【無料】ブログのキーワード選定の手順は2つだけ【初心者向け/楽勝です】

Blog

 

『ブログのキーワード選定が大切って聞いたけど、具体的なやり方が分かりません。初心者でもできる方法を教えてくださいな』

 

こういった悩みにお応えします。

✅この記事の内容


  • なぜ、キーワード選定が必要なのか?
  • 無料でできるブログのキーワード選定の方法
  • キーワードのストックはブログ継続のカギです

この記事を書いている僕は、ブログ歴2年ほど。
現在、ブログ毎日投稿90日を突破しました。キーワードのストックは200個ほど残っており、しばらくは記事を生み出し続けられる状態です。

キーワードのストック

結論、ブログのキーワード選定は「無料ツール」だけでも十分可能ですよ。

とくにブログ初心者の方は、有料ツールにお金をかける勇気が出づらいと思うので、まずは無料でキーワード選定ができる方法を知っておきましょう。

ブログのキーワードは、すなわち「記事ネタ」になるので、『書くことがない』と悩まなくて良くなります。

この記事の手順通りに作業すれば、最低でも100~200ほどのキーワードをゲットすることができるはず。

サクッとお読みくださいませ。

 

✅はじめに|なぜ、キーワード選定が必要なのか?【意外と知らない】

なぜ、キーワード選定が必要なのか?

理由は、下記のとおり。


  • 記事ネタがいくらでも出てくる
  • 需要のある内容で記事が書ける
  • Googleからの評価が上がる

 

上記です。
なお、ブログにおけるキーワードとは、「検索窓に入力するワード」のことです。

例えば、ブログで稼ぐ方法が知りたい人は、「ブログ 稼ぎ方」などと検索してググりますよね。これがキーワード。
他にも、お金持ちの思考が知りたい人は、「お金持ち 思考」とか「お金持ち なるには」とかで検索するはず。

 

こんな感じで、検索キーワードは無限にあります。

結論、ブログを書くならまずキーワードから設定するべき。
理由は、キーワードに沿った記事を書くことで、読者の満足度を上げるブログができていくからです。

 

☑稼げるブログの特徴【読者の悩みを解決していることです】

稼げるブログとは、下記です。


  • 読者の悩みが解決できる
  • 読者が検索したキーワードに対し、その答えとなる記事が用意されている

 

上記です。その結果として多くの読者がブログへ訪れ、その記事から広告収入が発生する仕組みです。

読者の悩みを解決する記事を書くためには、そもそも「読者の悩みを知ること」が必要ですよね。
そのために、どんな検索ワードが世の中に存在しているのかを調べ、それをもとにブログ記事のキーワードを選定する必要があるわけです。

 

なお、ブログで稼げる仕組みについては≫個人ブログで稼げる仕組みは「4パターン」ある【全て重要です】の記事でまとめてあります。

 

✓ブログのキーワード = 読者の「悩み」である

記事をやみくもに書くのはNGです。

先にキーワードを選定すると、下記のメリットがあります。


  • 読者の悩みをあらかじめ知ったうえで記事をかける
  • →検索した読者があなたの記事を読み、満足する
  • →Googleからの評価が上がり、検索上位に表示されるようになる

 

上記のとおりです。

例えば、あなたが「おすすめの筋トレグッズ」をブログ記事で紹介したい場合。
キーワードは「筋トレグッズ おすすめ」が考えられます。このキーワードで検索する人は、『筋トレグッズ、何か良いのないかな~』という悩みを抱えていることになります。

 

こんな感じで、キーワードを先に決めてから、そのキーワードに対する回答記事を書くイメージです。

 

✅無料でできるブログのキーワード選定の方法【無限に書けます】

無料でできるブログのキーワード選定の方法

手順は2つだけでして、下記のとおり。

 

上記です。

もう少し深堀りすると、


  • 手順①|どんなキーワードがあるのか調べる
  • 手順②|そのキーワードの需要(実際に検索される数)を調べる

 

このような流れで、キーワード選定をすればOK。
2つのツールは無料でして、それでも十分すぎるほど優良なキーワードをゲットすることができます。

それぞれについて詳しく解説します。

 

☑手順①|Googleサジェストツールを使い洗い出し

≫Googleサジェストはこちら

ある単語を検索窓に入力すると、その単語と組み合わせて検索されているキーワードが一覧で出てくる無料ツールです。

例えば、「筋トレ」という単語で検索した場合。

Googleサジェスト検索結果の画面

上記のように、「筋トレ 〇〇」といった予測検索キーワードを全て表示してくれます。

自分では思い浮かばないようなキーワードも、Googleサジェストが全て表示してくれるので、かなり便利です。

さらに、「筋トレ 自重 〇〇」という形で、3語のキーワードを検索することも可能。
これだけで、ネタ切れすることは一生無くなります。

 

✓キーワードは、多くても3語までにするべき

あまりにも単語が多いと、検索してもらえない可能性が高いからです。

例として、「筋トレ 自重 腹筋 おすすめ お手軽」というキーワードだと、その通りに検索窓に入力する人がめっちゃ少ないことが予想できますよね。
なので、ここはキーワードを絞り「筋トレ 腹筋 おすすめ」の3語で書きます。
記事タイトルは「腹筋を鍛えるお手軽筋トレ5選【自重もあるよ】」とでもすればOKです。

 

逆に、「筋トレ」という1単語のみのキーワードもNG。
これだけだと、筋トレの何について知りたいのかが分からず、読者が満足する答えを記事内に用意するのが難しいからです。

 

☑手順②|Googleキーワードプランナーで絞り込み

≫Googleキーワードプランナーはこちら(無料で使える機能だけで充分です)

具体的なやり方を、先ほどの「筋トレ 自重」の例で示します。

 

①|Googleサジェストの「全キーワードリスト」を全てコピーする

サジェストワード一覧を全てコピーします

②|Googleキーワードプランナーの「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を選択

「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を選択

③|コピーしたキーワードを全て貼り付け、検索

コピーしたキーワードを全て貼り付け、検索

④|「過去の指標」から、「月間平均検索ボリューム」をチェックしていく

「過去の指標」から、「月間平均検索ボリューム」をチェック

こんな流れです。
これをすることで、Googleサジェストで洗い出したキーワードのうち、記事にするべきキーワードを絞り込んでいくことができます。

※なお、キーワードプランナーで「〇個のキーワードにエラーがあります」と出た場合、下記のように対策すればエラーを解消できます。

キーワードプランナーで「〇個のキーワードにエラーがあります」と出た場合


✓狙い目の数字は「100~1000」or「10~100」です

Googleキーワードプランナーの無料機能の範囲では、月間平均ボリュームは下記のように表示されます。


  • ―(なし)
  • 10~100
  • 100~1000
  • 1000~10000
  • 1万~10万

 

上記です。
結論、ブログ初心者は「100~1000」もしくは「10~100」のキーワードを優先的にチョイスするべき。

理由は、下記のとおりです。

1000以上のキーワード → 誰もが検索するのでその分ライバルも多く、検索上位を取りづらい

「-」のキーワード → ほとんど誰も検索していないので、書いても読まれない

 

上記です。

ある程度は検索され、なおかつ競合が多すぎて自分の記事が埋もれてしまうことがないレベルのキーワードを選ぶことが大切です。

 

✓競合性「低」を選ぼう【「高」はライバルが強いです】

競合性が「高」の場合、ライバルがめっちゃ強い可能性があります。

例えば、「筋トレ アミノ酸」というキーワード。
Googleキーワードプランナーで調べると、競合性は「高」です。

「筋トレ アミノ酸」というキーワード

 

そして、このキーワードで実際にググってみると、画面がこちらです。

「筋トレ アミノ酸」というキーワードでGoogle検索した結果

上記を見てわかるとおり、上位表示されているのが医師・製薬会社などです。
記事の内容や信頼性、そして読者の満足度を考えると、医師や薬剤師などのプロを上回るのは難しいですよね。

そのためブログ初心者は、まずは競合性の低いキーワードでコツコツ記事を書いていき、少しずつpvを上げていくのが正攻法です。

 

✅キーワードのストックはブログ継続のカギです【余計な思考は不要】

よくあるドツボが、下記ですね。


  • 『何について書こう?』
  • 『あれもこれも、伝えたい』
  • 『あれ、何が書きたいかよく分からなくなってきたぞ』

 

上記でして、これはキーワードが定まっておらず、記事の方向性が決まっていないことが原因です。

これに対し、GoogleサジェストとGoogleキーワードプランナーを使えば、「数字」という客観的な指標でキーワード選びができますよね。

数字は、自分が納得して記事執筆にとりかかるための「心のよりどころ」になります。

結論、ブログのキーワードは、ツールを使って選べばOK。
僕らのような初心者が、あれこれと自分の頭で考えると、シンドイですからね。

 

☑ブログが書けない理由【何について書くか考えて疲労するからです】

過去の僕は、毎日更新すると決めてもすぐに挫折してきました。

理由はカンタンで、キーワード選びに手間取っていたから。

PCの前に座ってから、何について書くかを考えているようでは遅いんですよね。
ブログネタを決めるだけで時間と体力を消費してしまい、執筆を始めるころにはヘトヘト。
結果として、質の悪い記事ができたり、途中で行き詰まって全て消して、、、という感じです。

 

ブログネタは、無料ツールを使うだけで楽勝に見つけられるので、記事執筆に集中するべきです。

特に、ブログ初心者は100記事、200記事と積み上げるための「習慣化」が何より大切なので、ぜひこの記事の方法でネタに困らないブロガーになってください。

 

✓キーワードは「財産」です【大切に記録するべき】

最後に。
ぶっちゃけ、キーワードを正しく選んでも、記事の内容が悪いと上位表示などされないです。

とはいえ、ブログ初心者のうちはこれが当たり前でして、「良い記事」を書くためには経験値を詰むしかないです。

 

※なお、誰にでも読みやすい文章構成の仕方については、下記の本がオススメ。

 

とはいえ個人の体験談としては、読書で知識を得るよりも、実際に記事を世に送り出していったほうが成長が早いかもです。

 

✓キーワードが選べれば、「方向性」は正しいです【書きまくろう】

キーワード選びができた時点で、初心者ブロガーの中では上位層と言えるかもです。


  • キーワードは適切だけど、質の悪い記事
  • キーワードも、質も悪い記事

 

上記なら、確実に前者を積み上げていくべきです。

例えば、適切なキーワードを500個手に入れたとしたら、あとはそれに沿って書くのみですよね。
徐々にライティング力がついてくるので、1度書いた記事もリライトしていけばOKです。

 

いっぽう、キーワード選びが全くできていない状態でやみくもに500記事書いたとしても、稼げない可能性が高いです。
仮に記事の質が良くても、検索されなければ誰からも読まれませんからね。

 

それでは、今回は以上です。

✅あわせて読みたい記事

ブログ収益が「0円」の人に足りないこと3つ【すぐに改善可能です】

ブログ0pvを抜け出す方法【3つある/月6000pv到達】