【ブログ】Freepik有料ライセンスをレビューする【結論:コスパが神】

Blog

悩める人「個人ブログを運営しているけど、なかなかオシャレな画像が無くて困っています。Freepikの有料ライセンスって、ぶっちゃけどうですか?実際に使っている人に聞きたいです。」

こういった疑問にお応えします。

この記事の内容

  • ブログ画像ならFreepikのコスパが神
  • Freepikは無料でも使えるけど、制限が多い件
  • Freepikの使い方【まずは無料 → 有料へ移行でOKです】

こんにちは、
TOMO(@Tomo___san_2525)です。

ブログの毎日投稿をしています。
100記事を越えたので、有料の素材サイトに登録しました。

ブログ用の画像って、選ぶのが大変ですよね。

なかなか気に入った画像が無いし、オシャレなものは少ないし、、、。
特に、まだ稼げていない初心者ブロガーの方は、できる限り安く、オシャレな画像を使いたいはず。

結論、Freepikがコスパ神なので、おすすめです。

画像探しに悩んでいる人の参考になるはずです。
ぜひ、サクッと読んでみて下さい( *´艸`)

ブログ画像ならFreepikのコスパが神

ブログ用画像ならFreepikが神

Freepikとは、「freepik company」というヨーロッパの企業が運営するグラフィック提供サイトです。

2010年から運営されており、比較的新しいサイトですね。

freepikのトップ画面

繰り返しですが、Freepikの画像がめちゃくちゃオシャレです。
個人ブログのサムネイルや見出しにぴったりなので、おすすめできます。

Freepikのベクター画像がオシャレすぎる

僕は、ブログには基本的にベクター画像を使っているのですが、、、。

無料だと、「う~ん、ダサいな」という感じです(笑)。

その点Freepikだと、かなりオシャレなベクター画像がたくさん用意されています。
freepikの画像(例)

例えば、「blog」と検索すると、ベクター画像だけで1万点以上あります。
この記事に使用している3枚のベクター画像は、「image」と検索して探しました。
オシャレなので、大満足です。

その他、ふつうの写真もめちゃくちゃ数があります。
ほぼ毎日、新しい素材が追加されているのも嬉しいですね。

Freepik有料ライセンスは値段も安い【その他と比較】

Freepikの料金
マジで、安いです。
他と比較すると、よく分かるはず。

とくに有名な素材サイトとして、ShutterStockとPIXTAあたりと比較します。

Freepik

1ヶ月契約(無制限) → 約1,200円/月
1年契約(無制限) → 約11,000円/年

ShutterStock

画像10点プラン → 6,000円/月
画像50点プラン → 15,000円/月

PIXTA

画像10点プラン → 6,380円/月
画像100点プラン → 16,500円/月

上記のとおりです。

結論、Freepikがダントツで安いです。

例えば、SuttherStockだと毎月6,000円かかり、なおかつ月に10枚しかダウンロードできません。
いっぽうFreepikなら、月1,000円ほどでダウンロードし放題です。

しかも、SuttherStockに負けないくらい質の良い画像が手に入るので、、、
僕のような個人ブロガーは、絶対にFreepikを使うべきですね。

Freepikは有料にすると使い勝手が良くなる【無料との比較】

Freepikは、無料でも使うことができます。
しかし、有料の方が圧倒的に使い勝手が良いですよ。

下記のとおりです。
freepik無料と有料の違い

こんな感じで、圧倒的に機能が充実します。

参考までに、僕は2020年5月ごろからFreepikを無料アカウントで使っていました。
ぶっちゃけ無料でも、そこそこイケてました。
しかし7月から有料に切り替えたところ、より一層オシャレな画像を使えるようになったので、おすすめです。

»Freepik無料版で画像を使っている記事
»Freepik有料版で画像を使っている記事

見比べていただけたらと思います。

Freepikは無料でも使えるけど、制限が多い件

Freepikは無料でも使えるが、やや不十分です
繰り返しですが、無料と有料の違いは下記のとおり。
freepik無料と有料の違い

上記です。

無料アカウントでも、それなりにオシャレな画像は探せます。
しかし、いくつかデメリットがあります。

無料版のデメリット

  • 画像の数が少ない
  • クレジット表記(=帰属)をする必要がある
  • 1日10枚までしかダウンロードできない

上記のとおりです。
少し、深掘りします。

クレジット表記が面倒くさい【有料で全て解決】

クレジット表記とは、著作権にかかわる部分でして、、、。
ようは、

「この画像は、〇〇さんが作ったものを使わせてもらってますよ~」

ということを明示する義務があります。

画像クレジット表記の例

上記のとおりです。

これをやらないと「著作権違反」になるので仕方ないのですが、、、。
ぶっちゃけ、めちゃくちゃめんどくさいんですよね(笑)。

クレジットをそのまま表示すると、画像の下に文字が大きめに表示されてしまい、見た目が悪くなります。
目立たないようにクレジット表示をするには、テキストエディタでCSSを少しいじる必要があります。

詳しくは、»ブログに画像を正しく貼る7つの手順【全て無料でできます】の記事にて触れていますので参考にしてください。

有料にすると、クレジット表記は一切不要です

これがめちゃくちゃデカい。
使いたいところに、画像を貼るだけ。

著作権のことをまったく気にせず、全ての画像を使えるのはマジでラクです。

今までは、「あ~、ここも装飾用に画像欲しいけど、、、クレジット表記めんどいしやめとこ」みたいな感じだったのですが、、、。
有料にしたら気にせず使い放題です。

とくに、ブログの更新頻度が高めの人は、有料アカウントを使うことをおすすめします。

ダウンロード制限がなくなる本当のメリット【時短です】

圧倒的に、時短になります。

なぜなら、暇なときに「使えそうな画像」を大量にダウンロードしておけるからです。

「記事を書く → 画像を探す」だと、時間がかかる

ほとんどの人が、下記の流れのはず。

  1. ブログを書く
  2. そのブログに合った画像を探す
  3. リサイズ・圧縮する
  4. クレジット表記をしつつ、貼る

上記です。

しかし、画像探しってけっこう時間がかかるんですよね。
30分とか、余裕でかかります。

とは言え過去の僕も、1日10枚なので仕方ないし、、、という感じでしたね。
何より「画像ごとにクレジット内容が違う」ので、取り溜めができないです。

有料で無限ダウンロードにすると、生産性が爆伸びです

つまり、下記です。

  • 画像を大量にダウンロードしておく
  • 全てリサイズ・圧縮しておく
  • あとは、記事に合う画像を使うだけ

上記です。

例えば、『今日、ブログ書くのだるい・・・』っていう日もありますよね。
そういう日は、「画像探しの日」にしてしまえばOK。
僕は「blog」とか「business」とか「success」とかで検索し、大量にストックしています。

Freepikの有料アカウントならクレジット表記が要らないので、画像をそのまま使えます。

ものすごく時間効率が上がるので、ぜひです。

Freepikの使い方【まずは無料 → 有料へ移行でOKです】

Freepikの使い方

手順は下記です。

  • 手順①|画像をダウンロード(zipファイル形式です)
  • 手順②|zipファイルを解凍し、画像を取り出す
  • 手順③|リサイズや圧縮などをする
  • 手順④|ブログに使用する

上記のとおりです。

何度も繰り返しですが、、、。
クレジット表記を含めた詳しいやり方は、ブログに画像を正しく貼る7つの手順【全て無料でできます】の記事をどうぞ。

上記も覚えておくと良いですね。

無料からでOKです

まず、無料で使ってみましょう。

無料でも、オシャレな画像はあります。
そして、有料で使ってもいいかな、と思えれば課金ですね。

※なお、FreepikよりもShutterStockやPIXTAの方が人気なのは、やはり「質」の部分が大きいと思います。
特に、ShutterStockに関してはベクター画像のオシャレさがダントツ。
ぶっちゃけ、憧れます(笑)。

しかし、僕たちのようなブログ初心者は、できる限り安く、そしてそれなりに優秀な画像を使えることの方が大事です。

画像へは、遅かれ早かれ課金する話

サイトを伸ばすには、人と被らない画像って100%大事ですからね。

僕も、いずれはShutterStockへ課金します。
だいたい300記事ほど書き、収益が伸びてきたらで良いかな~という感じです。

お金に余裕がある人は、どんどん課金すればサイトのデザインや独自性が上がるのは間違いないですよ。

中でもFreepikはコスパ抜群なので、ぜひ使ってみて下さい。

それでは、今日は以上で終わります。