ブログで3000文字以上の記事を毎日書くための手順【読者ファーストです】

Blog

 

ブログで1記事3000文字とか、、、無理です。どうしても1000文字くらいで終わってしまう。どうすれば文字数を増やせるか、方法を教えてください。

 

こういった悩みにお応えします。

✅この記事の内容


  • ブログで3000文字以上の記事を書く手順【分解して考えよう】
  • 文字数は「本質」ではないです【結果より方法が大切】
  • ブログで大切なことは「足す」より「削る」です

この記事を書いている僕は、2020年3月からブログを毎日書いています。

正直、文字数についてはまったく気にしていなかったのですが、、、。
これまで投稿した95記事全てが、3000文字以上でした。

 

この記事を読めば、3000文字以上のブログ記事が余裕で書けるようになります。

具体的な方法論をまとめたので、参考にしてくださいませ。

※注意:ブログ記事の文字数は「3000文字以上じゃないとダメ」というわけではないです。
目指すべきは内容が充実しており、読者が記事に満足するブログでして、良い記事を書くための「仕組み」を使うと、自然と3000文字くらいのボリュームになる、というのが事実です。

 

✅ブログで3000文字以上の記事を書く手順【分解して考えよう】

ブログで3000文字以上の記事を書く手順

下記のとおりです。

 

上記の手順は「ブログ記事を読んだ人が満足する」ことを目的としており、その結果としてだいたい3000文字以上のボリュームになります。

 

☑【手順①】ブログの「構造」を正しく把握しよう

僕のブログを例にします。

ブログ記事には、一定の「構造」がありまして、下記のとおり。


  • 【導入文】
    • 読者の悩み(フキダシ)
    • 記事の質の担保(この記事を書いている僕は・・・)
    • この記事を読むとどうなるか
  • 【本文】
    • 大見出し①
        ・・・文章・・・
      • 小見出し1
          ・・・文章・・・
      • 小見出し2
          ・・・文章・・・
      • 小見出し3
          ・・・文章・・・

 

上記です、ほとんどのブロガーが、導入文 → 本文の流れで記事執筆しています。

 

✓ふつうの構造で記事を書くと、約1000文字で終わります

先ほどの「構造」に、一般的な文字数を当てはめてみます


  • 【導入文】トータル300文字
    • 読者の悩み(フキダシ) ←100文字
    • 記事の質の担保(この記事を書いている僕は・・・) ←100文字
    • この記事を読むとどうなるか ←100文字
  • 【本文】 トータル800文字
    • 大見出し①
        ・・・文章・・・ ←200文字
      • 小見出し1
          ・・・文章・・・ ←200文字
      • 小見出し2
          ・・・文章・・・ ←200文字
      • 小見出し3
          ・・・文章・・・ ←200文字

 

こんな感じで、よくある導入文~本文のブログ記事だと、1000~1200文字ですね。

※少し心配な方もいるかもですが、見出しごとに200文字というのはぶっちゃけ「楽勝」です。後述する「PREP法」というライティング手法を使えば、問題なくクリアできますので。

 

とはいえ、これでは3000文字に遠く及ばないので、テコ入れが必要です。
結論、見出しごとの文章を増やすのは難しいので、「見出し」を増やせばOKです。

 

✓ブログの文字数は「見出しの数」で決まる【文章ではない】

下記です。


  • 【本文】
    • 大見出し①
      • 小見出し1
      • 小見出し2
      • 小見出し3
    • 大見出し②
      • 小見出し1
      • 小見出し2
      • 小見出し3
    • 大見出し③
      • 小見出し1
      • 小見出し2
      • 小見出し3

 

上記のとおり。
これで、各見出し200文字書けば200×12=2400文字です。
250文字書くと、、、ジャスト3000文字ですね。

『文字数が足りない、、、』と悩む方のほとんどが、このような「構造づくり」をしっかりとせずに、イチから文章を書いています。

【超簡単】ブログの文章構成はたったの3STEP【本文はオマケです】の記事でも紹介したとおり、読者に満足してもらえる記事を書くためには「正しい文章構成」が必須。

良い記事は自然と、文字数が増えるようになっているんです。

 

【手順②】読者の思考の「先」を読む

ここで、よくある質問が下記です。


  • 『見出しを増やせばいいのは分かるけど、増やし方が分かりません』
  • 『何を書けばいいか分からないから、見出しが増やせない』

 

上記です。
そこで大切なのが、「読者の思考の先を読む」ことです。

 

✓「先」を読むと、見出しが増やせます

例えば、下記のとおりです。


  • 大見出し①:【記事の1番の結論】←読者が1番知りたいこと
    • 小見出し1:理由
    • 小見出し2:具体例
    • 小見出し3:その見出しのまとめ
  • 大見出し②:【記事の2番目の結論】←読者が「次に」知りたいこと
    • 小見出し1:理由
    • 小見出し2:具体例
    • 小見出し3:その見出しのまとめ

 

上記です。イメージ湧きますかね。

1つ目の大見出しでは、読者に対してその記事で「1番伝えたいこと」を書きますよね。
ここで終わってしまうと、ボリュームが薄い記事になってしまいます。

そこで、「1番伝えたいこと」を知った読者が「次に知りたいこと」について、2つ目の大見出しを作ればいいわけです。

 

✓過去の僕の記事を例にします


    • タイトル:ブログ0pvを抜け出す方法

  • 大見出し①:ブログ0pvを抜け出す方法3つ
    • 小見出し1:記事数を増やす
    • 小見出し2:SNSで記事をPRする
    • 小見出し3:検索キーワードを設定する
  • 大見出し②:ブログのpvを継続的に増やすには
    • 小見出し1:毎日投稿は「最短ルート」です
    • 小見出し2:試行錯誤は100記事越えてからでOK
    • 小見出し3:意識すべきは「読者の悩みを解決する」ことです

 

上記のとおりです。

見出し①では、「ブログが0pvでツラいので、抜け出す方法が知りたい」という悩みに応えています。
続いて見出し②では、「ブログ0pvを抜け出す方法は分かった。それじゃあ、以降も継続してpvを増やしていく方法は?」という悩みに応えています。

 

ブログは「洋服屋さんの接客業」と同じでして、

『お客様にはこちらのシャツがオススメです』 → 『このシャツには、こちらのネクタイがぴったりです』 → 『ネクタイピンはお持ちですか?いいのあります』

 

上記を意識した構成をすると、自然とボリュームのある記事が書けますよ。

大切なことは、「読者の悩みを全て解決する構成」でして、詳しく解説しているのは下記の2記事です。

≫【超簡単】ブログの文章構成はたったの3STEP【本文はオマケです】

≫【簡単】ブログのペルソナを正しく設定する手順3つ【誰でも可能】

 

【手順③】全ての文章を「PREP法」で書く

とにかく、PREP法を尋常じゃないくらい意識しましょう(笑)


  • 結論(Point)
  • 理由(Reason)
  • 具体例(Example)
  • 結論(Point)

 

上記です。

PREP法に限らず、Webライティングには様々な「型」があります。
「型」を使う最大のメリットは、無駄な文章を書かなくて済むこと。

 

文字数を稼ぐために、不要に長ったらしい文章を書く人がいますが、SEO的には逆効果ですよ。

 

✓ここまでで2000文字です【次に何を知りたいですか?】

これで、この記事の「大見出し①」が終了です。
続いて、「大見出し②」を書けば、3000文字は余裕ですね。

この記事では、

『なるほど、3000文字書くための方法は分かった。じゃあ、この方法を使って1万文字とか2万文字とか書けば、最強になれるってこと?』

 

という疑問を解決しようと思います。

 

✅文字数は「本質」ではないです【結果より方法が大切】

文字数は「本質」ではないです

下記です。


  • 〇:『2500文字しかないけど、読者の悩みを全て解決する記事ができた』
  • ×:『8000文字書いた!っしゃー!』

 

上記でして、文字数というのはあくまで「結果」なので、そこを追いかけても意味なしです。

 

☑今は、「ただ長いだけの記事」は上位に行かない

なお、2017年くらいまでは、「長文SEO時代」でした。

1万文字とか2万文字とか、とにかくボリュームの多い記事をGoogleが好んでいた時代でして、記事の文字数が記事の質とイコールだと判断されていたということです。

 

とはいえ、1万文字の中には「読者が求めていない情報」も多く含まれており、結果的にGoogleのアップデートにより長文SEOの効果はどんどん下がっています。

現在は、最低限の文字数で、クリティカルに読者の悩みを全て解決する記事が、Google検索で上位に行くようになっています。

 

☑増やしてもOKな「見出し」の条件

下記の2つを満たすことです。


  • 読者が求めていること
  • 記事タイトルと関連性があること

 

上記です。

例えば、間違った例が下記です。


  • タイトル:ブログのおすすめASP3選
    • 大見出し①:ブログASPはこの3つで決まり!
      • 小見出し:●●アフィリエイト
      • 小見出し:△△net
      • 小見出し:■■ASP
    • 大見出し②:アフィリエイトで100万稼ぐ方法
      • 小見出し
      • 小見出し
      • 小見出し

 

上記でして、これはNG。
なぜなら、読者は「ASPのおすすめを知りたい」のに、関係ない見出しを書いてしまっているから。

この場合は、別記事に書けばOKです。

ブログの基本は、「1つのキーワードに対し、1つの結論」でして、見出しもそれに沿うように作る必要があります。
キーワード選定の方法については、≫【無料】ブログのキーワード選定の手順は2つだけ【初心者向け/楽勝です】の記事で詳しく解説しています。

どうやっても「見出し」が足せないなら、その記事はそこで完成している可能性があります。
もしくは、「そもそものキーワード選定が間違っている」とかですね。

 

☑ブログで大切なことは「足す」より「削る」です

僕も、けっこう文章を書くのが好きです。

とはいえ、「書くのが好きな人」ほど、余計なことを書きがちですね。


  • 5000文字の「自分語り」
  • 2000文字の「役立つ情報」

 

例えば上記なら、圧倒的に2000文字の記事のほうが上位に行きます。

文字数は、正しくブログ記事を書けば自然とそれなりのボリュームになります。

無駄を省きつつ、「読者ファースト」で記事を書き続けましょう。

 

これでは、この記事は以上です。
(↑ここまでで3800文字でした(笑))