上司にキレられた時の対処法3つ【どう転んでもあなたの勝ち】

Mind Set

悩める人「上司に、みんなの前でキレられます。いきなり赤い顔で理不尽にキレられたら、どうすればいいですか?」

こういった悩みにお応えします。

この記事の内容

  • 上司にキレられた時の対処法3つ【結論:悩む必要なし】
  • キレる上司は、全員「あほ」です【断言する】

こんにちは、
TOMO(@Tomo___san_2525)です。

先日、会社にて上司にキレられました。

具体的な内容は省略しますが・・・。

控えめに言っても「無能なくそ上司に、理不尽にキレられた」と僕は感じており、周りの同僚にも慰められつつ、かなりイラつきました。

そして、その日は初めて、120日以上続けてきたブログの投稿をせず、寝ました。
そして頭を冷やしつつ、「対処法」を考え、この記事にてまとめるに至りました。

この記事を読めば、上司にキレられた時の対処法が分かるはず。
そして、僕と同じように、キレる上司に悩むあなたのストレスや気分の落ち込みを、一撃で解消できると約束します。

ぜひ、お読みくださいませ。

上司にキレられた時の対処法3つ【結論:悩む必要なし】

上司にキレられた時の対処法3つ【悩む必要なし】

下記のとおりです。

  • 対処法①|テキトーに受け流す
  • 対処法②|口論はせず、別の方法で戦う
  • 対処法③|二度と自分から会話しない

上記でOKです。
というか、これしか方法が無いと言えるかもです(笑)。

キレられたら、キレ返す人もいますが、、、無意味ですよね。
キレてくる上司と口論しても、あなたの時間が無駄になるだけです。

後述しますが、、、「キレた時点で、上司の負けが確定」です。

なので、あなたは華麗にスルーすべき。
そして、その場では平然と過ごしつつ、あとから戦えばOKです。

※なお注意点としては、①→②→③の順番で行うべき、という点です。

それぞれについて、深掘りしていきましょう。

対処法①|テキトーに受け流す

仕事中、上司から理不尽にキレられたことがある人は多いはず。

  • 上司『やる気あんのか?』←顔真っ赤
  • 上司『こんなこともできねえのか?』←顔真っ赤
  • 上司『ふさけてんじゃねーぞ!』←顔真っ赤

例えば上記です。
ぶっちゃけ、かなりイラつきますよね(笑)。

そして、上記のようなアホなキレ方をする上司は、大体の場合、仕事もできないですよね。
優秀な上司なら、もっと論理的に叱ってくるはずなので。
だからこそ『テメーには言われたくねえわ』と感じ、めちゃくちゃイラつくわけです。

しかし、ここはグッとこらえるべき。

  • あなた『すみません』← 棒読み
  • あなた『はい』← 棒読み
  • あなた『・・・』← 上司の目を見つつ、無言

上記のどれかでOKです。

あなたの感情は「タダ」じゃないです【落ち込む必要なし】

過去の僕もそうだったのですが・・・。
上司にキレられて、しばらく落ち込んだり、悩んだり、引きずったりする人もけっこういますよね。

  • 『ああ、怒られた・・・』
  • 『怖い・・・またキレられたらどうしよう・・・』
  • 『くそ・・・ムカつく・・・』

例えば上記です。

しかし、そういった「悩み」をあなたが抱えるのは「上司の思うツボ」です。

上司は、大きな声であなたを罵倒したので、スッキリです。
いっぽうあなたは「モヤモヤ」ですよね。帰ってからも落ち込んだままだったりとか。
しかし、それだとあなたが一方的に損している状態ですよね。

繰り返しですが、キレる上司 = 仕事のできないアホ上司ですよ。
アホ上司のために、あなたの感情を使うなんて、もったいなさすぎです。

テキトーにスルーして、平然としているのが1番です。

そして対処法②へ進むのですが・・・。
「その場で口論する」など、どれほど時間の無駄か、もう分かっているはずです。

対処法②|口論はせず、別の方法で戦う

キレられたときに、言い返したくなることも多いですよね。

特に、「仕事もろくにしないくせに、ここぞとばかりにキレてくるアホな上司」が相手だと、コテンパンに論破したくなるはず(笑)。

しかし、口論は1番のNGですよ。
なぜなら、キレた時点で「めちゃくちゃダサい」からです。

口論すると、あなたも「上司と同類」になってしまう

これはさすがに避けないといけません。

周りの人から見ると、「キレてる人 = ださw」というのが正直なところですからね。

つまり、下記です。

  • あなたがキレられる → 周りの目『うわ、〇〇さんがキレた。ださw』
  • あなたがキレられる+あなたもキレ返す → 周りの目『うわ・・・2人とも、ださw』

上記です。

会社や組織で仕事を進めていく中で、「キレる」必要など一切ないですからね。
当たり前ですが、わざわざキレる暇があるなら、仕事をするべきなので(笑)。

キレた時点で、仕事を放棄しているのと同じです。
つまり、社会人としてめちゃくちゃ「ダサい」わけです。

そして、あなたがキレて口論してしまった場合、あなたも「ダサい」という目で周りから見られることになります。

あなたは、ダサくないはず。
ダサいのは、キレた上司だけで十分です。

その場はスルー → あとから別の方法で戦えばOK

さて、どうしてもキレた上司に納得がいかない場合。
その場ではなく、「あとから」戦えばOKです。

※戦う必要が無いと判断したなら、それも正解です。ここは読み飛ばしつつ、対処法③へ進めばOKです。

繰り返しですが、その場で口論をすると、仕事を放棄していることになり、ダサいですよ。
そして周りからは、キレた上司と「同類」とみなされ、良いことナシです。

具体的な方法は、下記のとおり。

  • ケース①|論破できそうな場合 → 仕事が終わってから呼び出し論破する/休憩時間に、他の上司に話すなど
  • ケース②|『こっちが悪いかも・・・』という場合 → パワハラされたと上層部に訴える
  • ケース③|なぜキレられたか不明な場合 → パワハラされたと上層部に訴える
  • ケース④|明らかに上司が間違っている場合 → その上司の「矛盾」をメールにて上層部に送り付ける

上記のとおり。

※これはあくまでも「例」です。
たぶん、ピンとこない人のほうが多いですね、スミマセン(笑)。

しかし、1つだけ言えることがあり、、、。

  • キレられた時点で、あなたに非があろうとなかろうと、あなたの勝ちは確定
  • あなたに非があるとしても、戦った場合100%勝てる

上記です。

今は、ぶっちゃけ上司より部下のほうが立場が上ですからね。
部下のやる気を削ぐ上司は、一撃で「無能認定」される世の中です。
そしてほんの些細なことでも「パワハラ」と叫べば上司が悪者になる世の中です。

なので「優秀な上司」ほど、部下に対して優しく、そして明るく接してきます。
それが、令和の時代の「攻略法」だと分かっているからです。

しかし、古い時代のまま成長が止まった「へぼい上司」は、コトの重大さも分からぬまま、部下にキレます。

その気になれば、一撃で追放することも可能ですからね。
どうしても許せないなら、戦いましょう。100%勝てます。

対処法③|二度と自分から会話しない

キレてきた時点で、「あなたのことを、必要としていない」ってことですからね。

つまり下記です。

  • 『ふざけんじゃねえ!』→「お前はふざけている。もう俺のそばには要らない」
  • 『なんでこんなこともできねえんだ!』→ 「お前は無能。もう俺のそばには要らない」

上記のとおり。
キレているということは、あなたのことを「要らない」と言っているのと同じです。

なので今後、あなたからその上司に話しかけることは一切なくなるはず。

  • あなた『〇〇さん、これやっときました』
  • あなた『〇〇さん、これ、僕がやっておきましょうか?』

上記のような「仕事上よくある、部下から上司への声掛け」が、一切不要になります。
そして何より、話しかけなくていいと認めたのは、あなたではなく上司ですからね。

今後は何不自由なく、キレる上司と会話せずに仕事に励むことができます。

【事実】どうせ、話しかけてきます【アホすぎる件】

2日後とかには、その上司はあなたにキレたことを忘れ、普通に接してくるはず。

  • 上司『〇〇くん、これやっといてくれる?』

上記です。

結論、これ、無視してもOKですからね。

  • あなた『いや、無理です。またキレられるの嫌なんで』
  • あなた『いや、僕みたいな部下には頼まないほうが良いですよ』
  • あなた『・・・(無視)』

上記全て、OKです。

一度キレておいて、それを無かったことにできるわけがないです。
あなたは「要らない」と、みんなの前で罵倒されたわけですから。

ということで、対処法①で受け流し、対処法②で口論を我慢した時点で、あなたの勝ちです。

無視しようが、頼まれた仕事を全て断ろうが、あなたの自由です。
それでまたキレてきたら、対処法①に戻るだけ。
困るのは、キレた上司だけです。

おめでとうございます(笑)。

以上が、キレてくる上司への対処法です。

参考記事

キレてくる上司は「あほ」です【断言する】

キレてくる上司は全員あほです

キレないと自分の思い通りにいかないとか、あほじゃないですかね。

例えば、僕には2歳の娘がいます。
何か面白くないことが起きると、大泣きor駄々をこねます。
これはなぜかというと、「泣くことでしか、意思表示できないから」ですよね。

つまり、キレる上司は「2歳児レベルの能力」しかないってことです。
言葉や仕事だけでは部下から信頼されることができないから、キレるんです。

しかも問題なのは、それを大きな声で他の社員にアピールしているということ。

大声でキレる = 『私は、2歳児レベルの能力しかない人間です』

上記ですよね。

さすがに、アホすぎると思います。
アホに付き合うのは、やめましょう。

それでは、この記事は以上です。

※読み返したところ、だいぶ「自分勝手」に書きました、スミマセン。
しかし、ブログにて「書きたいことを書けた」ので、満足です。

明日からは、また「有益な記事」のために、努力していきます。

こんな駄文を、最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。