家族と仕事を両立する3つの手順【家族がいても副業・ビジネスは可能】

Mind Set

悩める人「副業やネットビジネスにトライしたいけど、、、家族がいるのでキツイです。勉強や努力がしたくても、妻にイヤな顔をされて進みません。どうしたらいいですか?」

こういった悩みにお応えします。

この記事の内容

  • 家族と仕事を両立する3つの手順【カンタンです】
  • 家族と仕事の両立は、可能です【家族のために、頑張れる】
  • 結婚したことを後悔している人へ【大切なのは「自責思考」です】

こんにちは、
TOMO(@Tomo___san_2525)です。

現在の僕は、妻と2歳の娘、そして今年9月に第2子が生まれる予定です。
いわゆる普通のパパです(笑)。

とはいえ、家族を持ちつつも、毎日積み上げています。
※詳細はTwitterを見ていただければと思います。

結婚後に資格を取り、転職をし、そして現在は副業もしています。
そして、このブログも毎日更新しつつ、プログラミングも勉強しつつ、今後はyoutubeで発信活動もしていこうと考え中です。

結論、家族と仕事の両立は、可能です。

よく「家族がいるから、行動できない・・・」と嘆く人がいますが、、、。
それは、ただの言いわけですよ。

この記事を読めば、家族と仕事を両立するために必要な手順が分かり、実践できます。

そして家族や子供の存在を「言いわけ」にせず、毎日努力していくことができるようになります。

ぜひ、お読みくださいませ。

※スミマセン、僕は男性なので、あくまでも「パパ向け」の記事になっているかもです。
とはいえ、女性の方にも役立つ情報はあるはず。サクッと読んでみてください。

家族と仕事を両立する3つの手順【カンタンです】

家族と仕事を両立する3つの手順

下記のとおりです。

  • 手順①|正直に話し、理解してもらう
  • 手順②|ルールを決めて、必ず守る【24時間仕事はさすがにダメです】
  • 手順③|毎日、努力する【3ヶ月で本気度は伝わります】

上記だけです。

パートナーに理解してもらい、守るべきルールを示し、あとはひたすら努力するだけ
家族がいても、子供がいても、この手順を正しく踏めば仕事にコミットすることは可能です。

詳しく、解説します。

手順①|正直に話し、理解してもらう

まずは、ここが大切です。
全てを話し、パートナーに理解してもらいましょう。

よくある悩みが、下記です。

  • 『転職のために毎日努力したいのに、妻が理解してくれない・・・』
  • 『勉強していると、「家事を手伝ってよ!」と言われ、進まない』

例えば上記ですよね。

結論、この状態の人は、「あなたのやりたいこと」が伝えられていないことが原因です。

家族は、あなたのことを「ふつうのパパ」だと思っている

これが事実だと思います。

例えば、会社員をしつつ、副業で収入を伸ばしていきたい人は多いはず。
とはいえ奥さんは、「平日は会社に行き、そのほかの時間は家族のために使う」のが当たり前だと考えています。
これは何も悪いことではなくて、「普通のパパ」はみんな、これですよね。

とはいえ、副業やビジネスを始めたいのなら、あなたは「普通のパパ」ではなくなります。

なので、『スマン、普通のパパじゃなくなるわ』という意思表示をしなければ、ダメです。

あなたの夢を、話すべき

僕の例を示します。

『これから、毎日資格勉強をする。そして、チャンスがあれば転職もする。
さらに、毎日何かを積み上げて、会社の給料以外に収入源を作りたい。
だから、自分の時間が多めにほしい。
理由は、このまま平凡なサラリーマンで終わるのが、マジで嫌だから。』

僕は、3年前に妻に上記を伝えました。

ぶっちゃけ「自分勝手」だと思います(笑)。
しかし、何も言わずに行動を開始するだけだと、100%協力は得られないですよ。

正直に、やりたいことを話せばOK。
それが、スタートラインです。

手順②|ルールを決めて、必ず守る【24時間仕事はさすがにダメです】

ここ、重要です。
家族の協力を得たいなら、「ルール」を決めましょう。

そしてポイントとして、「ルール」はあなたが提示するべき。

例えば、下記です。

  • 平日は、帰宅後に1時間だけ作業する
  • 休日は、食事の時間と、18:00~22:00は必ず家族と過ごす
  • 毎日、風呂掃除とトイレ掃除をする
  • 年に2回、必ず家族旅行に連れて行く

上記のとおり。

これは、僕が現在も守っているルールです。
このルールを必ず守っているからこそ、妻も文句を言わずに応援してくれます。

よくある質問:『そんなに家族のために使ったら、「自分の時間」がなくなる・・・』

本当に、そうでしょうか?

僕は上記のルールを徹底していますが、、、。

  • 1年で転職
  • 1年で年収が1.5倍
  • ブログ毎日投稿120日以上

上記のように、成長できています。

結論、「仕事と家族以外の時間」を削れば、全く問題ないですよ。

例えば、会社で残業をせず帰るとか、飲み会を全て断るとか。
家族と仕事を両立したいなら、それ以外の時間は全て捨てないとダメです。
事実として僕は3年間、会社の飲み会に出ていません。

ここについては、下記の2記事が参考になるはず。

 

 

 

家族がいて、安定しているのに、まだ上を目指すってことは、、、。
その分「会社のこと」とか「遊びのこと」とかとの両立を諦めるってことだと僕は思っています。

独身より有利な面もあります【無駄な時間が半分になる】

シンプルに、奥さんは料理を作ってくれるじゃないですか。
ほかにも、掃除機をかけてくれたり、洗濯をしてくれたり。

独身なら、24時間仕事にフルコミットできると考えるかもですが、、、。
それは間違いです。
炊事・洗濯・掃除など、「無駄な時間」がありますからね。

家族がいるってことは、そういった「無駄な時間」を奥さんと分かち合うことができるってことです。

これは、ふつうにアドバンテージですよ。

感謝しつつ、譲歩しつつ、努力しましょう。

手順③|毎日、努力する【3ヶ月で本気度は伝わります】

ここができていないと、いつか奥さんにキレられますよ(笑)。

ルールで決めた「家族との時間」以外のすべてを、努力に充てていますか?
サボっていると、家族は協力してくれません。

例えば、飲み会に出かけたり、ゲームをしたり、昼寝をしたり、、、。
デスクに座っているけど、作業せずボーっとするとかもあります。
あとは、勉強していると見せかけて、全然進んでいない、とかですね。

結論、上記のような行動をすると、家族はあなたを信じてくれなくなります。

「たまには休みたい」と思っているかもですが、、、
奥さんは「無休」で家事をしてますからね。

あなたが夢を語り、あなたが決めたルールを守り、そしてあなたがやると決めた「努力」を毎日やること

上記しか、方法は無いはずです。

毎日、努力しましょう。
そして、努力している姿を、家族に見せましょう。

 

 

3ヶ月頑張ったら、認められた【体験談です】

おそらく僕の奥さんも、最初は『どうせすぐ諦める』と思っていたはず(笑)。

その証拠に、奥さんの方からルールを無視してくることがありました。
まだ17:30なのに『そろそろ娘を見てて』とか、『今日は1日買い物に付き合って』とかですね。

しかし、3ヶ月ほどたったところで、全く言われなくなりましたからね。

  • ルールを100%守る
  • 圧倒的に、努力している

上記が3ヶ月続けば、「本気度」が伝わります。

そして、最近は『毎日頑張ってて、スゴイネ』ですからね。歓喜です(笑)。

家族に本気度を見せる最短ルート

まずは、資格or副業にコミットがいいはず。

上記です。
僕のブログでは毎回登場しますね(笑)。

とはいえ、経験談からオススメできるものでして、、、。

僕も最初はFP資格を取り、副業をするところから始めました。
そして、その成果を奥さんにも報告、みたいな感じです。

参考»FP資格で副業をする方法3つ【会社員OK/独立までの道筋も】

とにかく、やるなら本気にならないとダメです。
やるか、やらないかだけですからね。

家族と仕事の両立は、可能です【家族のために、頑張れる】

家族と仕事の両立は、可能です

もう一度、手順を示します。

  • 家族に話し、理解してもらう
  • ルールを決め、必ず守る
  • やると決めた努力は、毎日やる

上記です。
すごくシンプルですよね。でも、これしか方法が無いはず。

仕事で成功したいなら、どちらにしても「努力」しなきゃダメなのは分かるはず。
独身だろうが既婚者だろうが、「やるべきこと」は変わらないってことですね。

しかも既婚者なら、「家族のために頑張る」ことができます。

例えば、毎月5万円稼いで、そのうち3万を娘の口座に入れておくとか、
あとは奥さんが一生専業主婦でいられるように、あなたが今の2倍稼ぐ、とか。

これは独身では得られないモチベーションなので、活かすべきですね。

参考»【実体験】「自分の時間」の作り方は3つある【会社員・既婚者向け】
参考»【断言】努力にモチベーションは不要です【理由は3つある】

よくある質問:『やる前から、ダメだと言われてしまいます』

けっこう、あるあるな質問なのですが、、、。
スミマセン、これについては、「謎」です。

一生、一緒にいるパートナーが、「最初から否定で入る」というのが良く分かりません。
あなたの「夢」を応援できないのならば、、、結婚している意味って、特になくないですかね。

ということで、あなたの望むとおりにならないのであれば、「望みどおりになる選択」をするしか方法は無いです。

つまり、下記です。

  • 諦めて「ふつうのパパ」をやっていく
  • 離婚する

上記です。

一つの例として、ホリエモンがいます。
彼はビジネスを頑張りつつも、27歳で結婚し、子供も1人います。
しかし、「家族と仕事の両立」に行き詰まり、離婚しています。

結論ですが、離婚は別に悪いことではないです。

その証拠に、ホリエモンも毎日、幸せに生きていますよね。

あなたが『離婚したほうが、仕事が頑張れる。そして、そのほうが自分が幸せになれる』と判断したなら、そうすればOK。

1番ダメなのは、諦めつつも未練を残すことでして、

  • 『俺も結婚していなければ挑戦できたのに』
  • 『家族がいなければ、成果が出るまで努力で来たのに』

などと「言いわけ」することです。

家族は、「言いわけ」にするべきではない

この記事で伝えたかったことは、下記です。

  • 家族がいても、努力をすることは可能
  • 家族がいても、成果を出すことは可能
  • 家族がいても、人生を変えることは可能
  • →どうしても家族が邪魔だと思うなら、離婚するべき
  • →離婚する勇気すら無いなら、「ふつうのパパ」を楽しむべき

上記です。

かなり冷たい発言になってしまいました、、、スミマセン。

とはいえ、家族を言いわけに、自分の人生を諦めるとか、ダサいですよね。

誰も、あなたに結婚を強制したわけではないはず。
どうするかは、完全に「自分次第」ですよ。

家族がいるほうが、成功確率が高いと思う件

家族がいるほうが、成功確率が高いと思う件

最後に。

家族がいることで、「挑戦」ができず、「成功」もできないと考える人がいるかもです。

しかし、それは間違いですよ。

下記です。
参考記事:億万長者の92%が既婚者である

そして、下記の本を読むべき。

結論、結婚してパートナーを得たほうが、成功者になれる確率が上がるという統計データが出ています。

僕自身も、毎日コツコツと努力ができるのは「家族」がいるからだと思ったりします。
キレイごと抜きで、1日頑張って努力した後に食べる家族との夕飯は、サイコーです。
だからこそ、18:00~22:00の4時間だけは、必ず家族と過ごすようにしています。

僕はまだまだ「成功者」ではないですが、「幸福度」は日本のトップレベルにいると思います。

シンプルに「言いわけ」を辞めて、努力するだけでここまではこれます。

既婚者の方も、夢をあきらめず、仕事にコミットするべきです。

これでは、この記事は以上で終わります。
長い記事でしたが、、、最後まで読んでいただきありがとうございます”(-“”-)”