【2020年】FP3級の参考書おすすめ4選【コスパ重視/1冊で完結】

Money Plan【FP】

悩める人「FP3級にチャレンジしたいけど、参考書はどれが良いのかな、、、。たくさんありすぎて迷います。おすすめと、選び方のコツも教えてください」

こういった疑問にお答えします。

この記事の内容

  • FP3級のおすすめ参考書4冊【最新版です】
  • FP3級参考書の正しい選び方【選ぶ際のコツを紹介する】
  • 参考書は1冊でOK【FP3級は余裕です】

この記事を書いている僕は、独学でFP資格を取り、フリーのファイナンシャルプランナーとして活動しています。

ぶっちゃけ、テキストはけっこう買い漁りました。テキトーにポチっては、分かりづらくて買い替えたりとかですね(笑)。
なので、おすすめの参考書については自信をもって紹介できます。

この記事では、僕がオススメするFP3級の参考書を紹介します。

3分後には、納得の1冊に出会えるはず。

さらに、書店で選びたい方向けに「正しい選び方のコツ3つ」もお伝えしますので、参考にしてくださいませ。

更新情報(2020年6月16日)

もともと3冊をおすすめしていましたが、4冊にしました。
また、うち1冊を変更しました。

1. FP3級のおすすめ参考書4冊【最新版です】

FP3級のおすすめ参考書4冊【最新版です】

下記がオススメです。

  • みんなが欲しかった!FPの教科書
  • これであなたも一発合格!FP3級参考書
  • 家計の総合相談センター FP最速合格ブック
  • ベストライセンスFPプロジェクトの教科書←追加しました

上記なら間違いないです。

毎年の法改正により新刊が出ますが、今紹介している参考書は全て’20年5月までの試験に対応しています。’21年度版が出たらまたそちらを紹介します。

更新情報(2020年6月16日)

具体的なポイントは後述しますが、「無駄がない」ところに重点を置いています。

1-1.みんなが欲しかった!FPの教科書

オススメできる点は下記のとおり。

  • 売上No.1の実績
  • フルカラーで読みやすい
  • スマホ学習にも対応している

上記でして、誰にでも使いやすいテキストだと思います。

特に、この1冊を買うだけで、「本」と「スマホ」の両方で勉強することが可能な点が強いですね。

例えば、満員電車での通勤中、本を広げにくい場面でも、スマホ1つでサクッと読めます。
トイレの時、寝る前などにも読めるので、手軽さが欲しい人には特におすすめです。

»購入ページはこちらから(Amazon)

1-2.これであなたも一発合格!FP3級参考書

オススメできる点は下記です。

  • 「株式会社きんざい」から出版されている
  • フルカラー
  • 日本金融財政事情研究会の試験内容に基づき作成

上記です。

結論、日本金融財政事情研究会(きんざい)で試験を受けたいなら、この本1冊でOKです。

大学でいう「赤本」でして、きんざいの出題傾向や、過去問で頻出の部分、あとは「たまに出る」部分まで、全てがまとまっています。

もちろん、「日本FP協会」で受験する方も、十分使える内容だと思います。

»購入ページはこちらから(Amazon)

1-3.家計の総合相談センター FP最速合格ブック

この本は、実際に僕も愛用しているテキストです。

ポイントは下記です。

  • 見出し・図・表が分かりやすい
  • 学科で出る部分、実技で出る部分が一目でわかる

上記です。

特に、僕のように「ノート勉強」をしたい人にはこの本が1番だと思います。

  • 見出し
  • テキスト部分
  • 重要な部分
  • 補足の部分

上記の感じできれいに分かれており、使いやすいです。

ノートの取り方については、»【決定版】FP3級の勉強方法【予備知識ゼロでもOK/100%合格です】の記事をどうぞ。

»購入ページはこちら(Amazon)

1-4.ベストライセンスFPプロジェクトの教科書←NEW!

2020年に新しく発行されたテキストです。

これは、その名のとおり「新しい」テキストでして、下記のとおり。

  • 有名なFPが自ら監修
  • イラストがめっちゃ多い
  • 「語呂合わせ」で覚えられる

上記です。

この本の執筆には1級FP技能士の「おーちゃん(@ochan1classfp)」さんが携わっており、僕も何度かTwitterで絡ませてもらってます。

結論、「語呂合わせ」で覚えられる点が最強です。

これまでの勉強法とは違い、楽しく覚えられるはず。
こちらを購入する際には、合わせておーちゃんTVの「FP講座」(youtube)も使うと、より一層楽しく学習できるはずです。

»購入ページはこちらから(Amazon)

2.FP3級参考書の正しい選び方【選ぶ際のコツを紹介する】

FP3級参考書の正しい選び方【コツを紹介する】

1冊で完結するためには、下記の3つを重視するべきです。

  • カラーバリエーションが豊富
  • 余白がそれなりに合って読みやすい
  • テキスト部分がメイン(問題集の部分が少ないこと)

上記でして、書店でパラパラとめくれば、違いが分かるかと。

それぞれについて、少しだけ深掘りしますね。

2-1.ポイント①|カラーバリエーションが豊富

「読みやすさ」は、勉強においてかなり重要だからですね。

いっぽう、白黒ベースに、重要ポイントだけ赤文字で書かれているテキストだと、きついです。

例えば、下記のような教科書。
スミマセン、画像用意中です

もちろん、このテキストを否定するわけではないですが、、、少し読みづらいですよね。

テキストの読みやすさに関しては、

  • 色合いが豊富
  • パッと見「スラスラ読めそうな感じ」がする

このあたりが非常に重要でして、読むだけで疲れるテキストだと勉強は続かないです。

最低でも「6つの色分け」があることです

下記のとおり。

  1. ライフプランニング
  2. リスク管理
  3. 金融資産運用
  4. タックスプランニング
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継

上記6つは、「FP試験に共通の大項目」です。

最低でも、項目ごとに6色の色分けがされているテキストが使いやすいです。

例えばですが、「厚生年金の受給資格」についての問題でつまずいたとします。
この時は「ライフプランニング」のところをめくる必要があるのですが、、、色分けが無いと、手こずります。
スミマセン、画像用意中です

上記のような感じで、「青色 = ライフプランニングの部分」と分かれば、テキストとしての使いやすさはOKです。

2-2.余白がそれなりにあること

余白があれば、テキストに「書き込む」ことができるからです。
FP勉強では、メモ書きがかなり大切ですよ。

はじめのうちは、聞きなれない単語や、意味不明な文章がけっこう出てくるので、、、

その都度ググりつつ、次に読んだときのために「メモ書き」に残しておくことが重要です。

例えばですが、「こども保険」という単語は「学資保険」と同義です。
とはいえ、僕は知らなかったので『はあ?』となりましたね(笑)
参考書の余白に「=(学資保険)のこと」とメモすればOKです。

参照すべきページを書き込むべし

FPの参考書では、「一度説明したことはその後のページで触れない」という特徴があります。

例えば、テキストを読み進めていくと「あ、この単語の意味ってなんだっけ・・・」となりがち。そのたびに、前のページに戻るのは面倒なので、一度調べたら参照すべきページをメモ書きしていくと便利です。

上記のように、余白のあるテキストなら「後から使えるメモ」が残せるので、選ぶ際には重要視すべきですね。

2-3.テキスト部分のボリュームが多いこと【問題部分は不要】

問題については、ネット上でいくらでも過去問を解けるからです。

例えば、「FP3級ドットコム」など。無料で全試験の過去問を解けます。解説もあるので◎。
ここで問題を解けばOKですよ。

詳しくは【決定版】FP3級の勉強方法【予備知識ゼロでもOK/100%合格です】の記事にて解説しています。

なお、よくあるテキストが下記です。

テキスト+問題集

上記を1冊にまとめたもの。

たしかに「お得感」がありますが、、、ぶっちゃけ意味なしです。

問題が付録になっている文、肝心の「テキスト」部分が薄くなりがちだからです。

当たり前の話ですが、同じ厚さの参考書があって、1つは「テキスト」もう1つは「テキスト+問題集」だったら、断然テキストのみのほうが内容が濃いです。

※とはいえここは「好み」ですね。
例えば「おーちゃん(@ochan1classfp)」の参考書は「テキスト+問題集」ですが、語呂合わせという「特別なコンテンツ」があるので、内容は濃いものだと思います。

内容が「薄い」テキストも存在します

※あくまで僕個人の感想です。

例えば、ユーキャンの出しているFP参考書。

ぶっちゃけ、薄いです。

過去問でつまづいても、この本だとどこにも書いてないってことがあります。
ユーキャンは、「FPの専門」ではなく、資格全般の専門なので、、、仕方なしですね。

超初心者の人なら、読み切るのが早いという点では価値があるのかもです。

3.参考書は1冊でOK【FP3級は余裕です】

参考書は1冊でOK【FP3級は余裕です】

正しい参考書選びさえすれば、FP3級はとりわけ難しい試験ではないです。

2級、1級とステップアップしていくにつれて、内容がどんどん深くなっていく感じですね。

FP3級の合格に200時間ほど必要、と解説する記事もありますが、、、。
ぶっちゃけ、「合格」するだけなら、3日あればいけますよ。

詳しくは【独学】FP3級合格に必要な時間は「3日」です(勉強法を解説)の記事にて解説しています。

FP3級は「入門編」です

最後に1つ。

下記を覚えておくと良いです。

  • ファイナンシャルプランナーは「無資格」でも名乗れる
  • 名刺に記載できるのは「FP2級」から
  • FP3級だけでは、あまり価値が無い

上記です。

FP3級はごくごく「入門編」でして、3級を取ったからと言って何か変わるわけではないです。

とはいえ、未経験からFPにチャレンジする際、3級を持っていないと2級を受験できないので、仕方なく3級を取る、という人も多いですね。

どうせFP2級になれば「もっと深く勉強する」ことになるので、3級についてはサクッといきましょう。

全体像をつかみつつ、過去問をやりまくればOKです。
テキストについても、「1冊だけ」で大丈夫ですよ。

最後に、おすすめの参考書をもう一度掲載し、この記事は終わります。

スマホでも学習したい人向け

「きんざい」で受験する人向け

ノートをきれいに取りたい人向け

「語呂合わせ」で暗記したい人向け

以上です。