Civil servantsに関する記事一覧


Business Civil servants

公務員と民間の1番の違いは「利益を追求するか、しないか」でして、この違いによって仕事の仕方や内容も明らかに違ってきます。結論、人生を後悔なく生きるなら「民間」を選ぶべき。公務員と民間をどちらも経験した僕が、理由を解説します。

Civil servants

公務員のメリットは、大きく分けて3つあります。公務員は、民間企業には無い「安定」がメリットと言えるのですが、その分デメリットも多いです。そのため、公務員になっても後悔しないために、「公務員が向いている人の特徴」を押さえ、当てはまるか確認することが大切です。

Civil servants

「公務員から民間企業へ転職がしたい。でも、収入は下げたくないし、仕事にやりがいも欲しい。」←こんな悩みにお応えします。厳しいかもですが、公務員から民間への転職はかなり厳しめ。理由は簡単で、雇いたいと思ってくれる企業が圧倒的に少ないからです。※解決策アリ。

Civil servants

公務員を辞めたいけど、その先が不安でなかなか踏み出せない方へ。結論ですが、公務員はさっさと退職してしまってOKです。経験上、家族やローンがあっても、余裕で生きていけますので。公務員を辞めるべき理由と、辞めるための行動について説明していきます。

Civil servants

元公務員の僕が、公務員は安定していない理由3つを説明します。昔は、公務員の「安定」が現実的でしたが、今は違います。世の中の流れを見た時に、『僕は公務員だから、何も考えずに生きていけばOK』という思考だと、100%人生詰みますよ。警鐘を鳴らします。