「時間の有効活用」←コツはたった1つだけです【時間を奪われないこと】

Mind Set

悩める人「時間の有効活用ができるようになりたいです。自分の好きに使える時間が少ないのに、ついついダラダラしてしまう、、、。どうすればいいですか?」

こういった悩みに応えます。

この記事の内容

  • 「自分の時間を奪ってくる人」とは秒速で縁を切るべき
  • 時間は増えません【24時間の正しい使い方】
  • 時間を奪う人 = 「ヒマな人」です【あなたはヒマじゃない】

こんにちは、
TOMO(@Tomo___san_2525)です。

今回は、「時間の有効活用」についてのお話しです。

僕は、FP資格を独学で取るくらい「お金」が好きですが、それ以上に「時間」が好きです。
仮にお金が無くなっても、「時間」さえあればいくらでも復活可能だからです。

下記は、僕の先日のツイートです。

上記のとおりでして、「時間の有効活用」がしたいなら、まずは時間ドロボウから逃げることが1番大切です。

「時間の有効活用」をしたいなら【やるべきことは1つだけ】

時間を有効活用したいなら、やるべきことは1つだけ

ものすごくシンプルです。

結論は、自分の時間を奪ってくる人から逃げることです。

  • やたら飲み会に誘ってくる人
  • 仕事中にどうでもいいことを話しかけてくる人
  • 「皆で一緒に」が口癖の人

例えば上記です。

あなたが『うわ、めんどくさ』とか、『楽しくない、、、』と感じることを強要してくる人は、全員「ドロボウ」です。

「自分の時間を奪ってくる人」とは秒速で縁を切るべき

時間ドロボウはどこの世界にもいます。
そして、ドロボウはふつうに「悪」なので、縁を切ったほうが良いです。

会社で、くだらない話をしてくる人に集中を邪魔されたことって誰にでもありますよね。
他には、頼んでもないのに『飲み行くか?』と聞いてくる上司とか。
あとは、『次の休み、ちょっと買い物付き合ってよ~』と言ってくる上司とか。

これらに奪われる時間は、マジでもったいないですからね。
なぜなら、「全くもって無価値」だからです。

時間を奪われるのが「当たり前」ではダメです

一般的な「時間の有効活用」とは、おそらく下記です。

限られた自分の時間を、どう使うか

上記ですよね。

ただ、僕が思うのは『それだと、時間を奪われることが前提ですよね、ツラくないですか』ってことです。

正しい「時間の有効活用」は、下記だと思います。

  • 自分の時間を、どう守るか
  • 自分の時間を、どう増やすか

上記です。

トータルの時間は増えません【24時間の正しい使い方】

つまり、下記です。

  • 奪われる人 → 他人の時間:22時間 自分の時間:2時間
  • 奪われない人 → 他人の時間:2時間 自分の時間:22時間

例えば上記でして、どちらもトータル24時間ですよね。
スミマセン、当たり前すぎる話です(笑)

そもそも、1日がたった24時間しかないのに、それを誰かのために使っていたら足りなくなるのは当然です。

人に時間を奪われて、自分の時間が2~3時間しかない人が、「有効活用」って無理だと思います。

それなら、自分の時間を奪ってくる人から離れて、20時間くらいたっぷり使えたほうが圧倒的に良いです。

24時間の正しい使い方

24時間全てを、自分のために使う

上記でOKじゃないですかね。

「自分勝手」と思うかもですが、他人の邪魔はしていないですからね。
いっぽう時間ドロボウは、「自分のために、こちらの時間を奪ってくる」ので危険です。

時間を奪う人 = 「ヒマな人」です【あなたはヒマじゃない】

自分の時間を大切にしたい人は、他人の時間を奪うこともしません。

例えば、何の意味もない、ただの報告会議を毎日のように開こうとする上司。
この人はヒマなので、とりあえず会議で「それらしい時間」を過ごしたいだけです。

それに巻き込まれるのって、けっこうムカつきませんかね(笑)
メールで済ませれば「1分」です。

あなたは、暇じゃない

常に「やりたいこと」「やるべきこと」があるはずです。

僕もほんの2年前くらいまでは「完全にヒマな人」だったので分かりますが、、、。
世の中には、「ただ会社へ行き、ただ働き、そしてただ生きる」みたいな人ってけっこう多いですよ。圧倒的なヒマ人です。

僕たちの時間を奪ってくる人は、「やりたいこと」を持たず、テキトーに生きている人です。
そんな人と付き合っていたら、時間が泣きます。

「ヒマな人」ほど、人の時間に土足で入ってくる話

僕の場合、「やりたいこと」が多すぎて、会社でも「自分の時間」を過ごしています。

とはいえ、仕事ゼロだと、すぐリストラなので(笑)。
そこで、自分のやるべき業務を、必ず午前中で全て片付けるようにしています。
そして、残りの時間でこうしてブログを書いたり、資格勉強したりですね。

しかしこういった仕事の仕方をしていると、必ず文句を言ってくる上司がいます。

『お前、ヒマそうだな。俺の仕事を少し分けてやるよ』

上記ですね。

ぶっちゃけ、意味不明です。ヒマなのはどう考えても「上司」ですよ。
なぜなら、「つまらないはずの会社の仕事を、ゆっくりやっているから」です。

会社でゆっくり仕事をする人は全員「ヒマ」です

仕事量は、控えめに言っても僕のほうが上です。
なのに、僕が3時間で終わる仕事を、その上司が溜め込むのは「他にやりたいことが無い」からですよね。

なぜ、自分の仕事をさっさと片付けて、残り時間は好きなことをしていれば給料が出る「会社」という組織に身を置いていながら、「自分の時間」を過ごさずにダラダラするのか全く分からないです。

そして挙句の果てに、

  • 人に仕事を押し付ける
  • 上司なのに、誰でもわかるようなことをいちいち聞いてくる
  • 仕事が早い人に対して「サボるな」と言う

上記ですからね。

結論、こういうヒマな上司からは、嫌われてもいいので縁を切るべきです。

時間を奪われないようにすれば、有効活用できなくてもOKです

時間を奪われなければ、有効活用できなくてもOK

せっかくの休日なのに、ダラダラ過ごしてしまう日ってありますよね。

『資格勉強しなきゃなのに、結局youtube見て終わっちゃった、、、』
『やりたいことあったのに、いつの間にかもう夕方だ』

例えば上記です。

こういう日を過ごすと、やる気が下がります。
貴重な時間を有効活用できない自分に、いら立ちます。

ただ、今後、嫌な上司との飲み会や、面倒な仕事を全て断れるとしたら、どうですかね。

今までは2時間だった自分の時間が、奪われなくなることで4時間とかになりますよね。
そうすれば、浮いた2時間は「何をしてても、上司との飲み会よりは良い時間の使い方」になるはず。

ツマラナイ飲み会で消耗するより、youtubeで時間つぶしたほうが有益ですからね。

成功者は「時間ドロボウ」をこの世で1番嫌う

例えば、「ホリエモン」とかですかね。
LINEで済む用事なのにわざわざ電話してきたり、『一応、確認ですが、、、』という謎の行動とかには、すぐさまブチギレです。自書で熱く語っています(笑)

なぜ怒るのか、シンプルに「時間ドロボウ」だからですよね。

成功する人たちは、お金を持っています。
そして、お金を手に入れるために1番必要なものは「時間」だと強く理解しています。

奪われていく中、限られた時間で頑張るのも大切かもです。
とはいえ、「奪う人から逃げる」という思考だけで、1時間とか2時間くらいなら楽勝で作り出せますので、試してみてほしいです。

オススメできる本です。
この本を読んだ2018年以降、僕は一切、会社の飲み会に出ていません(笑)。

自分の時間を、楽しみましょう。

それでは。今回は以上です。