【経験則】消防士を辞めたい人が取るべき「7つの行動」【人生を変えよう】

Firefighter

 

『消防士を辞めたいけれど、何をすればいいか分かりません。このままだと辞めれなさそう、、、。実際に消防士を辞めた人に、話を聞いてみたいな』

 

こういった悩みにお応えします。

✅この記事の内容


  • 消防士を辞めたい人が取るべき7つの行動
  • 消防士を辞めたいなら「1年」は行動を続けるべき

この記事を書いている僕は、「元」消防士。
現在は転職し、民間企業で働きつつ、幸せに暮らしています。

✅そんな僕が、この記事で皆さんにお届けするゴールは下記のとおりです。


  • 消防士を辞めたい人が取るべき行動が分かる
  • 消防士を辞める準備が始められる
  • 数年後、消防士を辞めて外の世界で幸せに生きていける

 

結論、消防士を辞めたいなら、正しい行動をしないとダメです。

事実として、『消防士辞めたいな~、、、』と日々ぼやきながら、何の行動もせずそのまま消防士を続けている人がめちゃくちゃ多いですよね。
これは、実際に消防士を辞めるために必要な行動が何なのか分かっておらず、動けないからです。

 

消防士という見かけの「安定」が心地いいので、行動せずにそのまま続ける人も多いですが、、、。
人生、そのまま終わると100%後悔しますよ。

抜け出したい人は、この記事を読んだらすぐに行動を開始しましょう。

僕の体験談から、消防士を辞めたい人が今日から始めるべき「7つの行動」をお伝えします。

※この記事は「消防士を辞めたい」と思っている人だけ読むことをおすすめします。
情報を網羅させるために、5500文字ほどのボリュームのある記事ですし、かなり攻めた発言をしている部分もありますので<(_ _)>

 

✅消防士を辞めたい人が取るべき7つの行動【全てやらないとダメです】

消防士を辞めたい人が取るべき7つの行動

先にまとめると、下記のとおり。

 

上記です。
なお、手順としても上から順番にやっていくのが1番効率的です。

例えば、毎日欠かさず読書をするには、消防署の飲み会に毎回参加していたら無理です。
ダラダラと過ごしてきた今までの休日スタイルを捨てる勇気が無いと、1日1時間の勉強もできませんよね。

 

逆に言えば、仮に上記7つの行動を、正しい手順で1年間続けたとします。
100%、消防士を辞めることが可能になります。断言します。

もっと言うと、消防士のころよりもお金に困らない生活ができるようになります。これも、断言します。

順番に、深掘りしていきます。

 

☑①|今のラクな生活を、捨てる覚悟を持つ

1番最初にするべき行動は「覚悟を持つ」ことです。

何の苦労もせず、消防士からいきなり転職するとどうなると思いますかね。
確実に、下記のどれかです。


  • 収入が下がり絶望
  • 忙しさに絶望して病む
  • 仕事ができなさ過ぎて、周りから嫌われる

 

上記のとおり。
なぜなら、消防士は「仕事のレベル」が絶望的に低いからです。

このあたりは≫公務員と民間の違いは「利益追求の有無」です【公務員はツマラナイ】の記事で解説しています。

これまで通りの生活をしていたら、消防士を辞めるなんて無理ですよ。

とはいえ、このくらいのことは皆さんも理解しているはず。
だからこそ、「自分には無理だ、、、」と諦めて、仕方なく消防士を続けている人もいると思います。

 

✓僕は25歳まで「努力ゼロ」の人間でした

こんな僕でも、3年かけて何とか消防士を辞められたので、誰にでも可能です。

必要なのは、繰り返しですが「ラクな生活を捨てる覚悟」だけです。

例えば、僕は消防士を辞めるために、毎週末の友達との飲み会を全て断りました。
大好きだったゴルフも辞めて、あとはゲームも辞めました。年1回の家族旅行も、3年間だけは行かずに過ごしました。

 

とはいえ、この記事のとおりに行動した結果、捨てたものは全てあとから返ってきました。

なので、『数年だけ、我慢して頑張ってみる』という思考を持つことが大事かと。

 

☑②|消防署の飲み会を、全て断る

覚悟が決まったら、「無駄な時間」を排除しつつ、努力していかないといけません。

無駄な時間の代表例が、下記です。


  • 消防署の飲み会
  • 消防士に誘われる合コン

 

上記でして、消防士を辞めたいなら、消防士とお酒なんか飲んでちゃだめですよ。

消防士の飲み会で「得られるもの」って何かありますかね。
上司との関係性とか、消防のアツい話とか、あとは女の話とか、、、。
消防士を辞めたいあなたにとって「有益なこと」って何1つ無いはずですよ。

 

飲み会の時間を削れば、おのずと「自分の時間」が増えます。

コツコツと行動を続けていくには、他人に合わせて消耗する時間は1分を惜しまず削るべき。

「飲み会を断るキャラ」には、2~3回NGを出せば簡単になれますので。

 

✓ほぼ100%、周りから嫌われます

結論、嫌われたほうが良いです。

詳しくは≫消防士の人間関係の悩みは「気にしない」が1番です(嫌われる勇気)を読んでいただければいいですが、消防士を辞める覚悟があるなら、嫌われることなんか恐れずに過ごすべき。

例えば、僕は26~28歳まで、消防署の飲み会は全て無視しました。幹事に指名されても、他の人に丸投げしてました。結果、50代以上の上司たちにはかなり嫌われたと思います。
とはいえ、定年間近のおっさん達に嫌われたところで、全く問題ないですよね。

 

飲み会が大好きな消防士は、人生にそれ以上の未来はゼロです。
あなたの未来はまだゼロじゃないはずなので、みずから時間を捨てるのは辞めましょう。

 

☑③|仕事をサボりまくる

これも、「自分の時間」を増やすためには必須です。

繰り返しですが、消防士の仕事で身に付くスキルは、消防士でしか使えません。

消防士を辞めたいなら、仕事をサボって空いた時間で勉強しないとダメです。

具体的な行動としては、下記です。


  • 非番の呼び出し電話を無視
  • 出張・研修を断る
  • 事務仕事は、「質」より「速さ」で片づける
  • 勤務終了後、1分以内に帰る
  • 出動件数の少ない消防署へ異動

 

このあたりです。
今のご自身の環境と照らし合わせて、可能なものを選んで実践してください。

ちなみに、僕を上記は全て徹底しました。プラスして、色々な場面で「面倒だな、、、」と感じることは秒速で断りました。
一応、バランスを取るために「人前で話すような仕事(救命講習会とか)」については、今後に活かせると感じたので引き受けていました。

 

✓真面目に仕事しても、あまり意味が無い件

結論、消防士は「出動」さえしっかりしていればOKですよ。

例えば、消防士って毎日のように資機材のチェックをしたり、その数をいちいちExcelに打ち込んだりしますよね。
ハッキリ言って「無駄な仕事」をしすぎです。ホースの数が1本合わないのが、何か問題ありますかね。100本以上あるのに。

 

消防士の仕事は、コミットしても得られるものが少ないです。
サボりつつ、もっと人生に役立つ行動(後述します)をしましょう。

 

☑④|毎日、読書する

僕の人生が変わったのは、読書を続けたからです。
読書をオススメする理由は、「成功者たちから教えてもらえる」という点。

ここで1つ質問ですが、現在消防士を辞めたいと思っている人で、月に1000万円以上稼ぐ実業家や、転職を3回以上したビジネスマンの知り合いっていますかね。多分いないかと。

 

本には、そういう「行動をしてきた人たちの思考」が詰まっていて、真似するだけで人生がよくなります。

当時の僕もそうでしたが、消防士の人生は「薄っぺらい」ですよね。
消防士を続けるならそれでもいいですが、辞めたいとなるとダメです。圧倒的に遅れていますので。

手軽に「分厚い人生」にするために、たくさんの本を読むことをオススメします。

 

✓僕は月に2万円、本に課金してます【読書は最高です】

だいたい、1冊1500円ですので、毎月13冊ほど読破している計算になります。

ちなみに読書の面白いところは、「後から読み返すと、そのたびに新しい気づきがあること」です。

例えば、初めてビジネス書を読んでも、ぶっちゃけ「はあ?」って感じです(笑)。
とはいえ、行動を続けていると、その本に書いてあることがどんどん理解できるようになります。
いわば、「自分が成長した証」でして、読書がますます楽しく、得るものも大きくなります。

 

ちなみに、ジャンルは興味があるものなら何でもいいかもです。


  • 自己啓発系
  • 教養系
  • 哲学書
  • 心理学系

 

何でもいいので、本を読みましょう。さすがに、コミックは意味ないかもですが、、、。

この章の締めとして、参考までに「行動を開始する勇気をくれる本」を3冊ほど紹介しておきます。

 

☑⑤|1日1時間、勉強する

結論、勉強をしない大人は、例外なく人生がハードになっていくと思います。
なぜなら、自分の市場価値が上がらないから。

例えば、サラリーマンとして日々働いている人は、勉強をしない限りその会社以外でお金を稼げる可能性はゼロです。スキルが無いため、どこにも使ってもらえないので。
消防士も全く同じで、ただ消防士として働き、休みのは勉強せずにダラダラ、、、。みたいな感じだと、消防士を辞めた瞬間に詰みます。使い道ゼロなので。

 

こんな感じで、消防士を辞めるためには「勉強の習慣付け」が必須です。

1日1時間でもいいので、何か勉強してください。興味のあることでOKですよ。

 

✓何を勉強してもOK|自分で見つけるべき

ここでよくある質問が下記です。

「勉強しろってよく聞くけど、、、何の勉強をしたらいいの?」

 

上記ですね。

結論としては、何でもOKです。

例として僕の話をすると、消防士時代にはFPと投資の勉強をしつつセールストークの勉強も少ししました。
転職してからはブログの勉強とプログラミングの勉強、現在では税理士とyoutubeの勉強もしています。

 

ぶっちゃけ、飽きたら辞めればいいだけなので、カンタンです。


  • 消防士を辞めたら、こういう会社へ行きたいな、、、。
  • 消防士を辞めたら、この分野でお金を稼ぎたいな、、、。

 

上記のような「目標」を見つけて、そこへ向けての勉強をし続ければ、1~2年後には確実に人生が変わります。

詳しくは≫消防士を辞める前に|冷静に考えるべきこと【3つある/辞めた体験談を語る】の記事でも解説しています。

 

☑⑥|副収入源を作る

ここ、めっちゃ重要です。

いくら読書や勉強を続けても、それだけは本当の成長はできません。
得た知識やスキルを、実際に使うことで初めて「成果」が出て、そして成長できます。

そして、そのために必要なのが、シンプルに「お金を稼ぐこと」です。

例えば、消防士をしつつ、英会話を勉強したり、プログラミングを勉強している人って意外といるんですよ。
ただ、結果として途中で挫折したり、消防士を辞めるところまではいかず、そのまま勉強を辞めてしまったり、、、。

 

その理由は「勉強しかしていないから」でして、勉強したことを使って「人生を変えようとしなかった」からです。

断言します。消防士を辞めたいなら、副業をしましょう。

 

✓よくある質問:「消防士は副業禁止です。ばれたらヤバくない?」

上記はよくある質問ですが、よく考えてみてください。

副業がバレるころには、その副業で生きていけます。
そうでなくても、上司にバレるくらいの金額を稼げるスキルがあれば、その業界への転職も余裕ですよ。

ちなみに、副業収入は年間20万円を超えると確定申告が必要です。
この金額未満なら、何をやってもバレません。収入の振込先を、親の名義の口座に指定すれば、それ以上稼いでもバレませんよ。あとは、市民税を窓口払いにするとか。

 

やり方はいくらでもあるので、行動しましょう。

 

✓消防士を辞めたいなら、まずは「副業」です

まずは≫消防士も副業はできます【おすすめ副業は3つ/OKな副業を全て紹介】の記事をどうぞ。

ちなみにですが、アルバイトはダメですよ。人材としての価値が上がらないので。

「副業」の話で有名なのは、不動産投資で7000万儲けて、それがバレて懲戒免職になった消防士さんですね。こちらのニュースです。
結論、この人は圧倒的に「勝ち組」ですよ。
消防士を辞めても、不動産投資で100%食べていけます。恐らく、消防士の仕事はヒマつぶしだったのだと思います。

 

ちなみに、2020年現在に副業として人気があるのは下記の5つ。


  • プログラミング
  • ブログ/アフィリエイト
  • 転売/せどり
  • Webマーケティング
  • Youtube

 

このあたり。
興味があるのなら、このあたりに照準を絞って行動することをオススメします。

たとえばヒューマンアカデミー なら、プログラミングなどのIT系スキルを学習しつつ、転職支援やフリーランスへの案件流しもしてくれます。初月無料なので、勉強をスタートするならこちらも結構おすすめですよ。

 

☑⑦|消防士以外の人脈を増やす

これが最後です。
というか、①~⑥までの行動を続けると、自然と人脈が増えると思います。

僕の例でいうと、消防士を辞める直前に個人事業主の知り合いがめちゃくちゃ増えました。
FP資格を取って身近な人の相談に乗ったりしていたので、税務相談をしたい人から、人づてに僕のことが伝わっていった感じです。

 

こういった「人脈」はマジで大切でして、消防士しか知り合いがいない人は、外の世界で生きるのは難しいと思います。

とはいえ、行動を続けていれば必ず人脈が増えます。
人脈が自然に増えてきたら、消防士を辞めてもいい合図ですよ。

 

✓人脈は、人生最大の「武器」になる

理由は、下記のとおり。


  • 自分の知らないことをいつでも教えてくれる
  • 困った時に助けてくれる
  • 転職先や、仕事を紹介してくれる

 

こんな感じです。
消防士の上司にお願いしても、このあたりは叶わないですよね。

 

✓人脈を増やす方法

下記です。


  • 努力を継続しつつ、他の人に還元する
  • 自分から、未知の世界へ飛び込む

 

上記のどちらか。

カンタンな方法は、興味のある分野のセミナーへ行ってみる、などですね。

例えば、やる気研究所 のセミナーでは、副業やビジネスを頑張りたい人が集まり、セミナーを受けられる企画がたくさんあります。
こういうセミナーで増やした人脈は、どこかで必ず役に立ちますよ。

 

✅消防士を辞めたいなら「1年」は行動を続けるべき【見切り発車はNGです】

消防士を辞めたいなら「1年」は行動を続けるべき

というわけで、おさらいです。

消防士を辞めるために必要な行動は、下記の7つ。


  • 今のラクな生活を、捨てる覚悟を持つ
  • 消防署の飲み会を、全て断る
  • 仕事をサボりまくる
  • 毎日、読書する
  • 1日1時間、勉強する
  • 副収入源を作る
  • 消防士以外の人脈を増やす

 

結論として、消防士を辞めたいなら、今から最低でも1年(僕は3年かかってます)は努力を継続しないと無理だと思います。

見切り発車でテキトーな会社へ転職することは可能ですが、、、。
100%、後悔します。基本的に、消防士というのは「オイシイ仕事」なので。
詳しくは≫消防士を辞めても後悔しないための手順とは【3つある/行動しよう】をどうぞ。

 

☑挫折しても、人生はイージーです【そのまま消防士でいても、OK】

最後に。

この記事を読んで、実際に行動する人は10%くらいだと思います。
そして、途中で諦めずに1年以上続けられるのは、その中のさらに1%くらい。

 

つまり、この記事がきっかけで消防士を辞める人は、10000人中1人くらいの確率だと考えています。
何のために書いたのかわからなくなってきました(笑)

とはいえ、行動するのは「自由」です。
そして、仮に途中で挫折しても、別に問題なくないですかね。

人生が詰むわけじゃないし、そのまま消防士でいるだけでして、「挫折=オワコン」なんかんじゃないので、どんどん行動すべきかと。

逆に言うと、行動しないと可能性はゼロなので、動き出してみればいいと思います。

僕は行動した結果、消防士を辞めて人生がスーパーイージーになったので、皆さんもぜひです。

 

それでは、今回は以上です。

かなりの長文でしたが、最後までお読みいただいたあなたのことを、僕は心から応援します。

それでは消防の外の世界で、お待ちしております( *´艸`)

✅あわせて読みたい記事

https://farm-fruits-riceplant.work/firefighters-job-change/

https://farm-fruits-riceplant.work/firefighter-lifespan/