「田舎にろくな仕事がない」←勘違いです【稼げるスキルを身に付けよう】

Country Life

悩める人「田舎には全然ろくな仕事が無い、、、。東京生まれだったらもっといい仕事に就けたのにな、、、。田舎で、いい仕事に出合う方法を教えてほしいな。」

こういった悩みを解消します。

この記事の内容

  • 「田舎にろくな仕事がない」と感じる理由【能力が足りないからです】
  • 田舎で良い会社に出合う方法【自分が価値ある人材になること】
  • 「ろくな仕事がない」と嘆く人が今すぐやるべきこと【努力です】
  • 田舎はライバルが少ないので、努力すれば余裕です

この記事を書いている僕は、田舎生まれ、現在も田舎在住です。
転職を1回経験し、田舎で楽しく仕事をしつつ、幸せな生活を送っています。

この記事で皆さんにお届けするゴールは下記です

  • 「田舎にろくな仕事がない」という思考から抜け出せる
  • 田舎で稼ぐために必要なことが分かり、行動できる

はじめに。
僕は、田舎でぼちぼち稼ぐのが人生の幸福度が1番高いと思っています。

詳しくは»田舎で「まあまあ稼ぐ」のが1番幸福度が高い【体験談/やり方も紹介】をどうぞ。
僕の「田舎最強論」のまとめ記事です。

しかし、『田舎だとろくな仕事が無いからダメだ。』という悩みを持つ人がめちゃくちゃ多いです。

決してそんなことはないですよ。
考え方と行動次第で、田舎でもいい仕事に巡り合えます。

今回はそんなテーマで記事にまとめてみました。
お悩みの方はぜひ最後までお読みくださいませ。

「田舎にろくな仕事が無い」と感じる理由【能力が足りないからです】

田舎に「ろくな仕事がない」と感じる理由【能力が無いからです】
田舎の仕事のイメージは、だいたい下記のとおり。

  • 『ブラック企業しかない・・・』
  • 『工場くらいしか就職先が無い・・・』
  • 『給料が安い・・・』

などなど。

これって、勘違いですよ。

正確に言うと、「一部の人にとっては事実だけど、少しの努力で変えられる」感じですね。

例えばですが、田舎の小さな会社だと、仕事がつまらなかったりサービス残業ばかりだったりするかもです。
しかし、努力すればその会社を辞めることはぜんぜん可能です。
ブラック企業で働く人は、「ブラック企業でしか働く能力が無い人」です。

結論、田舎に対して「ろくな仕事がない」と感じている人は総じて「能力が足りないだけ」かもです。

能力とはつまり、「稼ぐ能力・稼げるスキル」のことですね。

努力して、能力を身に付けると「田舎は仕事するのには最高の環境だ」と感じるようになりますよ。

「田舎の会社」で「良い仕事」に巡り合おうとしないこと

田舎の仕事に対して悪いイメージしかない人は、「会社で働くしか稼ぐ方法がない」と思い込んでいます。

しかし、それだと田舎では無理ゲーです。

田舎の「変えられない」事実

  • 会社数が少ない
  • 求人数が少ない
  • 給料が低い

上記のとおり。

これは、残念ながら事実ですよね。
人口が少ないので仕方なし。

例えば、僕の現在勤務する会社は、田舎の小さな工場でして、給料は月15万円ほど。
有給消化や福利厚生あたりは、まあフツーって感じですね。
仕事は、単純作業がほとんどです。

これだけ見ると、

『うわ、田舎のしょぼい会社じゃん。』

と感じる人が多いと思います。

とはいえ、こう思う人は、はっきり言って「社畜脳」が抜けていないです。

結論、田舎にろくな仕事がないと感じるのは、「会社に勤めることしか考えていないから」です。

「社畜脳」を捨てないと、都会に行ったとしてもろくな仕事は見つからないですよ。

自分で稼ぐ能力を身に付けよう【社畜脳を抜け出す方法です】

『起業しろ!』とか『年収1億目指せ!』とかは言いません。
というか、僕もそこまで到達できていないので・・・(笑)。

とはいえ、田舎でくすぶっている人のほとんどが、「行きたくもない会社に人生を捧げている状態」ですよね。

ここを抜け出さないと、田舎ではろくな仕事に出会えないかもです。

前述のとおり、僕の勤める会社はハッキリ言って「ろくな仕事じゃない」ですよね。
だけど、僕には「副収入」があります。
会社は定時でさっさと引き上げて、残りの時間で副業をしつつ、お金を稼いでいます。

田舎の「真実」【田舎はイージーです】

  • たしかに会社だけだと、ろくな仕事がない
  • しかし、稼ぐスキルを身に付ければ、仕事はいくらでもある
  • 田舎でも、都会の人と同じ働き方は可能

上記です。

「田舎にろくな仕事がない」という状態は、変えられます。

具体的には、僕は現在、FP資格を取って顧客相談業務をしつつ、ライティング案件もこなしています。
加えて現在はこのブログからの広告収入と、Web制作の案件を取るためにプログラミングの勉強中です。

追記(2020年7月25日)

初のプログラミング案件を、オフラインから受注することができました( `ー´)ノ

上記は全て「自宅で作業が可能」です。
都会だろうと田舎だろうと、関係ないです。

僕はこれだけで最低でも月に10万円ほど稼げており、、、。
田舎だと計25万あれば、人生超イージーですよね。

田舎で良い会社に出合う方法【自分が価値ある人材になること】

田舎で良い会社に出合う方法【自分が価値ある人材になること】
自分の人材としての価値を高めることです。
そして、そのための最短ルートが「稼げるスキルを身に付けること」です。

例えば、いまあなたが「税理士の国家資格」を持っていたとしたら、、、。
転職は難しくないですよね。
他にも「スバラシイ営業成績」があるとしたら、他の会社から引き抜かれることもあり得ますよね。

こんな感じで、「人材価値 = 会社の選択肢の広さ」です。

田舎でも楽しく、そして稼げる仕事をしたいなら、スキルを身に付けて人材としての価値を高めましょう。

能力がある人には、いい仕事が勝手にやってくる

今の会社に不満があっても、別に辞めればOKですよね。

能力が高くなると、会社を辞めるのがカンタンになります。

例えば、僕の友人に、24歳からプログラミングとWebデザインを独学した人がいます。
27歳まで病院の受付係として働いていた彼女は、副業で月50万稼ぐWebデザイナーに成長しました。
そして去年、名古屋のWeb制作会社からの誘いを受けて、完全リモート(=在宅)での転職を実現しました。

こんな感じで、能力がある人のところには良い条件の仕事がきます。

田舎だろうと、これは同じです。

田舎に「ろくな仕事が無い」と嘆く人が今すぐやるべきこと【努力です】

田舎に「ろくな仕事が無い」と嘆く人が今すぐやるべきこと【努力です】
努力には3種類あり、下記のとおり。

  • 自分のスキル・能力を高める努力 =勉強
  • ろくな仕事じゃない会社から抜け出す努力 =転職・人脈作り
  • 会社に頼らずお金を稼ぐ努力 =副業

時代の流れ的に、これができないと置いて行かれると思います。

田舎でくすぶっている人の思考

田舎でくすぶっている人『会社はつまらないけど、他にできることもないし、このままショボく生きるしかないな、、、。』

上記です。
脱却したいなら、少しずつでも努力しましょう。

これから身に付けるべき「稼ぐスキル」とは?

結論、田舎でも都会の人と変わらず稼げるスキルは「リモートワーク可能な仕事」です。

例えば、下記のとおり。

  • プログラミング
  • Webデザイン
  • 動画編集スキル
  • 投資スキル(FXや株式投資など)
  • 難関国家資格+ノウハウ発信スキル

上記です。

「働く場所を選ばないスキル」を身に付ければ、田舎でも余裕です。
何でもいいので始めることをおすすめします。

具体例として、僕はFPの資格を取りつつ、それを発信するスキルを身に付けました。
FP資格で稼ぎたい人は、»FP資格で副業をする方法3つ【会社員OK/独立までの道筋も】の記事にまとめましたのでどうぞ。

現状、収入は満足なレベルです。
今後はさらにプログラミングや投資スキルを磨きつつ、今の会社も不要になった時点で即、退職する予定です。

追記(2020年7月25日)

3ヶ月ほど経過した今、プログラミングで案件を取れるようになりました。
また、農業にチャレンジして、少しだけ稼げるようになりました。
そして、このブログからも収入が入るようになりました(^O^)/

ろくな仕事じゃないなら、その会社は辞めてOKです

転職が当たり前の時代なので。

世論とか、周りの「頭の固い田舎民たち」に合わせる必要なしです。

例えば、仕事内容自体は好きで、やりがいも感じているのに、会社の経営方針や労働環境がゴミだったり、給料が安いなどの不満があるなら、同業種の別会社に転職してしまえばOKです。
都会では、3人に1人が転職しているのに、田舎だとダメ、なんてルールは無いですからね。

たしかに田舎だと、残念ながら求人は少ないですが、とりあえず探す努力をしましょう。

シンプルに、求人サイトに登録です。
メリットは「非公開求人」の情報も受け取れること。

おすすめ求人情報サイト

例えば上記です。

※「田舎に強い転職サイト」については、別記事にてまとめました。

 

行きたい会社の「歓迎スキル」を磨く

会社の求人情報には、「歓迎するスキルや能力」が載っています。

つまり転職サイトは、努力する上でのロードマップとしても活用できます。

例えば、「Web制作会社」ならプログラミングスキルやデザインスキル、あとはSEOスキルとか。
「不動産販売会社」なら宅建士とか、不動産投資の経験とか、あとは営業スキルとかですね。

行きたい会社を探す → その会社の「歓迎スキル」を磨くのが、1番手っ取り早いです。

田舎はライバルが少ないので、努力すれば余裕です

田舎はライバルが少ないので、努力すれば余裕です
これが、田舎のメリットです。

詳しくは»【断言】田舎暮らしにはメリットしかないです【人生がイージー化する】の記事でも解説しています。

都会だと、周りのレベルも高いので、、、。
一歩抜きんでるのが、結構難しいはず。

いっぽう、田舎だと思考停止して社畜をしている人ばかりですよね。

なので少し努力すれば、田舎でちょっぴり「優秀な存在」になるのはカンタンですよ。

なお、『努力が続かない、、、』と悩む方のためにも記事を書きました。
下記の3つです。よければどうぞ。

「努力」を後押しする記事

田舎は、努力のコスパが良いです。

ゆっくりでも努力を継続して、人生を変えるのがおすすめですよ。

田舎では、会社に期待しないほうが良いです

最後に。

事実として「田舎にろくな仕事がない」のは「ろくな会社がないから」です。
人口的にも経済的にも、仕方のないことかもです。

そこで大事なのは、会社に期待しすぎないこと。
『とりあえず就職さえしていればOK』という「社畜脳」を捨てることです。

具体例として、田舎でくすぶっている人は、決まって「自分で稼ぐ努力」をしていません。
能力さえあれば、インターネットを使って住所に関係なく仕事は取れるのに。
何も武器を持ってないのに、『転職したい・・・』と言っていても、戦場で切り殺されるだけですよね。

ということで、会社には期待しすぎず、自分に期待しましょう。

努力するための目標が定まらない人は、とりあえず下記をチェックしてみては。
興味が沸いたら、ぜひチャレンジしてみて下さい。

努力をスタートする人へ

大切なのは、思考停止しないことです。
いまの仕事に不満があるなら、行動あるのみですよ。

それでは、今回はここまでにします。