「努力する才能」を伸ばすたった1つの方法【注意:努力はゴールではない】

Mind Set

悩める人「努力できる才能が欲しい、、、。勉強も、仕事も、全てが続かず挫折しながら生きています。どうすれば、努力できるようになりますか?」

こういった悩みにお応えします。

この記事の内容

  • 「努力する才能」の伸ばし方【超シンプルです/だけど分かりやすい】
  • 「努力する才能」では人生は変わりません
  • 「幸せに生きる才能」があればOK【努力だけでは息切れする】

こんにちは、
TOMO(@Tomo___san_2525)です。

毎日欠かさず「努力」をしつつ、幸せに生きています。

この記事は、「努力する才能」が何よりも欲しかった「過去の自分」に向けて書いています。

  • 努力を継続する方法はシンプル
  • 努力をゴールにしてはいけない
  • 努力より「幸せに生きること」を優先すべき

上記を、3~4年前の僕に説教します(笑)

同じような境遇の方は、ぜひお読みくださいませ。

1.「努力する才能」の伸ばし方【超シンプルです】

「努力する才能」の伸ばし方

結論は、「習慣化」です。

『もっと、モチベーションが上がるような方法を教えてくれよ、、、』という声が聞こえてきそうですが、上記だけで充分です。

※モチベーションが欲しい人は、読書で解決しますよ。

それぞれについて、深掘りしていきます。

1-1.努力は、習慣にすれば誰でも続きます

人間の行動は、ほとんどが「習慣」でできています。
だからこそ「新しい行動」をすると疲れるし、だるいし、続かないわけです。

例えば、努力したいのについyoutubeを見てしまう人は、youtubeが「習慣になっている」だけです。
反対に、「歯磨き」をしない人は、歯磨きが「習慣になっていない」だけ。
勉強が続かない人は、勉強が「習慣になっていない」だけです。

なので、スイマセン。
書き始めて気付きましたが、、、そもそも「才能」とかそういう話ではないのかもです(笑)

1-2.人間が何かを習慣にするメカニズム

脳が「パターン化」することです。

例えば、朝起きたらまず顔を洗う、そして歯磨き → 髭剃り → 朝食・・・などです。
他には、トイレ後に手を洗う、玄関を出る前には靴を履く、とかです。
これらって「頭で考えずに、身体が勝手に動いている」状態ですよね。

ようは、下記です。

思考停止」している時、ものごとは習慣になる

上記です。

なぜ、努力が習慣になりづらいのか?

結論、「思考が邪魔しているから」です。

シンプルに、『面倒だな』とか『遊びたいな』とか。
あとは『今やらなくても、明日やればいいか』とかもそうですね。

人間の脳は優秀過ぎるので、一瞬で「やらない理由」を見つけ出します。
それが、行動を邪魔します。

いっぽう、例えばyoutubeを見ちゃう人だと下記です。

  • スマホを手に取ると、考えるより先にyoutubeアプリを開いている
  • 新しい動画の通知が来たら、考えるより先に見に行ってしまう

上記のとおり。
思い当たる人がいるはずです。

※Youtubeの「チャンネル登録」には、動画視聴を「習慣」にさせるという狙いがあります。
マーケティング界では、よくある手法です。

1-3.努力を習慣にする具体的な方法

繰り返しですが、「パターン化」することです。

例えば、僕の場合は朝起きたらまず100%、PCでブログ記事の構成をします。
顔を洗ったり、歯磨きよりも前に、です。
あと、娘を寝かせた夜22時からも、必ずPCに向かいます。

こんな感じで、動きをパターン化すれば、そのうち「頭で考えなくても、時間が来ればPCに身体が向かう」ようになります。

これが、努力継続のコツです。

考えるより先に、動けばOK

考えると、「やらない理由」しか出てこないですよね。
良いことなしなので、さっさと始めましょう。

3ヶ月ほどたてば、脳が「パターン化」してくれるので、努力を習慣に出来ます。

例えばですが、「勉強しないと、何か気持ち悪い」とか、「ブログ更新しないと、寝られない」とかですね。
あとは「1日1回、何か自分が成長できる体験をしないと、寝られない」とかもあります。

努力をパターン化すると、努力しないことを脳が「いつも通りでない」を判断し、防ごうとしてくれます。

2.「努力する才能だけ」があっても、人生は変わりません

「努力する才能」だけでは人生は変わらない

よくある間違いが下記のとおり。

  • 努力すれば、人生は変えられる
  • 努力すれば、億万長者になれる
  • →今の人生がイマイチなのは、努力していないからだ

上記です。

この思考だと、『俺は、努力したらふつうに成功できるよ。ただ、努力をしていないだけ』と言っているのと同義でして、、、。

恐らく、何も変わらない人生を過ごすことになります。
なぜなら、上記の思考だったころの僕が、「ただ生きてるだけの何もない人」だったからですね(笑)。

ぶっちゃけ思うのですが、、、努力しても、成果が出るとは限らないですよ。
むしろ、失敗に終わる努力の方が多いくらいです。

2-1.この世は「結果」が全てです

「努力したこと」そのものには、1円の価値もありません。

プロ野球選手は、ヒットが打てなければクビです。
『いや、自分、毎日素振りを200回してます!』と努力をアピールしても、結果が出ていなければ認めてもらえないですよね。

努力は、結果が出なければ誰からも認められません。

なので、「努力することをゴール」にすると、その先に何もなかった時に絶望するので注意です。

2-2.必要なこと = 「努力+改善」です

どの分野でも同じです。

  • 「何かを、毎日やる」 ← これだけでは何も変わらない
  • 「何かを毎日やる」+「やり方を、良いものに変えていく」 ← 結果が出る

上記です。

例えばですが、毎日素振りをするだけで、プロ野球選手になれますかね。不可能です。

毎日素振りをしつつ、フォームを改善しつつ、時にはバッティングセンターで実際にボールを打ちつつ、次は友人に実際に投げてもらいつつ、草野球チームのエースに投げてもらいつつ、、、

上記をしないと、プロ野球選手という「結果」は近づいてきませんよね。

2-3.努力をするのは「当たり前」です

野球ならわかりやすいのですが、これが「ビジネス」とか「勉強」とかになると、イメージできない人が増えます。

例えば副業で稼ぐために、youtube発信をすると決めても、「毎日、ただ撮影」「毎日、ただ投稿」で終わる人が多いです。
それで「努力した」と思うかもですが、結果が出ないので、萎えますよね。

とはいえ、努力をするのは「当たり前」です。
「毎日作業」に加えて、

  • 再生数を伸ばすにはどうするか?
  • チャンネル登録を増やすにはどうするか?
  • youtubeの検索機能を攻略するにはどうすればいいか?

などを考えつつ「改善」をすることで、ようやくスタートラインですからね。

「作業」だけで1日を終える人は、やり方を変えるべき

過去の僕の話をします。

3年ほど前「ブログで稼ぎたい」と思って、毎日必死に作業しました。
当時は消防士だったので、激務に追われ時間が全然足りず、、、
「ブログ作業して、寝る」だけの生活をしていました。

問題なのは、「作業しまくっている」ことで、「努力できている」と勘違いし、改善しようとしなかったことですね。
結論、10ヶ月やって、「0円」で挫折しました。

こんな感じで、「努力」だけでは、意味が無いです。
努力をベースに、その上に「改善」を上乗せできないと、結果はついてこないですね。

なので、「作業」に時間を取られ過ぎて、「改善」する余裕が無い場合は、やり方を変えるべきです。

事実として、消防士を辞め、時間の余裕を作ってから当ブログを再開したところ、90日で収益化に成功しています。

これは「毎日投稿をベース」にし、

  • ライティングの勉強をする(読書メイン)
  • 稼いでいる人のブログを読む
  • ブログコミュニティで情報収集
  • SEO検定の勉強

上記のような「改善につながる行動」ができたからです。

時間だけがかかる、意味のない努力に、とらわれないように注意です。

3.人生の幸福度は「バランス」で決まります【努力だけでは息切れする】

人生の幸福度はバランスで決まります

はなしを「努力する才能」に戻します。

過去の僕も、「努力ができる才能」を持つことが正義だと思っていました。

とはいえ、今ではすこし別の考えでして、下記のとおり。

  • 努力ができても、人生がつまらないなら意味なし
  • ダラダラ生きても、それが幸せならOK
  • 「努力する才能」より「幸せに生きる才能」が大事

上記です。

なので、僕は間を取って、「努力を、エンターテインメントとして楽しむ」ようにしています。

この1年間で、FP資格・農業研修・プログラミング独学・そしてブログなど、色々な「努力」をしてきました。会社に行きつつ、毎日6時間ほど自分のために積み上げています。

知らないことを知ったり、100日経過した後に『おお、だいぶ進んだな』と自分を褒めたりするのって、幸せです。

お金の面で言えば、結果が出ているものも、出ていないものもありますが、「収入は最低限あるし、幸せだし、まあOK」という感じです。

毎日を必死に生きても、結局人間は100歳くらいで死にます。
なので、どうせ努力をするなら、楽しみつつ、結果を期待しすぎず努力すれば良いと思います。

幸せに、努力しよう

『頑張ったのに、ダメだった・・・』とか、『どうせ、自分には無理だよな・・・』とか、自己否定で生きるのはコスパ悪いですよ。

繰り返しですが、どう生きようが、いつか死にますからね。

※ぼくは2年前まで「救急救命士」として現場に出ていました。
なのでハッキリとわかります。どんな生き方をしていようと、人は死にます。

どうせなら幸せに生きつつ、なおかつ「あわよくば・・・」という感じで努力をコソコソと積み上げる人生の方が、トータルで見た時にお得じゃないですかね。

それが「幸せに生きる才能」でして、「努力する才能」よりも価値があるはず。

ということで、この記事を閉じつつ、1時間だけ何かにトライましょう。

『ほえ~、新しいこと知ったわ。幸福度が1上がったな』

上記を100日積み上げれば、「幸福度のカンスト(Lv100)」はあっという間です。

それでは、この記事は以上です。