【結論】公務員は安定とは程遠いです【理由は3つある/安定する方法】

Civil servants

悩める人「公務員を辞めたい・・・でも安定捨てるのがもったいない。どうすればいいか、誰かに背中を押してほしいな。」

上記の悩みを解決します。

この記事の内容

  • 公務員が安定とは言えない理由3つ【時代は変わりました】
  • 本当の安定を手に入れるための方法
  • 公務員も、自己投資すべき【周りはみんなしています】

この記事を書いている僕は、2018年まで消防士として働く地方公務員でした。

現在は退職して小さな民間企業で働いています。
公務員を辞めてからの方が、圧倒的に安定した人生です。

結論、公務員=安定は、今の時代ではもう通用しません。
とはいえ、『じゃあどうすれば安定するの?』という疑問も多いですよね。

この記事(約4分で読めます)を読めば、公務員が安定しない理由が分かると同時に、安定を手に入れるために必要な行動が分かり、実践できるようになります。

公務員を目指そうか迷っている人や、公務員を辞めたいと悩んでいる人には、是非最後まで読んでいただきたいです。
人生変わるかもです(笑)。

更新情報(2020年6月19日)

記事の内容を一部変更しました。

1.公務員が安定とは言えない理由3つ【時代は変わりました】

公務員が安定とは言えない理由3つ

下記のとおりです。

  • 人材としての価値が低いから
  • 給料カット+リストラ解禁が来るから
  • 公務員を辞めたら何も残らないから

上記です。

少し昔の話をすると、公務員が超絶人気な時代がありました。

景気が悪く、民間企業に入っても給料が低いし、コストカットのために首を切られるリスクがあったからです。

とはいえ、今は違います。

  • 会社に頼るより、自分で稼ぐ
  • 景気の波に関係なく、自分で稼ぐ
  • 1つの会社にずっと勤め続ける必要は無い

上記が当たり前の時代ですよね。
「会社や組織」ではなく、「個人」の時代です。

公務員は時代に取り残される

ますます「個人」にスポットが当たるようになると、公務員はより一層、安定しなくなります。

時代の流れに、完全に置いていかれているからです。

1-1.理由①|人材としての価値が低いから【結論です】

いま、公務員を辞めたら生きていけない人って多いですよね。

  • 転職活動でアピールできるものがない
  • 他業種で使えるスキルが何もない

上記だからです。

ぶっちゃけ、公務員として一生懸命働いても、社会的には「雑魚」というのが現実でして、公務員を欲しがる企業はほとんど存在しませんからね。

詳しくは»【悲報】公務員から民間への転職は「かなり厳しい」ですの記事をどうぞ。

世の中の人は「多動」しています

3人に1人が副業している時代ですからね。

例えば、ふつうの事務職として会社に勤めている人でも、プログラミングを独学して副業したり、資格を取っていたり、あとはyoutube活動を始めたり、、、です。

上記のような「多動」は、個人で稼ぐ時代にはぴったりの行動です。
仮に今の会社を辞めても、食べていけるように準備しているわけです。

とはいえ、公務員は原則、副業禁止ですからね。
定時で帰宅、夜はゲーム、そして休日はどこかへ遊びに行く、、、みたいな人がほとんどです。

それだと、社会に必要とされなくなるのは当然ですよね。

1-2.理由②|公務員のリストラ導入or給料大幅カットが必ず来るから

ぶっちゃけ公務員って、「出勤さえしてれば給料が出る」じゃないですか。

この記事を読んでいる公務員の人は、皆さんある程度仕事ができるはず。
とはいえ、中には「完全なる無能」が1人や2人いますよね。
そして、「無能」でもふつうに給料がもらえているはずです。

とはいえいつまでも「ラクしてお金がもらえる」という状況は続かないかもです。
なぜなら、「世間がそれを許さない」から。

例えば、2020年には新型コロナウイルスの影響で、経済が一気に停滞しました。
中小企業の多くが倒産し、個人事業主として頑張るひとたちも、店じまいを余儀なくされたり、、、。
そんな中、「公務員」だけは完全にどこ吹く風でしたよね。

国民の税金で食べている公務員が、国民よりも「圧倒的にラク」をしているのが現状です。

そろそろ公務員に「ツケ」が来ます

具体的には、下記のとおり。

  • 景気が悪くなれば、公務員の給料もカット
  • 無能な公務員は、切られる
  • 「税金の有効活用」を理由に、人員削減・給料カット

例えば上記です。

とはいえ、これは「民間では当たり前のこと」でして、未だに上記を満たしていない組織は公務員だけです。

さすがに、そろそろ公務員の「イージー」さに、不平等性を感じ始めている人も多いです。

1-3.理由③|公務員を辞めたら何も残らないから【人生終了します】

ここまでをおさらいします。

  • 公務員の仕事では、社会的に価値のあるスキルは身に付かない
  • 副業禁止なので、他にお金を稼ぐ手段もない
  • だけど、「イージー」すぎて民間から嫌われる
  • 給料カットや、リストラの解禁も大いにあり得る

上記です。
これ、さすがに「安定」とは言えなくないですかね。

公務員はクビになったら人生終了です【行き場が無い】

たとえ公務員としては優秀でも、一歩外の世界に出たらオワコンです。

下記です。

  • スキルが無い=社会的に価値が無い=雇われない
  • スキルが無い=稼ぐ手段が無い=お金がない

上記のとおり。

たしかに「今は公務員のリストラは無い」ですが、いつまで続くか分からないですよ。

他にも、「リストラは無いけど、給料は絶望的に低水準」とか。
こちらは、ぶっちゃけほぼ100%きます。
事実として、公務員の退職金って、今20代の人が受給するころにはもうゼロに等しいですからね。

誰でもできるデスクワークをしつつ、他になにもスキルを身につけない仕事に、40年も人生を預けるのは、、、さすがに「無謀」です。

周りがどんどんスキルを磨いているのに、公務員だけはずっと同じレベルのままです。

2.本当の安定を手に入れるための方法

本当の安定を手に入れるための方法

シンプルに、下記です。

自分の価値を高めること

上記のとおり。

具体的には、「稼げるスキル」を身に付けることでして、下記のとおり。

  • 資格を取る
  • FX
  • プログラミング
  • ライティング
  • 発信力
  • 動画編集

例えば上記です。
これらは、公務員をしながらでも可能ですよね。

2-1.公務員を今すぐ辞める必要は無い【バックアップを持つことが大切】

別に、公務員が好きなら続ければいいと思います。
好きでなくても、とりあえず今のところは、収入減を手放す必要なしですね。

とはいえ、公務員という1つの「収入源」だけに完全に背中を預けるのは、危険すぎますからね。

下記です。

  • ただの公務員
  • ただの公務員+もし公務員を辞めたとしたら、資格を活かして転職できる

上記だったら、どちらが「安定」してるかは一目瞭然ですね。

2-2.人生の安定とは「選択肢の多さ」です

公務員の1番のデメリットは、下記です。

公務員以外で働くことができない人材になってしまうこと

上記です。

そしてその結果、行き着くのは下記です。

「どんなにツラくても、苦しくても、我慢して公務員であり続ける人生」

生きていくためには、お金が必要ですからね。
とはいえ、100年ある人生のうち、半分ほど「我慢」とか、絶望的です。

選択肢が増えれば、公務員でいる「必要性」がなくなる

キレイごとを抜きにして言ってしまえば、下記です。

  • やりがいがあっても、給料が「0円」なら意味なし
  • 会社や組織は、「生活費のため」だけに存在する
  • 組織がつぶれても、自分が食べていければ別に気にならない

上記です。

しかし、スキルが無い人は、公務員であり続けるしか「生活費を稼ぐ手段が無い」状態なので、安定しません。

例えば、公務員の「うつ病」が増えていますよね。
これって、「選択肢」がないからです。
つまり、『公務員の仕事とか、上司のパワハラとかツラいけど、、、稼ぐために我慢するしかない』という思考でして、そのストレスが積み重なったことでうつ病になります。

スキルを磨けば、人生の難易度が下がります。我慢する必要が無くなるからですね。

2-3.『来年、公務員を解散する』と言われても、何もしませんか?

さすがに、『やばい、次の職場を見つけないと!』となりますよね。

民間では、すでにこれが普通です。
たとえ勤め先の会社がつぶれても、自分の人生は終わらないので。
常に「稼ぎ続けるためのバックアップ」を作り続けている感じです。

公務員だって同じです。
今すぐ辞める必要は無くて「続ける価値が無くなったら」やめる、という思考でOK。

そのために、スキルのバックアップを取っておきましょう。

よくある質問:『どんなスキルを磨くべきか?』

下記です。

  • 興味のあること
  • 面白そうなこと
  • 知りたいこと

上記でOK。
どんなジャンルであれ、仕事にできる時代だからです。

例えば僕の場合、下記です。

  • FP資格
  • ライティング
  • プログラミング
  • ブログ
  • Webマーケティング(SEO)

磨いているスキルはざっと上記ですね。全て、「何となく面白そう」だから始めました。

資格は、入り口としては最高です

資格は分かりやすく、そのまま武器になります。
興味ある資格で良いですので取りましょう。

特におすすめの資格

  • FP(ファイナンシャルプランナー)
  • 税理士
  • 社労士
  • 宅建士
  • 中小企業診断士

このあたりは、仕事を取ることに直結できる資格なので特におすすめです。

資格勉強は独学でもいいですし、早く社会的価値を高めたいならオンラインセミナーや通信教育などを使うのが良いです。有名どころであればオンスク.JPユーキャンですかね。月額受け放題プランを選ぶと、色々お試し受講しつつ、気に入ったものを選んで本格的に取り組めるのでおすすめです。

3.公務員も、自己投資すべき【周りはみんなしています】

公務員も自己投資すべき

公務員は、見かけの安定に甘えて、自分のスキルを高めるための自己投資をしていない人が多すぎます。

何度も言いますが、「スキル」が無い人は、今後どんどん人生がハードになるはず。
恐らく、すでに『分かっているけど、見て見ぬふりしてる』という人が多いと思います。

民間の人たちは、多くの人が何かしらに「課金」しており、バックアップを取っています。

公務員だけ、努力しなくていい、なんてことはあり得ないですよね。
『これまで、何もしてこなかったなあ、、、』という人は、自己投資しましょう。

おすすめの自己投資

ぶっちゃけ、何でもいいですよ(笑)
公務員としての人生に疑問を抱いているなら、とにかく行動を始めるべきです。

我慢して公務員を続けていても、安定していないのでいいことないですからね。

人生の難易度が下がるたった一つの思考

目指すべき思考は、下記です。

『俺には〇〇の資格と、●●のスキルがある。いつでも公務員なんざ辞められるぜ』

上記の状態になると、人生が圧倒的にイージー化するので、おすすめです。

それでは、今回は以上です。