努力に疲れた人が考えるべき3つの「ゲスい」思考【やる気UP】

Mind Set

悩める人「努力に、疲れた、、、。全然成果が出ないし、人生も変わらない。心が折れそうです。助けてください」

こういった悩みにお応えします。

この記事の内容

  • 努力に疲れた人が考えるべき3つの「ゲスい」思考
  • 努力しない人のほうが、むしろ疲れる話
  • 疲れたら、ペースダウンです【停止はNG】

こんにちは、
TOMO(@Tomo___san_2525)です。

3年ほど前から、毎日努力しています。

公務員を辞めるために資格を取るところから始まり、副収入を得るために毎日クラウドソーシングで仕事を受けたり、農業をイチから学んで出荷できるまでになったりして生きています。

年収は、公務員時代の2倍ほどまで伸びました。
そして現在はこのブログにもコミットしつつ、毎日何かしらを積み上げています。

結論、努力に疲れることは、誰にでもあります。
そして、それでも努力を続けるためには「ゲスい思考」が大事だったりします。

※この記事は、マナブさんの»【60日経過】毎日ブログを続けるコツは『ゲスい目的』を持つことですという記事を読み、執筆を決めました。
内容はぜんぜん違います。僕の記事のほうが、もっとゲスいはず(笑)。

努力に疲れたら、この記事をどうぞ。

努力に疲れた人が考えるべき3つの「ゲスい」思考【やる気UPします】

努力に疲れた人が考えるべき3つのゲスい思考

下記のとおりです。

  • 思考①|理想の自分をイメージしてニヤニヤしよう
  • 思考②|努力していない人を、嘲笑おう
  • 思考③|失敗に終わったときの「言いわけ」を考えよう

上記です。
ゲスいですね(笑)。

努力は、疲れます。
しかし努力しないと、人生は変わらないです。

「ゲスな思考」が、1番効く

そして、疲れても頑張り続けるためには、、、。
ぶっちゃけ「ゲスい思考」が1番効くと思っています。

僕自身も、なんども努力に疲れ、挫折してきました。
しかし、なんとか今日まで努力を続けてこられたのは「ゲスい気持ち」で自分を奮い立たせたからです。

「努力は報われる」などのキレイゴトは、ぶっちゃけ何の役にも立ちませんでした(笑)。

それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

思考①|理想の自分をイメージしてニヤニヤしよう

皆さん、「妄想」してますか?

  • 努力してお金持ちになって、毎日豪遊する
  • 努力して貯金を増やして、毎月ハイブランドの服を買う
  • 努力して偉くなって、毎日ふんぞりかえって出勤する

例えば上記です。
ぶっちゃけ、いくらでも思いつくはず。

努力は、「未来の自分」のためにするもの

努力しても、未来が変わらないのはキツイです。
なので、「ゲスい妄想」ができないなら、その努力は少しズレているかもです。

例えば、僕は転職をするためにFP資格を取りましたが・・・。
少しだけ、ズレた努力をしてしまったと感じています。
FP資格を取っても、その先に「ゲスい妄想」があまり浮かばなかったからです。

なので、明らかに「うへへ・・・」と思えるような努力を、選ぶべき(笑)。

僕がブログを選んだ理由

シンプルに、理想の自分を想像しやすかったから。

ブログを続けると、「ゲスい理想」が現実になるかもしれないと感じたからです。

※その点では、ブログやYoutube発信などはやはり優秀です。
人気なビジネスであるのも、納得です。

  • 『ブログで稼いで、会社を辞めて社畜どもを見下してやる』
  • 『Youtubeで有名人になって、キレイな女性と出会ってやる』
  • 『ブログで稼いで、毎日美味いもん食いまくってやる』

例えば上記です。

「理想の未来」は、だいたいゲスいですよね。
キレイゴトだけだと、僕は頑張れません(笑)。

疲れたら、妄想しよう

その努力の先にある、ウハウハな未来を妄想です。

例えば現在の僕は、「ブログで月5万円」を目標にしています。
月5万あると、毎月大好きなMONCLERのTシャツが買えます。
思考はゲスイですが、頑張れます(笑)。

そして、その妄想を現実にするために今できることは、、、。

疲れても、努力を続けること

上記のみ。
努力を辞めると、頭に描いたウハウハな未来は絶対に実現しません。

思考②|努力していない人を、嘲笑おう

世の中には、「努力」を放棄した人間ばかりですからね。

例えば、あなたが会社員なら、昼休みを有効活用している人って何人いますか?
全員、だらだら社食を食べ、だらだらタバコを吸い、そして少し寝る、みたいな感じですよね。
ふつう昼休みには、読書などをするはず。しかし、ほぼ0人です。

そういう人たちは、「努力ができない人」です。
ぶっちゃけ、『なんてかわいそうな人たちなんだ・・・』と思います(笑)。

努力できない人は、人生詰んでいる

これまたゲスい思考ですが、やる気が出ます。

努力できない人は、「何か」を得られる可能性がゼロです。

例えば、努力を2年すれば、嫌な会社を辞めつつ、年収をアップさせることなんてカンタンです。
今持っていないスキルを身につけて、今持っていない収入源を作るだけですからね。

参考»FP資格で副業をする方法3つ【会社員OK/独立までの道筋も】
参考»【最短】プログラミング独学の手順5つ【ゼロからサイト制作まで】

しかし、努力ができない人は、その「可能性」すら自分で手放します。
自分から、人生を詰みに行っているのと同義です。

『努力ができる人間で、良かった・・・』←やる気上がります

努力できない人を見ていると、自分は恵まれていると感じます。

多くの人が、Twitter上にいる「すごい人たち」ばかりに影響を受けて、『自分はダメだ・・・』とネガティブになりますが、、、。
Twitter上の人たちなんて「かなりレア」ですからね。

あなたの周りにいる人の95%は、努力できない人です。

  • 努力ができる → 何を得られる可能性アリ
  • 努力ができない → 何も得られないことが確定

上記です。

どうせ、80年ほど生きると人間は死にます。
なのに20歳とか30歳で、人生がそれ以上伸びないとか、、、絶望です。

死ぬために、生きているだけ、みたいに見えてきます。

『カワイソウだな・・・』と思いつつ、あなたは努力を再開すればOK。
ゲスいですが、ぶっちゃけ「事実」ですよね。

思考③|失敗に終わったときの「言いわけ」を考えよう

努力に疲れてしまう人は、「失敗を恐れる人」でもあるはず。

典型例が、下記です。

  • 『勉強しても、試験に受からないかもしれない』
  • 『毎日コミットしても、お金が稼げないかもしれない』
  • 『こんなに頑張っても、1年後何も変わっていないかもしれない』

上記のような「努力が失敗に終わる未来」のことを考えると、疲れますよね。

今の僕もそうで、『このままブログ書いても、稼げないかもな、、、』と思い、疲れます。
しかし、稼げるか稼げないかなんて、分からないですよね。
そして答えを知るためには、努力し続けるしかないです。

ということで、『失敗してもいいや』と思えることって、めっちゃ重要です。

ダメだったときに後悔しない「言いわけ」を用意する

ここはやはり、「実験思考」が1番です。

例えば、下記です。

  • 『試しにブログを1年間書いたけど、稼げなかった。でもまあ、実験だしいいや』
  • 『試しに中小企業診断士の資格にチャレンジしたけど、落ちた。でもまあ、実験だしいいや』
  • 『試しに、毎日筋トレしたけど、別に人生何も変わらなかった。でもまあ、実験だしいいや』

上記が最強です。

※ここについては、努力しても成果が出ない人へ【そのままでOK/成果、出てますよ】の記事でも少し語っています”(-“”-)”

言いわけができないと、ただ苦しいだけです

たまに、「言いわけをするな!」などと言ってくる人がいますが、、、。
いやいや、言いわけはしたほうがいいですよ。

なぜなら、言いわけをしないと「自分自身のことが嫌いになる」から。

例えば、毎日勉強したのに資格試験に落ちたとします。
このとき、マジメ過ぎる人は「勉強が足りなかった、、、」とか「自分の頭脳が追い付かなかった、、、」などと、自分を責めますよね。

しかし、自分を責めると、次のチャレンジができなくなりますよ。

『どうせまた、失敗する』と思い、自分のことをどんどん嫌いになります。
そうして、いつしか努力をしなくなっていきます。

言いわけすれば、次のチャレンジができます

僕は、過去に2回、努力して失敗したことがあります。

1つは、「転売ビジネス」です。
毎日仕入れして、価格調査して、メンターから色々教わって、、、1年近くやったけど、収益マイナスで終了しました。

普通の人なら、「やっぱり、自分には無理か、、、」と思うかもです。

しかし、僕は下記のように「言いわけ」をしました。

言いわけ『転売とか、別に誰でもできるな。もっと、難しいものにチャレンジしたほうが良いわ』

はい、上記です(笑)。
これはもう「ゲスい」を通り越して、「意味不明」です(笑)。

しかし、言いわけをしたことで、次のチャレンジができました。
そして、チャレンジを続けていたら、少しずつ稼げるようになってきました。

なので、たとえ「意味不明」だろうとOK。
「言いわけ」で努力が継続できるとか、コスパ最強ですからね。

努力継続に役立つ「ゲスい思考」のまとめ

  • 努力の先のウハウハな未来を妄想しよう
  • 努力できないやつを思いっきり嘲笑おう
  • 失敗したときの言いわけを考えておこう

僕は、上記の思考で努力が継続できています。

世の中には、まだまだ「きれいごと」が多いですが、、、。
「ゲスイこと」でも、それが努力につながり、成果を生み出すなら全然いいと思います。

努力に疲れたら、ペースダウンでOKです【停止はNG】

努力に疲れたら、ペースダウンでOKです

最後に。

『どうしても疲れて、何もしたくない・・・』

上記のような日もあるはず。

結論は、休んでもOK。
ただ、完全に何もせず1日を終えるのは、マジでNGです。

ペースダウンしつつ、少しでも何か努力をするべき。

まだ成果が出ていない状態で、丸1日休むということは、、、。
それまでの努力を、全て無駄にすると同義だと思っています。

1日サボると、次の日もサボります

これはマジであるある。

試しに、丸1日何もせず過ごしてみると分かります。

  • 午前中 →『さて、今日は何をする?』
  • 夕方 → 『やばい、もう夕方だ』
  • 夜 → 『今日は何もせず終わってしまった、、、』
  • 次の日の朝 → 『今日も、何もしないでいいや』

上記です。

せっかく1ヶ月ほどブログを書いても、たった1日サボるだけで以降の更新が止まります。
ブログの挫折者が多いのは、「たった1日サボったこと」が原因で、そのままズルズル退場していく人がほとんどだからです。

ほんの少しでもいいので、疲れても動きましょう

例えば下記のとおりです。

  • ブログに疲れた → 記事のキーワード選定だけは、やる
  • 勉強に疲れた → 机ではなくでベッドで横になりながら15分だけやる
  • 副業に疲れた → 1円分だけ、仕事する

上記です。
ゼロとイチでは、ぜんぜん違います。

努力は疲れますが、努力でしか、人生は変わらないかもです。
時にはゲスい思考も使いつつ、先の見えないトンネルを進むしかないのも、また事実ですよね。

どうせ、いくら長くても100年後とかには死にます。
せっかくなら、周りの人よりも濃い人生を選ぶほうがいいですよ。

ということで、このブログを書き終えたら、プログラミングの勉強をします。
皆さんは、何の努力をしますか?

また明日です( *´艸`)