【頑張り損】年収が上がらない理由はたった1つだけ【貧乏暇なしです】

Business Mind Set

悩める人「頑張っているのに、ちっとも年収が上がらない・・・なんで??お金持ちって、どうやって稼いでるわけ?意味わからんです!」

こういった悩みにお応えします。

この記事の内容

  • 年収が上がらない理由はたった1つだけ【結論:時間を売っている】
  • 「貧乏暇なし」は真実です【お金持ちはヒマ/仕組みを解説する】
  • 年収を上げるために大切なこと【ヒマを目指すべきです】

こんにちは、
TOMO(@Tomo___san_2525)です。

あなたの年収がなかなか上がらない理由と、その解決策をまるっと記事にします。

この記事の内容は「ビジネスにおいて必須の、基礎的な知識」です。
しかし、気づいていない人が、日本の約9割くらいです。

ぶっちゃけ、こんなことを書くと怪しさMAXかもです。
しかし、怪しくない。

なぜなら、僕自身がまだまだ「雑魚」だから(笑)。

エラそうに記事を書きますが、、、。
年収はまだ「平均レベル」ですからね(笑)。

  • 3年前 → パワハラに悩む消防士 年収300万円
  • 2年前 → 民間企業へ転職 年収350万円
  • 1年前 → 副業を始める 年収600万円
  • 現在 → 年収を上げるコツに気付く 年収???万円

こんなもんです。

まだまだ雑魚ですが、、、。
知識を、初心者向けにアウトプットするのは得意です。

雑魚の「ざれごと」とはいえ、読む価値はあるはずです。

コーヒーでも片手に、どうぞ。

年収が上がらない理由はたった1つだけ【結論:時間を売っている】

年収が上がらない理由はたった1つだけ【結論:時間を売っている】
「時間」を売っている限り、年収が上がる可能性はゼロです。
まずは、ここに気づくべき。

そして残酷な事実が、もう1つあります。
下記です。

  • 「時間」を売っていると、働けば働くほど「損」をする
  • 「時間」を売っていると、忙しくなればなるほど「損」をする

上記です。

なぜなら、年収の高い人は全員「ヒマ」だからです。

「時間を売る」とは?【実例紹介】

下記のとおりです。

  • 会社員 → 1日8時間ほど「時間」を売って給料をもらう仕事
  • アルバイト → シフトに入る「時間」を売ってバイト代をもらう仕事
  • 消防士 → 1日24時間ほど「時間」を売って給料をもらう仕事

上記です。

これらはすべて、「時給労働」です。

※会社員を、辞めろと言っているわけではないです。
会社員でも、年収を爆増させる人だっていますからね。
ここにはカラクリがあり、詳しくは後述します。

時給労働の致命的なデメリット【3つある】

時給労働の致命的なデメリット【3つある】
下記です。

  1. どんなに頑張っても「天井」がある
  2. 年収を上げるためには、「もっと働く」しか方法がない
  3. 働くことを辞めた瞬間に、収入が0円にな

上記のとおり。

つまり、「ラットレース」です。
歯車の中で必死に走るだけ、ですね。

順番に、少し詳しく解説しますね。

1.時給労働者の「天井」とは【だいたい2000万円くらい】

現時点で、「時間」を売っている人。
あなたが今後、血を吐くレベルの「鬼努力」をしても、年収は2000万円くらいで止まります。

なぜなら、「天井」があるから。

例えば、2020年現在、平均年収ランキング1位の会社は「イー・ギャランティ」という金融系の会社です。
ここに入り週5日働き、成果を上げ、出世して、ようやく年収2000万円です。

»参考|年収が高い会社ランキング2020【1000社・完全版】-ダイヤモンド社

しかし、よく考えてみてください。

世の中には、好きな時間に自分のペースで仕事をしつつ、年収1億以上を稼ぐ人がゴロゴロいますよね。
あなたの会社の社長は、今日ものんびり会食でもしているかもです。

ここに、「違和感」を覚えるべきです。

2.「時給労働」で年収を上げるためには、「もっと働く」しか方法がない

典型例が下記ですね。

  • 残業する
  • 会社の他に、バイトなどの副業をする

誰もが思いつく方法のはず。

例えば、会社員として働きつつ、夜は飲食店でアルバイトをする人とか。
休日は、2つのバイトを掛け持ちしてフルで働く、とか。
つまり、週7日働きまくるって感じですよね。

素晴らしい努力です。

しかし、繰り返しですが、、、。
これは「違和感」しかないですよ。

  • 週7日で会社とバイト掛け持ち → 給料500万 + 副業300万 = 年収800万
  • 週2~3日くらい、好きな時間に働く → 年収1億

上記のようなことが、普通にありますよね。

つまり、時給労働で働くということは、「損」です。

もっとラクをしながら、あなたの10倍以上の年収を得ている人が、いるわけですからね。

3.働くことを辞めた瞬間に、収入が0円になる

ここに気付くと、少しヒントが得られるはず。

当たり前すぎる例を見ていきましょう。

  • 会社を無断欠勤する → 給料がもらえない
  • 会社をボイコットする → 給料がもらえない
  • 「今日はダルいし、バイト休もう」→ 給料もらえない

上記ですよね。

しかしこれは、実は「当たり前」ではないです。

年収1億稼ぐ人 → 「今日は、伊豆に旅行でも行こうかな」→ その日だけで100万円稼ぐ

例えば上記のとおり。

お金持ちは、ヒマです。
そして、ヒマなのに、忙しい僕らよりも大金を稼いでいます。

こんな理不尽なことが、なぜ起こるのか。

ここに、「ヒント」があります。

「貧乏暇なし」は真実です【お金持ちはヒマ/仕組みを解説する】

「貧乏暇なし」は真実です【お金持ちはヒマ/仕組みを解説する】
下記をご覧ください。

  • 貧乏な人 = 「時間」を売っている
  • お金持ち = 「商品」を売っている

違いは、これだけです。

さらに深掘りすると、こうなります。

  • 貧乏な人 = 「時間」を売っている → 「時間」を売りまくらないと、年収が上がらない
  • お金持ち = 「商品」を売っている → 「商品」が売れれば、寝てても年収が上がる

上記です。
お金持ちは「時間」ではなく、「商品」を売ってお金を稼いでいます。

これは、「一部の投資家」を除くすべてのお金持ちに共通します。

よくある質問

下記です。

悩める人『え?でも・・・僕も、会社で普段、商品を販売しているんですがそれは・・・?』

これですね。
下記のとおりです。

  • 貧乏な人 = 「会社の」商品を売っている
  • お金持ち = 「自分の」商品を売っている
あなたが販売しているのは、「会社の商品」ですよね。
「あなたの商品」では、ありません。
だからこそ、いくらその商品を売ったところで、「時給労働」から抜け出せないわけです。

あなたが売っているのは、「その会社の経営者の商品」でもあります。
つまり、あなたが頑張っても、お金持ちになるのはあなたではなく、「社長」です。

商品を売ると、「時給」の概念が無くなる

すごく、カンタンな例があります。

例えば、あなたが今すぐ「自分で書いたオリジナル小説」を、1冊1000円でAmazonで販売するとします。
もし、この小説が100冊売れたら、収入は10万円です。

そして例えば、その本を5時間かけて書いたとしても、それ以降あなたは寝ているだけで、その10万円が入ってきますよね。

つまり、この場合の「時給」は下記です。

10万円 ÷ 5時間 = 2万円

どうでしょう。
今の会社で、時給2万円を超えている人が、いますか?

お金を効率的に稼ぐことができる人は、この仕組みを知っています。

なので、どんどん「自分の商品」を、世に送り出しているわけですね。

  • 学習スクール
  • 有料のメールマガジン
  • 情報商材
  • レシピ
  • 攻略本
  • 有料サロン・コミュニティ

例えば、上記のとおり。

お金持ちの生活とは?【時給労働をしません】

例えば、下記ですね。

  1. 情報商材を作る
  2. それを、ネットに流す
  3. あとは、寝るだけ

上記です。

※もちろん、これだけではダメですが・・・後述しますね。

会社員の僕らは、朝8時半にきっちり仕事をスタートして、17時まで頑張っていますよね。
しかし、お金持ちは違います。

「自分の商品」を作り、これをネット上で世界中の人の販売するだけ。
だからこそ、お金持ちは毎晩ディナーを楽しみ、ゴルフを楽しみ、そして旅行を楽しむ時間があるわけです。

年収を上げるためには、「ヒマ」になる必要があるということです。

年収を上げるために大切なこと【ヒマを目指すべきです】

年収を上げるために大切なこと【ヒマを目指すべきです】
もう、分かるはず。

下記です。

自分の商品を作ること

これです。

商品は、一度世に送り出せばあとは売れるのを待つのみ。
時間の切り売りから脱出するには、これしかないです。

もちろん、最初は「小さく」でOK。
できることから、チャレンジしていくことです。

例を見てみましょう。

サラリーマンAの場合

『趣味でゴルフをしている。スコアが先日100を切った。
ゴルフ初心者向けに「100切りのための最短練習法」を書いて、500円で販売しよう』

サラリーマンBの場合

『休日に、ゲームをするのが大好き。だいぶ、上達した。
このゲームの攻略法をまとめた電子書籍を作って、500円で販売しよう』

フリーターCの場合

『コンビニバイトしてたら、接客が上手くなった。
コミュ障で悩んでいる人向けに、「接客の練習のお付き合い」を300円で請けてみよう』

例えばこんな感じです。
(※Cさんの場合は、少し「時給」の概念が残ってしまっていますが、分かりますかね?)

もし、500円の商材が1日1個売れたら、月収は15,000円アップです。
しかも、商品を出した後、あなたは寝ていても売れる可能性がありますよね。

これが、年収を上げるために必要な「ビジネスモデル」の概念です。

今すぐ使えるサービス

このあたり。
初心者の方は、電子書籍の出版か、ココナラで自分の商品を販売するのがイメージしやすいと思います。

頑張っても、年収は上がりません【商品を作ろう】

例えば、こんな人もいるはずです。

悩める人『よし、年収を上げるために努力するぜ。まずは、毎日読書して、勉強して、知識を増やしまくるぜ!』

上記ですね。
しかし、「自分の商品」がない限り、年収は上がってきませんよね。

バイトや副業で、稼ぐことはもちろん可能です。
しかし、「天井」があります。

いま、めちゃくちゃ努力している人。
いつまでもその努力を続けるのは、ちょっときつくないですかね。

※僕は、このブログを現時点で160記事ほど毎日投稿しています。
確かに、稼げます。しかし、、、しんどいです(笑)。毎日、3時間ほど使っているので。
一生これは、続かないですね。

ということで、僕も何か、「自分の商品」を作るべき。
皆さんも、時給労働を抜け出すために、なにか「自分の商品」を作りましょう。

商品が売れるようにするための方法【集客です】

商品が売れるようにするための方法【集客です】
ここで、1つ問題点がありますよね。
下記です。

悩める人『いや・・・僕が電子書籍とか情報商材とか、販売したところで誰も買わないっしょ・・・』

上記です。

たしかに、売れなければ、稼げません。

そして、売るためには「お客さん」が必要ですよね。

ということで、初心者には「商品作り」と並行してやるべきことがあります。
下記を使いましょう。

  • SNS(Twitter・Facebook・Instagramなど)
  • Youtube
  • ブログ

上記です。

これらは、「最強の集客ツール」です。

特に、SNSを一切していない人。
ハッキリ言って現時点では「チャンスゼロ」じゃないですかね。

例えば、「趣味 = 筋トレ」なら、筋トレ風景や自慢の体、トレーニングメニューなどをSNSで発信しましょうよ。
SNS上にはたくさんの「筋トレ好き」や「筋トレ初心者」がいます。
そういった人たちと繋がり、そこから『誰でも5キロ痩せる自重トレーニングメソッド』を500円で売ったらいいじゃないですかね。

失敗しても、別に大した痛手にはなりません。
しかし、それが成功すると一気に「時給労働」から抜け出すきっかけになるはず。

最後に、成功例を1つ。

Youtuberのラファエルさんを知っていますか?
彼はYoutubeで人気になり、そこを集客窓口にして、「自分の商品」をいくつも販売しています。

・Youtubeコンサル
・Tiktokコンサル
・ジュエリー
・アパレル(服)
・その他会社での商品・サービス

などなど。
これで、すでに年収10億プレーヤーです。
※ちなみに、たしか4~5年前くらいまで、名古屋でサラリーマンだったはずです。

僕たちが、いきなりここまで到達するのは無理ですが・・・

「発信活動」も「商品づくり」も、今すぐできますよね。

ということで、行動しましょう。
僕はこのブログを書きつつ、Twitter発信をしつつ、「自分の商品」を作ります。

好きなことや得意なことを、誰かに教えてあげるイメージです。
まずは、なにかが生み出せたらいいですね。

そして、それが売れなくても、特に人生は詰まないという・・・(笑)。
お得すぎる状況なので、ぜひ動きましょう。

それでは、この記事は以上です。