田舎で幸せに生きるための3STEP【会社員向け/都会よりイージーです】

Country Life

悩める人「田舎に住んでいます。だけど、都会に住むほうが幸せですよね?田舎に生まれたことを後悔してます。田舎で幸せに生きている人の話が聞きたいです」

こういった悩みを解消します。

この記事の内容

  • 田舎で幸せに生きるための3STEP【人生をヌルゲーにしよう】
  • 【結論】田舎は人生の難易度が低いです【幸せになれる】
  • たまに、都会に遊びに行けばOKです

こんにちは
TOMO(@Tomo___san_2525)です。

3歳から10歳までは海外(香港と台湾)で暮らし、大学4年間は東京で暮らし、現在は生まれ育った長野県にて暮らしています。

結論、どう考えても田舎が1番幸せですよ。間違いないです。

たしかに、都会に憧れる気持ちは分かります。
おしゃれなビル街で、バリバリ働き、遊びたいですよね。
しかし、人生を幸せにしたいなら、田舎のほうが圧倒的にイージーです。

この記事を読めば、田舎で幸せに生きるための3STEPを知ることができます。
そして、それらは今日から誰にでも実践可能。

田舎で幸せに生きたい人は、ぜひお付き合いくださいませ。

田舎で幸せに生きるための3STEP【人生をヌルゲーにしよう】

田舎で幸せに生きるための3STEP

下記のとおりです。

  • STEP①|会社でサボりつつ給料をもらう
  • STEP②|毎日、勉強する【市場価値を高めよう】
  • STEP③|「やりたくないこと」を減らしていく

上記です。

『なんで、そんなことで幸せになれるの?』と思う人がいるかもですが、、、。
田舎なら、これだけで100%幸せになれますよ。

僕は、四方を山に囲まれたド田舎で生きています。

会社では仕事をサボりつつ、PCでブログを書いたり、kindleで読書してます。
定時で帰りつつ、毎日プログラミングとSEOの勉強をしています。
そして、会社の飲み会や、地域の行事などには、基本的に参加しません。

結果、これだけで最強に幸せになれます。

すべてを真似しろ、とは言いませんが、100%人生がイージーになります。
参考になれば幸いです。

それでは順番に、深掘りしていきます。

補足:僕が思う「幸せ」の条件とは

  • お金に困らないこと
  • 努力が報われること
  • 好きなことをして生きること

上記です。

結局、お金に余裕があって、頑張った分だけ良いことがあって、そしてストレスが少なければ幸せですよね。

そのために、この記事の3STEPを実践してみてください。

STEP①|会社でサボりつつ給料をもらう

これ、キホンです(笑)。

会社で一生懸命働くのって、キツイですよね。
なので給料をもらいつつ、サボりましょう。

例えば、仕事をわざとゆっくりやるとか、有給を使い切るとか、自費研修を断る、とか。
会社のために消耗すると、幸せになれないのでNGです。
手を抜きつつ、給料だけゲットすればOKです。

田舎なら、月10万あれば生きれる

今、月10万をもらえていない会社員の人って、ほとんどいないはず。
ぶっちゃけコンビニバイトでもそのくらいは稼げますからね。

いっぽう都会だと、家賃も高いし、誘惑は多いし、、、。
月10万だと、たぶん幸せに生きていけないですよ。
すごい節約しつつ、我慢しながらなんとか生きる、みたいな感じ。

田舎なら、月10万あれば普通に贅沢できますからね。
この時点で、田舎のほうがお金には困りにくい。つまり、幸せになりやすいと言えます。

例として僕の場合、住宅ローンが月5万円。
生活費が月3万円だとしても、合計8万円で生きれます。
さらにアパートとかに住めば、家賃は月2万円とかですからね。

会社で頑張っても、あまり幸せになれない【他のことをすべき】

田舎で頑張って出世しても、ぶっちゃけ大して給料って上がらないですよね。
その反面、責任とか仕事量とかは、都会の会社と同じくらい増えていくので、、、。

サボりつつ、最低限のお金をもらうほうが絶対に幸せになれますよ。

中には「会社に命をささげる」みたいな人もいますが、、、。
そういう人で幸せそうな人を見たことがありません。

ぶっちゃけ会社なんてものは、生活費を稼ぐためだけに存在しているので、そこでいくら努力しても幸福度は上がらないからです。

例えば『これから毎月、今の給料と同じ金額をあげるから、会社に来ないでください』って言われたら嬉しいですよね(笑)。
ということは、あなたがその会社で働く理由は、お金だけってことです。

とはいえ田舎なら、お金はそこまで要りません。
会社で消耗して他のことができなくなるくらいなら、サボりましょう。

そしてサボりつつ、STEP2へ進みましょう。

STEP②|毎日、勉強する【希少価値を高めよう】

大切なことは下記です。

  • 会社の仕事をサボる → OK
  • 「人生」をサボる → NG

上記です。

人生をサボると、何の価値もない人になります。
価値のない人は収入が上がらないし、自己肯定感も高まらないので、幸せになれません。

なので会社をサボって生み出した時間で、何か勉強しましょう。

例えば僕の場合、このブログを毎日書き、プログラミングを勉強し、FP資格やSEO検定に挑戦しています。もう少ししたら、youtubeにてゲーム配信もやっていく予定です。
これらは全て、僕が「やりたいとおもったこと」です。

田舎の会社に全ての力を注ぐと、「やりたいこと」に使う時間がほとんど残りません。
しかも、給料はそこまで増えないとか、、、不幸まっしぐらじゃないですかね。

都会の会社なら、もしかすると会社で出世すれば、年収1000万とかも狙えるかもです。
しかし、田舎と都会は違います。

田舎の場合、会社にコミットするより「他の努力」にコミットしたほうが、幸せになれます。

田舎は努力の「コスパ」がいい【お得です】

理由は、下記のとおり。

  • ライバルが少ない
  • 毎日勉強している人が少ない
  • レベルが低い

上記です。

田舎では、少し努力しただけで、周りよりも上に行けます。
それは、「希少価値」が高めやすいからです。

例えば、僕はSEOの勉強を独学でしつつプログラミングを学び、カンタンなWeb制作ができるようになりました。
ぶっちゃけ都会ではこんな人「どこにでもいる」のですが、田舎だと「Webサイトが作れて、しかもSEO対策もできる珍しい人」という評価を受けることができます。

その結果、先日に個人事業主のWebサイト管理を任せてもらうことができました。
これだけで月3万円ですからね。おいしすぎます(笑)。

都会では、努力してもなかなか成果につながりにくいです。
いっぽう田舎では、少し努力しただけで「特別な存在」になれます。

会社の仕事にコミットするより、何か好きなことを勉強したほうが、コスパが良いですよ。

なお、ここについては»【断言】田舎暮らしにはメリットしかないです【人生がイージー化する】の記事でも詳しく解説しています。

STEP③「やりたくないこと」を減らしていく

「好きなこと」を毎日勉強するためには、時間が必要です。
時間を手に入れるためには、何かを捨てないといけませんよね。

なので、田舎で生きていて「やりたくねえな」と感じることは、減らすべき。

結論、「やりたくないこと」をやらないようにすれば、自然と幸せになれます。
そして、田舎では「やりたくないこと」をすべて排除しても、余裕で生きていけます。

例えば、下記です。

  • 行きたくもない飲み会
  • 古い体質のままの地元の伝統行事
  • 謎に早起きさせられる「道ぶしん」

上記です。
控えめに言っても「くそつまらん」と思います。
楽しんでるのは年寄りだけ、みたいな感じですよね。

徐々に、こういった「やりたくないこと」を排除することをオススメします。

方法はシンプルで、『行きません』というだけ。
そうすればまた時間が生まれるので、やりたいことを勉強すればOKです。

»飲み会の断り方は「行きません」の一言でOKです【嘘や理由は不要】の記事を参考に、「NO」と言える人生をどうぞ。

よくある質問:『田舎の狭いコミュニティで嫌われたら、、、?』

田舎あるあるですね。
とはいえ、ご近所さんに嫌われたところで、何か不都合がありますかね。

僕は、面倒な地区の行事には出ません。
その結果、集落のボスみたいなおじいさんに『そんなんじゃ、何かあっても助けてやらんぞ』と言われつつ生きています(笑)。

しかし、助けてもらう必要なんて一切ないですよね。
むしろ病気とか怪我のリスクを考えれば、助けるのは僕の方です(笑)。

ご近所づきあいなんて、せいぜい収穫した野菜をおすそ分けしたり、だらだらお酒を飲んだり、運動会で盛り上がったりするだけじゃないですか。

こんなのなくても、余裕で幸せですからね。
収入は充分にあるし、食べ物は通販でいくらでも買えるし、お酒は友達や家族と飲めばいいです。

「やりたくないこと」に時間を取られるのは、やめましょう。
「やりたいこと」だけをやって、田舎で幸せになればOKです。

ここについては、無駄な出費を減らすには、まず人間関係を見直すべき【断捨離しよう】の記事も参考になるはずです。
嫌われても、幸せならOKですよね。

【結論】田舎は人生の難易度が低いです【みんな幸せになれる】

田舎は人生の難易度が低いです【幸せになれる】

下記のとおり。

  • お金がかからない
  • なのに、少し努力すれば自分の力で稼げる
  • イヤなことから逃げても、生きていける

上記です。
明らかにコスパが良いですよね。

日本の田舎に生まれた時点でラッキーです

東京に生まれた人って、その時点で「競争に巻き込まれる」じゃないですか。

ゆとりある暮らしをするためには必死に働かないといけないし、人が多いのでストレスも多い。
「イヤなこと」から逃げて嫌われると、SNSとかでボコボコにされる、など、、、。

田舎に生まれた時点で、そういう悩みから解放されてますからね。
ぶっちゃけ、すでに幸せです。

  • 田舎の会社員 → 幸せになりやすい
  • 都会の会社員 → 幸せになりにくい

完全に上記だと思います。
どうせ同じ会社員をやるなら、イージーゲームな田舎を選ぶべき。

 

感謝しつつ、努力しよう

田舎で幸せに生きるための3STEPをおさらいします

  • 会社をサボりつつ、最低限の給料をゲット
  • 「やりたくないこと」を排除していく
  • 空いた時間で、努力する

上記です。
重要なのは、「ただサボるだけじゃなく、別の分野で正しく努力する」ということです。

たしかに、田舎でシンプルに堕落した生活をするのも、もしかしたら幸せかもです。
とはいえ、100%飽きますからね。

イヤなことは全て捨てつつ、自分のやりたいことにコミットしたほうが、トータルで人生が豊かになります。

少しずつでいいです。
自分の希少価値を高めるため、努力しましょう。

田舎なら少し努力するだけで貴重な人材になれるので、イージーです。

 

たまに、都会に遊びに行けばOKです

最後に。
田舎で暮らす人の多くが、都会に憧れているはず。

  • 『都会で遊べばストレスも発散できるのに、、、』
  • 『都会みたいに娯楽が多ければ、もっと楽しいのに、、、』
  • 『都会に住む人はいいな~。だって、毎日楽しそうじゃん』

例えば上記です。

しかし、都会に行ったからって毎日遊べるわけじゃないと思います。

都会はシンプルに生活費が高いので、遊ぶほどのお金が残らないサラリーマンのほうが多いはず。

遊ぶためにはお金がいる → 稼ぐために一生懸命働く → 疲れて遊びにいく気力を失う

上記だったら、何の意味もないですからね。

同じ会社員をやるなら、100%田舎で生きるほうが幸せですよ。
田舎で幸せに生きつつ、やりたいことをやりましょう。

この記事は以上です。