雑記ブログで自己啓発系の記事を書く3つの方法【無限に書けます】

Blog

悩める人「雑記ブログを運営しています。ネタに困っているので、自己啓発のジャンルで記事が書きたい。方法を教えてほしいです。」

こういった悩みにお応えします。

この記事の内容

  • 雑記ブログで自己啓発系の記事を書く3つの方法
  • 雑記ブログの強み【何でも自己啓発系にできることです】
  • 思考は、誰しも違う話【価値ゼロの記事は生まれない】

こんにちは、
TOMO(@Tomo___san_2525)です。

ブログの毎日投稿を開始して、3ヶ月以上が経ちました。

僕のブログでは「自己啓発系の記事」が大多数でして、自分の思考を整理しつつ、楽しく記事を書くことができています。

この記事では、「雑記ブログにて自己啓発系の記事を書く方法」についてまとめました。

この方法を使えば、無限に記事が書け、なおかつユーザーにあなたの思考を届けることができます。

そして、今後個人ブログで価値を提供するためには、少なからず「自己啓発」の分野に勝機があると考えており、その理由についてもまとめてみました。

ぜひ、参考にしてくださいませ。

雑記ブログで自己啓発系の記事を書く3つの方法【無限に書けます】

雑記ブログで自己啓発系の記事を書く3つの方法

下記の3つを実践してみましょう。

  1. 会社の同僚や上司1人1人に向けて書く
  2. 過去の自分に向けて書く
  3. 本を読み、自分の言葉にして書く

上記です。
これだけで、恐らく300記事くらいはノンストップで書けますよ。

自己啓発の分野は幅が広いので、「ネタがない、、、」と悩む必要はなしです。

上記の3つを実践しつつ、記事を書いてみて下さい。

エラそうに語ってOK

結論として僕は、「自己啓発 = 誰かの心を軽くすること」だと思っています。

人類、誰でも「コンプレックス」とか「悩んでいること」ってあるはず。
『人の目を見て会話できない』とか、『朝起きれない』とか、、、無限ですよね。
これについて、あなたなりの「解決策」を提示すればOKです。

あなたが「誰か」より優れた人間である必要は無くて、少しエラそうに、上の目線から書くだけです。

『まだ、そんなことで悩んでんの?僕はこう考えてるから、全然大丈夫だよ』

上記の思考で、自己啓発ジャンルを攻めていきましょう。

それでは3つの方法について、詳しく見ていきます。

方法①|会社の同僚や上司1人1人に向けて書く

一緒に仕事をしたり、たまに雑談をしたりすると「その人が、どんな人か」って大体見えてきますよね。

少しエラそうですが、『この人の弱点は〇〇だから、記事で救ってあげよう』という感じで記事を書けばOKです。

例えば、下記のとおり。

  • 仕事が遅いAさん → 「仕事なんてオマケだから、完璧を求めなくてOKです」
  • 上司におびえまくりのBさん → 「上司なんて怖くない。もともと、他人だから」
  • 何もやる気がないCくん → 「前向きに努力したほうが、人生は楽しくなるよ」

上記です。

会社がヘボいと、雑記ブログでは有利です

なぜなら、「弱み」を見せる社員が増えるため、ネタが無限に湧き出てくるからです。

  • 上司のパワハラがツラい
  • 給料安すぎ
  • 無意味な仕事多すぎ
  • やりがいがない

例えば上記ですよね。
こういった「ヘボい会社」にいると、社員はどんどん愚痴をこぼすので、それを拾ってあげればOKです。

給料の安さにイライラしている同僚には、「給料の不満を言うくらいなら、稼げるスキルを身に付けよう」の記事が書けます。
やりがいがないと愚痴をこぼす上司には、「会社の仕事なんてほぼ100%やりがいゼロ。テキトーにやって私生活を充実させた方が幸せだよ」という記事が書けますね。

こんな感じで、悩める会社員は世の中にごまんといます。

あなたの見える範囲にも、悩んでいる社員がたくさんいるはずなので、まずは彼らを救ってあげましょう。

サンプル記事【飲み会を断れず消耗している部下へ書いた記事です】

 

 

方法②|過去の自分に向けて書く

過去の自分の悩みって、だいたい「答え」が出てたりしますからね。

例として、僕の場合。

  • 過去の僕『公務員とかもうやだ。辞めたい』 → 現在の僕『辞めたらOK。そのために、まずは資格勉強からスタートしてみよう』
  • 過去の僕『人の目を気にせず生きたい』 → 現在の僕『毎日、必ず努力をしよう。そうすれば、周りの雑音が聞こえなくなる』

こんな感じです。

過去のあなたの「悩み」に対する記事を書くと、同じように悩んでいる人に刺さります。

よくある質問:『悩みが、自分の中で解決していないんですけど、、、』

本当に、そうですかね?

下記だと思います。

  • 実際のところ「答え」は出ている
  • 本当は分かっているのに、気づかない「フリ」をしている

上記です。

例えば「会社を辞めたい」という悩みがありながら、なかなか行動に移せない人。
「辞めるために、動くしか方法はない」と分かっているはずです。
もっと言うと、「愚痴を言うヒマがあるなら、何か勉強したほうが良い」と理解しているはずです。

結論、ほとんどの悩みにはすでに「答え」が出ており、だけど怖いからそれを認められないだけです。

ただし、実際に行動するのと、ブログ記事に書くのとでは違います。

「転職したいなら、まずは副業だ」という答えが出ているなら、それを記事にすればOK。
あなたがそれを実践しているかしていないかは、記事を書くという行動に何に影響もないですからね。

書くだけなら、誰にでもできますからね。それでOKです。

自分が書いた記事で、自己洗脳できる話

自己啓発系のブログ記事を、悩んでいる自分自身に向けて書くとかなり良いですよ。

書くことで思考が整理され、「たしかにそうだよな」と思えるようになります。

「やる気」を出すためにセミナーやコミュニティに課金する人も多いですが、ブログを書くのはタダですからね。
そして、自分にとって1番刺さる自己啓発の言葉は何か、自分が1番よく分かっているはず。

自分で自分を救うことができるので、おすすめです。

サンプル記事【飽き性な自分に悩んでいた「過去の僕」に向けて書いた記事です】

 

 

※僕はいまだに「飽き性」ですし、たまに悩みます(笑)。
しかし、そんなことで悩んでいても意味はないですよね。これが「答え」です。

方法③|本を読み、自分の言葉にして書く

これは「奥の手」かもです。

この方法で記事を書く手順は、下記のとおり。

  1. 自分が読みたいと感じた自己啓発本を読む
  2. 「いいな~」と思える部分を抜き取る
  3. 自分の言葉に書き換えて、記事を書く

上記です。
これなら、誰にでもできます。

パクリではない【アウトプットです】

スミマセン、言い訳っぽい書き方になってしまいました(笑)。

とはいえ、本の完全コピーではダメだと思います。そもそも著作権侵害ですからね。

しかし「自分の言葉」で同じことをいうとしたら、それは立派な「アウトプット」ですよね。

せっかく自己啓発本を読むなら、アウトプットすることでより思考が深まるので、おすすめです。

サンプル記事【ホリエモンの本を読み、書いた記事です】

 

 

下記の本からアイデアを得て、書きました。

本の中で、「時間を奪ってくる人とは一緒にいてはいけない」という文言があり、ものすごく『なるほど~』と感じたので、記事にまとめてみた感じです。

雑記ブログの強み【何でも自己啓発系にできることです】

雑記ブログの強み【何でも自己啓発系にできることです】

どんな悩みも「自己啓発系のブログ記事」にてアウトプットし、解決することが可能です。

例えば、下記です。

  • ブサイクで悩む → ブサイクでも自己肯定感が高まる方法
  • 貧乏で悩む → お金持ちになるために努力を続ける方法
  • 貧乏で悩む → お金が無くても、幸せを感じつつ生きる方法
  • コミュ障で悩む → 自分に自信を持つ方法

こんな感じ。

自己啓発って、結局のところ「幸せになるため」にありますよね。

なので、「悩みを無くし、幸せになるための方法」について記事にまとめれば、どんなジャンルでも記事を書くことが可能です。

自己啓発ジャンルは「狙い目」です

何を書いても、オリジナリティのある記事が生まれるからです。

そして、あなたの「本心」からなる思考や価値観で、誰かを救うことができるからです。

例えば、下記の悩み。

何にもやる気が出ない。だけど、このまま人生を終わらせたくないなあ、、、。」

上記です。
けっこう、あるあるですよね。

そして、こういった悩みに対する回答って、人それぞれです。

  • 僕の場合 → 『どうせいつかは死ぬから、今から2~3年くらい、努力してみよう』
  • 他の人の場合 → 『どうせいつかは死ぬから、やる気が出ないなら何もしなくてOK』

上記のように、完全に「真逆」のことが答えになったりもするわけです。

そして、そのどちらも「誰かを救う」可能性がありますよね。

いっぽう、商品紹介などのアフィリエイト記事の場合。

セールスライティングをガッツリ書き、商品のことを強くおすすめし、商品を書くとどんなステキな未来が訪れるかを、「本心から」ではなく「売るため」に書き続けなければならないこともありますよね。

自己啓発なら、あなたの「本心」が記事になり価値が生まれるので、かなり狙い目だと考えています。

思考は、誰しも違う【価値ゼロの記事は生まれない】

雑記ブログの「良い点」として、思考に価値が付くことがあります。

例えばですが、「転職」の特化ブログでお金を稼ぐためには、どんな記事であれ「転職サイトをおすすめする必要」がありますよね。
いっぽう雑記ブログなら、あなたの思考を本心で書きつつ、あなたのおすすめする商品を本心で紹介することができます。

転職サイトを無理やりおすすめする必要はないですし、昨日は転職、今日は資格、明日は娯楽など、、、。

その日によって、全然ジャンルの異なる商品を紹介できますからね。

そして、あなたの思考はあなただけのものなので、他の人と差別化もできます。

自己啓発の分野は、ブログで稼ぎたい初心者にはかなりおすすめのジャンルですね。

自分の思考を整理しつつ、本心で記事を書きましょう。

それでは、この記事は以上です。