「人生あっという間」←まだ余裕がある証拠です【濃い人生を送るコツ】

Mind Set

悩める人「いや~人生、あっという間だな。もう1年が終わりそう。今年も、変わらぬ1年間だったな・・・。でも、みんなそうですよね?」

こういった人に向け、記事を書きました。

この記事の内容

  • 「人生があっという間」なのは、余裕すぎるから
  • 人生の体感時間を長くする方法【正しく「苦痛」を味わうことです】
  • 人生があっという間に終わるのは、もったいないと思う話

こんにちは、
TOMO(@Tomo___san_2525)です。

人生、あっという間ですか?
歳を重ねるごとに、時の流れが速くなっていますか?
それが、「当たり前」だと思っていませんか?

現在時刻は、深夜2時です(笑)。

深夜テンションにて、少し、最近の思いを語ります。

恐らくですが、、、。
多くの人の、「生きるモチベーション」が上がるはずです(^O^)/

「人生があっという間」= 余裕で生きすぎです

「人生があっという間」= 余裕で生きすぎです
これは、間違いないはず。
「余裕」だと、人生はあっという間ですよね。

下記です。

  • 毎日、会社へ行く ←余裕
  • 決められたことを、やる ←余裕
  • 休日はゴロゴロする ←余裕
  • 慣れた手つきでスマホをいじる ←余裕
  • 難しいことは、避ける ←余裕
  • 困難なことは、避ける ←余裕

例えばこんな感じ。

思えば、28年ほど「余裕」でした。
そうしたら、あっという間にアラサーでした(笑)。

子どもの頃の1日は、長かった

それは「余裕がないから」じゃないですかね。

  • 知らないことを、知る
  • 分からないことを、調べる
  • できないことに、挑戦する
  • 興味があるものに、飛びつく

こんな日々を送っていましたよね。

例えば、「友達の家でカードゲーム」をするのだって「余裕」ではなかった。
負けたらマジで悔しかったし、友達に勝つためなら1時間でも2時間でも、「本気で」デッキの組み方を考えていました。

同じような思い出がある人が、いるはずです。

いつからか、「余裕」になった

つまり、下記。

  • 学校も、余裕
  • 遊びも、余裕
  • 会社も、余裕

上記ですね。

しかし、それは自分が成長したわけではないかもです。

・自分が「余裕」だと感じることしか、しなくなった
・自分が「余裕」だと感じることしか、できなくなった

ほとんどの人間が、これじゃないですかね。

その結果、人生があっという間に過ぎていきます。

2020年1月から、「余裕」を少し捨てました

下記のとおり。

  • ブログの毎日投稿をスタート
  • プログラミング学習をスタート
  • Twitterをスタート
  • FP資格を使った副業をスタート
  • 毎日読書をスタート

こんな感じです。

これまでの28年間、マジでかなり「余裕」で生きていました。

テキトーに会社を行き来しつつ、帰宅後はテレビを見て・・・。
休みの日は、テキトーにゲームしたり、テキトーにゴロゴロしたり、テキトーに、youtubeを見まくったりしてました。

「余裕」な生活を一部捨てて、チャレンジしてみました。

その結果、「ええ、まだ8ヶ月しか経ってないの・・・?」という気持ちになりました。

僕の人生があっという間なのは、「ラクしてたから」でした。

人生の体感時間を長くする方法【正しく「苦痛」を味わうことです】

人生の体感時間を長くする方法【正しく「苦痛」を味わうことです】
ラクしてると、マジであっという間に1日が終わりますよね。

例えば、休みの日にダラダラとyoutubeを見ていたころ。
昼頃に起きて、カップラーメン食べて、youtube見て、カップラーメン食べて、youtube見たら、もうすでに深夜11時。

こんなこと、ありませんか?(笑)。

「何もしていない」のに、1日が爆速で終了します。

たしかに、こういった生活は「余裕」です。

しかしこれを繰り返していれば、人生は当然、「あっという間」です。

正しい「苦痛」とは?

結論、下記だと思います。

  • 自分で選んだ苦痛
  • 自分のための苦痛

上記です。
これを、1日のうちほんの少しでも入れると、「体感時間」が伸びます。

例えば、僕は現在、ブログを毎日書いています。
1記事につき、最短で2時間。最長だと、5時間ほどかかります。
それを、160日ほど続けました。

結論、マジで「苦痛」です(笑)。

しかし、自分で選んだ苦痛です。

ブログで稼ぎたいし、ブログで結果を出したい。
これまで「努力」をしてこなかった分、何か1つでも、「実績」が欲しい。

こんな感じで、行動しています。

少し苦痛を感じつつ生きると、1日が長くなる

例えば、先日の僕の脳内を言葉にすると下記です。

『ふう・・・今日も何とか、ブログを書いたぞ。きつかった・・・。
さて、今の時間は・・・?まだ昼の13時か。とりあえずランチだな。
午後は、15時くらいからプログラミングの勉強をしようかな。
ああ、早く夕方になって、娘と公園に行きたいなあ』

上記のとおり。

Youtubeを見まくっていたころの自分は、『え?もう夕方?はや・・・』だった。

しかし、少し行動したら、『まだ昼か・・・』となりました。

この差はやはり、「体感時間」だと思います。

誰かに強制されてやる苦痛では、ダメ

例えば、下記です。

  • 会社の上司に強要される飲み会
  • 会社で強引に回される仕事
  • 気乗りのしない、地元のイベント

などなど。

こういったものは、「他人のための苦痛」なので、ダメですね。

誰かのために生きる時間は、自分の人生から「引き算」されます。

24時間あるうち、3時間を「誰か」のために使うと、その人の1日は21時間です。
行きたくもない飲み会に2時間付き合ったら、その1日は、22時間です。
  • 24時間 × 365日 = 8760時間
  • 22時間 × 365日 = 8030時間

上記を見てください。

たった2時間、「間違った苦痛」を味わうだけで、年間で700時間ロスします。

そりゃ、人生あっという間ですよね(笑)。

ということで、「自分の未来のために、正しく苦痛を味わう行動」をすることが、大切です。

29歳にして、ようやく気が付きました。

もっと若くしてこれに気付いている人は、「イヤなこと」から逃げる術を知っていますよね。
20代の転職率が上がっているのも、その証拠です。

イヤな会社で過ごす時間は、全て人生から「引き算」です。

僕は唯一、このド田舎で無事に転職ができたことを、今さらながらに「ラッキー」だったと感じます(笑)。

»田舎にも強い転職サイトのおすすめ5選【地方転職は可能です】

人生があっという間に終わるのは、もったいないと思う話

人生があっという間に終わるのは、もったいないと思う話
僕は現在、29歳。
平均寿命が90歳だとしても、もう「およそ3分の1」が終わってるんですよね。

けっこう、もったいなかったなーと感じます。

行動しだいで、体感時間を延ばせるならば、「すこし、苦労する」のもアリです。

そのほうが、死ぬときに後悔しないはず。

ありきたりですが、下記です。

「やらない後悔」より、「やる後悔」

上記です。

人生がすべて「余裕」だと、楽しくない【そして、すぐに老いる】

28年間、「余裕」で生きてきました。

  • 小学校 ← 余裕
  • 中学校 ← 余裕
  • 高校 ← 余裕
  • 大学 ← 余裕
  • 消防士になる ← 余裕
  • 転職する ← 余裕

こんな感じでした。

しかし、今は「苦痛」が少し混ざっており、余裕ではないです。

  • ブログを書いても、稼げない ← 余裕じゃない
  • プログラミングが、ムズカシイ ← 余裕じゃない
  • 時間が、足りない ← 余裕じゃない

こんな感じです。

ツラいから辞めるのはカンタンですが・・・。
なぜか、歯を食いしばって続けてしまいます(笑)。

しかし、これによって「人生が楽しくなった」とも感じます。

行動しなくなった時点で、「老いている」と思う話

いわゆる「老害」って言葉。
これ、20代とか30代でも当てはまる人がいます。

例えば、努力する人を笑ったり、意見を頭ごなしに否定したり。
あとは、「昔からこのやり方だから」とかですかね。
ついでに「普通はこうなんだよ」とかです。

結論、上記を言う人は全て、「余裕」を求めすぎて行動しない人ですよね。

いま、人生があっという間ってことは・・・。
もう、「老害」になりかけている可能性がありますよ。

3年ほど、「苦労」してみます【いい投資だと思う】

何が言いたいかというと、下記です。

いま、人生が余裕すぎてツマラナイなら、一緒になにかに向けて努力しませんか?

上記です(笑)。

Twitterで絡んでいただけると、喜びます(笑)。
»@Tomo___san_2525

今日、この記事を深夜3時に書いているのは、プログラミングの勉強がはかどらず、今日やると決めたことがなかなか終わらなかったからです。
しかし、このまま寝ると後悔しそうなので、「苦痛」ですが、記事を書いています。

こういった生き方は、世の中の9割以上の人が選ばないはず。

しかし、下記もまた、事実ですよね。

世の中にいる「成功者」は皆、大体3年ほど「苦痛」を味わっている

上記です。

その苦労の末に、後悔しながら死んでいく人生から、「長く、太い、充実した人生」へと変えていくことができます。

それならば、3年ほどの「苦痛」は、喜んで受け入れるべきだと思います。

こんなことを日々考えながら、ゆっくりと努力をしております”(-“”-)”

ということで、この記事は以上です。

人生を濃いものにしたいなら、「余裕」を捨てて「苦労」していこうというお話しでした。