デメリットを正確に理解したうえで、その人のライフプランを聞きつつ、それに1番見合う保険を紹介する必要があります。

結論、FP3級レベルの知識では厳しい。

結局テキストを読んだり、ググったりしたことを相手に言うだけになります。

これでお金をもらうのは、、、。
正直、詐欺に近いかと(笑)。

FP3級を名刺代わりにはできない

金融機関や保険の営業マンなど、名刺に「FP技能士」と書いたほうが信頼を勝ち取りやすいのは確かです。

ただ、名刺に記載できるのは「FP2級以上」を持っている場合だけです。

これについては明確な決まりはないのですが、、、。
ファイナンシャルプランナーを名乗るなら、FP2級は最低でも持っているのが業界の中では常識です。

大してFP3級は「ファイナンシャルプランナーっぽい人」というレベルの評価がされます。

名刺に資格を書きたいのであれば、FP2級以上が必須です。

理由③|FP2級以上を持つ人が増えているから

FP業界も、人気とともに競争率もどんどんあがっていまして。

言葉を選ばずに言うなら、下記です。

FP3級は、もはや雑魚

上記のとおり。

FP資格を活かして金融業界に転職するときも、FPとして副業をするときも、FP3級だと相手にされないかもですよ。

FP3級には、誰も相談してこない話

僕の体験談を話します。

FP3級を取った僕は、すぐにココナラとランサーズに登録して、「お金の相談乗ります!」「お金に関する記事執筆します!」って感じでアピールして、副収入を得ようとしました。

結果としては、「激安のライティング案件が1件だけ」という感じ。
せっかくFP資格を取ったのに、全然活かせませんでしたね、、、。

もちろん僕の営業力が足りなかったのもあるかもです。
しかしほぼ100%、FP3級しか持ってなかったからです。

その証拠に、FP2級を取ったら仕事が取れるようになりましたので。

例えば、ランサーズの相談案件を見てみると良いです。
募集要項の中に「最低でもFP2級」って書いてあるものが多いことが分かるはずです。

»»ランサーズ会員になって案件を見てみる(無料)

それでも、FP3級をオススメする理由【結論:自分のためだけに使うべき】

それでも、FP3級をオススメする理由【結論:自分のためだけに使うべき】
ここまでをまとめると、下記のとおりです。

  • FP3級は誰でも取れるので、価値が低い
  • FP3級レベルの知識だと、素人に毛が生えた程度
  • FP2級との間には圧倒的な「格差」がある

こんな感じですね。

FP3級だけで収入をアップするのは、かなり難しいです。

しかし、それでも僕は、FP3級にチャレンジすることを、強くおすすめします。

FP3級で「自分のお金の使い方」を改善することはできます

FP3級では、人から対価をもらうほどの仕事はできないかもです。

とはいえ、自分に対して還元することならできるかと。

例えば、下記のとおり。

  • 自分のライフプラン表を作れる
  • 自分のキャッシュフロー表を作れる
  • 資産運用(投資など)を始められる

上記です。
このくらいなら、FP3級の知識を活かして取り組むことができます。

その結果、今よりも100%、お金に余裕のある生活が手に入りますよ。

FP3級を取ったらまずキャッシュフロー表を作ろう

せっかくFP3級を取るなら、FPっぽいことをしてみましょう。

※『キャッシュフロー表って何?』という方は、こちらの記事をどうぞ。

いわば、「人生の設計図」みたいなもの。

自分の資産が、今後どういった形で増減していくのかを理解することができます。

そして、キャッシュフロー表を作ると「節約マインドを身に付ける」ことができます。

【結論】お金持ちになる方法3つ【簡単です/お金持ちと貧乏人の決定的な違い】の記事でも話したとおり、「収入を上げるよりも支出を減らすほうが圧倒的にラク」ですからね。
そして、キャッシュフロー表は節約を計画的に行う上では欠かせないツールです。

これだけで、FP3級を取るために使った費用のもとが取れます。

ぜひぜひ、チャレンジです。

人生を変えたいなら、FP2級以上が必要です

人生を変えたいなら、FP2級以上が必要です
FP3級に合格できた人なら、正しく勉強すれば絶対に2級も1級も合格できます。

FP3級で終わるのは意味ない、というかもったいないので、、、。
そのままFP2級を目指すことをオススメします。

FP2級を取ると起きる変化

僕の体験談です。

FP3級ではほぼ変化なしだったのが、FP2級を取ると結構一気に変わった感じがします。

変化①|仕事が取れるようになる

先ほどお話しした、ココナラやランサーズなどの副業サイトで仕事が取れるようになります

変わったことは、プロフィール欄に「FP2級取得」というステータスが加わっただけです。

例えば、ココナラでキャッシュフロー表作成代行をするとします。
ココナラの出品画面です

『FP2級資格者がキャッシュフロー表作成します!』

上記のとおり書くだけで、買ってくれる人がかなり増えました。

»ココナラでサービス出品をしてみる(無料)

変化②|周りの人よりも明らかに「お金に詳しい人」という存在になれる

つまり、下記ですよね。

希少価値が上がる

上記です。

単純にFP2級になると、持っている人が一気に減るからです。

例えば、僕はド田舎に住んでいまして、FP副業は基本的にネットでの受注がメインです。
とはいえ現在は、オフラインで個人から声がかかることもあります。
口コミで少しずつ広がっていった感じですね。

FP2級を取っていて、なおかつ1級を目指している、というだけで、身近な人からも頼りにされます。
結構、オイシイかと(笑)。

  • FP3級はそこらへんにいる
  • FP2級となると、少しだけレアキャラ
  • さらに1級を取ったら、かなりのレアキャラ

こんなイメージでOKです。

変化③|転職にも活かせる

単純に言うと下記です。

履歴書に書いてプラスになるのはFP2級以上から

上記です。

つまり、FP3級は履歴書に書いても評価の対象にならないということです。
(※あくまでも、僕の「予想」です)

これも理由は「価値が低い」とされているからでして、、、。

  • 中学校卒業済み
  • 部活経験あり
  • FP3級資格アリ

こんなレベルになります。

この辺と同じくらい、FP3級だと「ふ~ん」って感じかもです。

転職を視野に入れるなら、確実にFP2級を目指すのが勝ち筋ですよ。

FP2級も、本気を出せば余裕で1発合格できます

FP3級は、ぶっちゃけ片手間でも行けるレベル。

それがFP2級になると「それなりの勉強量と、やる気が必要」というイメージです。

とはいえ、税理士とか、行政書士などに比べるとまだまだ圧倒的にイージーですからね。

結果は出しやすいと思います。

FP3級では意味がないけど、やってみればOKです

FP3級では意味がないけど、やってみればOKです
僕は、FP3級を取っても人生はあまり変わりませんでしたが、後悔はしてないです。

  • 自分のお金の使い方を見直せた
  • FP勉強が楽しいので、2級へとステップアップできた
  • 遠回りしたけれど、確実に収入がアップした

上記のとおりです。

FP3級であれば、正直そこまで時間をかけずに合格まで持っていけます。

なので、何か新しいことにチャレンジしたいなら、FP3級は手軽にできるのでおすすめですね。

サクッとFP3級を取ってみて、「お金に関することを学ぶ日々」が楽しいと思えるなら、2級や1級へと進めばいいかと。
つまらなければ、そこで辞めたらOKです。

FP3級の攻略記事

「お金の悩み」って、この世からなくなることは絶対にないですよね。

つまり、FP資格は「一生使えるスキル」なので、コスパが抜群だと思います。

この記事のまとめ

  • FP3級だけでは、あまり人生は変わらない
  • しかし、FP3級で「お金の使い方」を変えることは可能
  • FP2級を取ると、さらにFPとしての道が開けてくる
  • 興味があるなら、FP3級は簡単なのでやってみるのが吉

お金に困っているならば、「お金に、詳しくなる」ことが大切です。

ぜひ、今日から勉強をスタートです。

それでは、今回は以上です。